説明

ルーク ラメレン ウント クツプルングスバウ ベタイリグングス コマンディートゲゼルシャフトにより出願された特許

1 - 10 / 236


【課題】ハウジング3内のポンプインペラ2と、トルクコンバータ1の被駆動側に接続されたタービンランナ4とを有し、該タービンランナ4と前記トルクコンバータ1の被駆動側との間にタービンダンパ5が配置されている流体トルクコンバータを改良して、構造スペースが小さく、ねじり振動絶縁性能が高く、しかも安価に製造可能なものを提供する。
【解決手段】タービンダンパ5が、第1のダンパ部分9と第2のダンパ部分10とを有し、前記第1のダンパ部分9が、タービンランナ4に接続された入力部6と、第1の蓄力器12の作用に抗してこれに対して限定的に回転可能な中間フランジ11とから形成され、前記第2のダンパ部分10が、前記中間フランジ11と、少なくとも1つの第2の蓄力器13の作用に抗してこの第2の蓄力器13に対して限定的に回転可能な出力部8とを有し、前記中間フランジ11に回転数適応型の振動ダンパ16が組み込まれている。 (もっと読む)


【課題】パワースプリット変速機の切替え性能改良。
【解決手段】パワースプリット式自動変速機のギヤ比の開ループ制御ないし閉ループ制御のための方法に関している。この変速機は、エンジンによって駆動される駆動軸と、連続的に可変のギヤ比を有するバリエータ12と、ギヤセット14と、出力軸10と、少なくとも2つの制御クラッチK1、K2を含んでおり、前記バリエータ12とギヤセット14は、制御クラッチを用いて、パワースプリット式変速機の全ギヤ比領域の通過の際にバリエータの調整領域が、第1のギヤ比領域内では1つの方向にそして第2のギヤ比領域内では逆方向に通過するように相互接続されている。本発明による切替えストラテジによれば、巻掛け手段12の摩耗が低減され、さらにギヤ比領域間で快適性の高い切替えが達成される。さらに本発明では有利なパワースプリット式自動変速機の構造も論ぜられる。 (もっと読む)


【課題】インペラクラッチの両側における改良された差圧を備えた多機能トルクコンバータを提供する。
【解決手段】インペラクラッチ102と、ロックアップクラッチ150と、第1のチャネル114に接続された、インペラクラッチのための放圧室110と、第2のチャネル140に接続された、インペラクラッチのための加圧室112と、第3のチャネル158に接続された、ロックアップクラッチのための加圧室160と、第4のチャネル141に接続されたトーラス134とが設けられており、第2、第3及び第4のチャネルがトルクコンバータのための長手方向軸線を含む空間へ開放しており、該空間が、トランスミッションのための入力軸156を受容するように配置されており、第1のチャネルがトランスミッションのためのポンプハウジングにおけるラインに接続されている。 (もっと読む)


本発明は、クラッチアクチュエータ(1)およびクラッチアクチュエータの制御方法に関する。該クラッチアクチュエータはマルチクラッチを操作し、このために、摩擦クラッチの数に相応したアクチュエータモジュール(2,3)を使用することができる。該アクチュエータモジュール(2,3)は、別個の制御装置(4)ならびに該制御装置によって制御される電動機(6)を備えており、該電動機(6)は係脱機構を用いて前記摩擦クラッチに作用する。アクチュエータモジュール(2,3)の機能障害時に、摩擦クラッチ、とりわけノーマルオープン型の摩擦クラッチに後置された部分パワートレインのブロッキングに対処するために、これらのアクチュエータモジュールはデータ線路(11)によって互いに接続されており、該データ線路は前記アクチュエータモジュール(2,3)の監視および対抗手段を可能にする。
(もっと読む)


【課題】クラッチパックを通過する二次流体流を増大する。
【解決手段】トルクコンバータにおいて、タービン6と、振動減衰器32と、カバー12とが設けられており、カバー12が羽根22を有しており、クラッチパック10が設けられており、羽根22が、クラッチパック10に向かう流体流又はクラッチパック10から離れる流体流を増大するようになっている。 (もっと読む)


【課題】軸方向可動の円錐形ディスクの、モーメントおよび変速比に関連した軸方向圧着が最適化され、この場合、圧着チャンバ内の圧着圧が、特に回転数に依存しないようにする。
【解決手段】圧着チャンバ31,32が、第1のハイドロリック式の抵抗エレメント28を介してトルクフィーラチャンバ14に接続されていて、第2のハイドロリック式の抵抗エレメント29を介して付加的な圧力チャンバ26に接続されており、該圧力チャンバ26内に、圧着チャンバ31,32内の圧力および/またはトルクフィーラチャンバ14内の圧力よりも低い圧力が形成されているようにした。 (もっと読む)


【課題】軽量で、減じられた全体的半径方向パッケージを有し、がたつかず、コンポーネントを主に外部において溶接することによって内部汚染の危険性を低減するトルクコンバータを提供する。
【解決手段】カバー20と、インペラシェル30と、バッキングプレート40とが、回転軸線X−X′を中心として回転するように操作的に配置されており、バッキングプレート40が、回転軸線に対して実質的に直交しており、カバー20の内径が実質的にインペラシェル30の内径と等しく、カバー20の軸方向内側環状面25とインペラシェル30の軸方向内側環状面35とが、バッキングプレート40の軸方向外側環状面45に固定して取り付けられている。 (もっと読む)


本発明は、車両のための伝動装置構造であって、発進要素を介して駆動装置に連結されている形式のものに関する。本発明では、前記発進要素として調節可能なクランク伝動装置が設けられており、該クランク伝動装置の入力軸が駆動側で前記駆動装置の駆動軸に連結されているようにした。
(もっと読む)


【課題】作動中のがたつきを軽減又は排除する閉鎖ピストン3通路トルクコンバータのための回転防止機構を提供する。
【解決手段】半径方向内面112を有するカバー110と、環状プレートを含む駆動プレート80と、ピストンプレート130とが設けられており、該ピストンプレートが、軸方向内側クラウン132と、前側環状縁部133と、軸方向スカート138と、後側環状縁部139とを有しており、カバー110と、駆動プレート80と、ピストンプレート130とが、回転の横方向軸線を中心として回転するように作用的に配置されており、ピストンプレートが、ピストンプレートがカバーに対して軸方向可動でありかつ回転方向で不動であるようにカバー又は駆動プレートに取り付けられている。 (もっと読む)


本発明は、ロッカージョイントチェーン(22)のためのリンクプレート(21)であって、該リンクプレート(21)はリンクプレート開口(23)を取り囲む2つの長手方向辺(26)と2つの高さ方向辺(27)とを有している、ロッカージョイントチェーンのためのリンクプレートにおいて、先行技術のリンクプレートに比べてガイドレールにおける磨耗を、少なくとも1つの長手方向辺に少なくとも1つの切欠き(31)が配置されていることにより減じる、ロッカージョイントチェーン(22)のためのリンクプレート(21)に関する。
(もっと読む)


1 - 10 / 236