説明

株式会社松風により出願された特許

11 - 20 / 125


【課題】デザイン性の高い2種類以上の色の異なる材料から構成される歯科用熱成形器材の成形性、耐久性を向上させる。
【解決手段】
熱成型器を用いてマウスガード作製するためのマウスガード用熱可塑性シートであって、顔料を含む熱可塑性樹脂から構成される主材と、異なる顔料を含む熱可塑性樹脂から構成されるデザイン材を含むマウスガード用熱可塑性シートにおいて、主材の片面は主材のみで、主材のもう片面にデザイン材が溶着していることを特徴とするマウスガード用熱可塑性シートを提供する。 (もっと読む)


【課題】義歯の咬合調整部分を簡単かつ迅速に決定し、容易に削合を行う。
【解決手段】(A)前記上下顎に擦れ合う天然歯データ部分を上下顎の3Dデータ内に認定する上下顎が擦れ合う天然歯データ部分認定段階、(B)前記上下顎の擦れ合う天然歯データ部分が前記補綴物データと重なる様に且つ、前記補綴風データが前記上下顎の擦れ合う天然歯データ部分で滑動する様に認定する天然歯部分面データ滑動認定段階、(C)少なくとも1つ以上の擦れ合う天然歯部分データに合わせて上下顎の3Dデータを動かすことで構成される3Dデータに囲まれた範囲の軌跡を補綴物データ側に残すことでその3Dデータで囲まれた範囲を咬合調整部分として決定する咬合調整部分決定段階を有する。 (もっと読む)


【課題】患者の咬合運動に適合した削合を行うことができ、しかも騒音の少ない義歯削合機を提供する。
【解決手段】義歯を保持する義歯保持台11と、義歯保持台11に保持された義歯を削合する削合工具15と、削合工具15を保持する本体12と、義歯保持台11と本体12を相対的に移動させる移動機構13と、本体12と義歯保持台11を相対的に駆動する駆動機構16とを備える。移動機構13は、削合部分データに基づいて義歯保持台11と本体12を相対的に三次元座標方向に移動させ、削合工具15は、義歯の咬合面を該咬合面に直角な方向から削合する。 (もっと読む)


【課題】義歯の削合部分を簡単かつ迅速に決定し、容易に削合を行う。
【解決手段】患者の顎運動を測定して顎関係再現条件を決定し、該顎関係再現条件に従って咬合状態再現器上で患者の顎状態を再現する。咬合状態再現器上で顎関係再現条件に合わせて義歯を排列し、削合前義歯を作製する。顎関係再現条件と義歯の位置関係を示す標点と、義歯の咬合面とを含む3次元画像データである標点付き義歯データを測定する。顎関係再現条件を利用して、標点付き義歯データの咬合状態を3次元画像上で再現する。再現された咬合状態の3次元画像上で上下顎の画像で囲まれる部分から、動的条件や設定された条件にて削合部分の削合データを決定する。標点付き義歯データに削合データを追加した削合データ付き標点付き義歯データを作成する。削合データ付き標点付き義歯データを元に削合前義歯を削合する。 (もっと読む)


【課題】義歯の削合部分を簡単かつ迅速に決定し、容易に削合を行う。
【解決手段】削合により咬合面を形成する人工歯11,12であって、咬合面形状測定装置にて人工歯の咬合面を取得するときの人工歯の位置及び角度を示す標点を有する。標点は咬合面に設けた凸15または凹16の球面である。球面は3個以上有する。上顎の人工歯11と下顎の人工歯12が咬合するときに、凸15と凹16の球面が嵌合する。人工歯11,12の咬合する部分に削合部分13,14を有する。 (もっと読む)


【課題】義歯の作成自体は歯科医師又は歯科技工士が行い、咬合調整を専門の業者が行うことで、咬合調整の作業を短縮するとともに、正確な咬合を得る。
【解決手段】歯科医師側にて義歯の咬合面形状データと咬合面位置データを取得し、削合データ提供業者側に送信する。歯科医師側から受信した咬合面形状データと咬合面位置から、削合データ提供業者側で上下顎の咬合状態を再現し、上下顎の咬合高径を変更することで上下顎の咬合調整部分を決定する。削合データ提供業者側で咬合調整部分のデータと咬合面位置データとからなる切削データを作成し、歯科医師側に切削データを送信する。歯科医師側にて切削データに基づいて削合機により義歯を切削することで咬合調整する。 (もっと読む)


【課題】歯科治療において、分子内に酸性基を有する(メタ)アクリレート系モノマーおよび水を必須として含む接着性組成物棚寿命および接着性能の向上および水を含まない接着性組成物の接着性の向上。
【解決手段】分子内に、酸性基として、リン酸基およびカルボン酸基をそれぞれ1以上有し、さらに重合性基を1以上有する化合物またはその塩である酸性基を有する重合性化合物。例えば一般式[1]:


[式中、Rは重合性基を示し;Wは置換基として、リン酸基およびカルボン酸基をそれぞれ1以上有する有機基を示し;各Xは、酸素原子または硫黄原子を示し;各Yは有機基を示し;各Zは、置換基としてリン酸基、カルボン酸基および重合性基の少なくとも1つを有してもよい有機基を示し;pは1から10の整数であり;qは1からpまでの整数である。]で表される化合物またはその塩である酸性基を有する重合性化合物。 (もっと読む)


【課題】歯科測定に適用することができる光コヒーレンストモグラフィー装置を提供する。
【解決手段】歯科用光コヒーレンストモグラフィー装置は、光源と、光分割部と、干渉部と、光検出部と、演算部と、計測光を被計測体へ導いて照射し、被計測体で反射した計測光を受光して干渉部へ導くプローブと、プローブに、少なくとも1つの方向を回転軸として回転可能に取り付けられた回転体であって、回転軸と一定または可変の角度を有する方向へ計測光を照射する照射口を有する回転体と、回転体を回転させる駆動部とを備える。 (もっと読む)


【課題】貴金属に対し強力かつ耐久的な接着強さを発現し、安定した接着性を付与し、水を含む酸性の組成物中にあっても加水分解を受けない、貴金属接着性組成物の提供。
【解決手段】分子内に、ジスルフィド結合、アミド結合、および重合性基をそれぞれ1以上有する含イオウ重合性化合物。特に、一般式[5]:


[式中、R1は水素原子またはメチル基を示し;R2は水素原子または重合性基を1以上有してもよい有機基を示し;nは1から20の正の整数である。]で表される化合物。およびそれを含有する接着性組成物。 (もっと読む)


【課題】歯科用リン酸塩系埋没材で反応成分の少なくとも1種類がマイクロ・ナノカプセル化されている1液性組成物を提供する。
【解決手段】酸化マグネシウムおよび/またはリン酸二水素アンモニウムの反応性物質の一方をマイクロ・ナノカプセル化することにより、安定的にペースト状で共存可能である組成物を得、さらに、混合工程に代わる手法として、電磁波によるマイクロ・ナノカプセルの破壊による方法を採用した。 (もっと読む)


11 - 20 / 125