富士化学工業株式会社により出願された特許

21 - 30 / 53


【課題】
錠剤製造時の割れや欠け、輸送時の割れや欠けが生じない充分な錠剤強度、口腔内で短時間に崩壊する優れた崩壊性、口腔内で粉っぽさや嫌味のない食感、並びに通常の圧縮成型機や特別な装置や設備を必要としない工程を兼ね備えた口腔内速崩壊錠の製造方法を提供する。
【解決手段】
糖類、無機粉体及び崩壊剤を湿式造粒し、活性成分、滑沢剤、医薬品に配合可能な添加成分を混合して圧縮成型し、その圧縮成型物を加湿することなしで加温処理することにより、崩壊時間を短縮した口腔内速崩壊性製剤を製造することができる。 (もっと読む)


【課題】
テクスチャ、フレーバー変化、刺激性増大を生じさる原因である安定化剤等を添加することなく、カロテノイド色素の光退色を抑制できる方法、及びその退色抑制方法を利用した容器体並びにその容器体を用いた飲食物、機能性食品、外用剤、化粧品、医薬部外品及び医薬品の保存方法の提供を目的とする。
【解決手段】
波長535〜695nm領域全体のスペクトル平均透過率が0.01〜45.0%の容器体にカロテノイド色素を保存することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】Helicobacter種(特に、H.pylori)の感染によって引起される哺乳動物の消化管(特に、ヒトの胃)の粘膜の炎症の予防および/または治療用の経口製剤の提供。
【解決手段】少なくとも1種類のキサントフィルの予防上および/または治療上の有効量を含んでなる。最も好ましいキサントフィルは、油に可溶性のアスタキサンチンであり、好ましくは脂肪酸でエステル化されている天然アスタキサンチンである。経口製剤は、生産藻類Haematococcus種の細胞壁から誘導されるような炭水化物構造をさらに含んでなることがある。この製剤は、予防上および/または治療上の有効量の水溶性酸化防止剤、例えばアスコルビン酸(ビタミンC)、を含んでなることもできる。経口製剤は、分離した単位投与量でまたは食物と混合して提供される。 (もっと読む)


【課題】
10重量%以上の高含有量のアスタキサンチンを含みながら、流動性が良く、安定性が高く、臭気が少なく、取り扱いの容易な高濃度アスタキサンチン含有抽出物が求められている。高濃度アスタキサンチン含有抽出物は、粉末や乳化液など高濃度のアスタキサンチンを含む製品に用いることができる。
【解決手段】
アスタキサンチンを含有する天然物の破砕物を抽出槽内に充填し、超臨界溶媒で油脂など夾雑物を除去した後、さらに超臨界溶媒などでアスタキサンチンを抽出し、溶媒を除去してアスタキサンチン含有抽出物にMCTなどを添加することによって、高濃度ので流動性の高いアスタキサンチン抽出物を得る。 (もっと読む)


【課題】
アルミニウム系無機制酸剤は制酸持続効果が優れているが、腎臓機能低下した糖尿病患者では、人工透析によるアルミニウム骨症やアルミニウム脳症などのアルミニウム障害を防止するため、アルミニウムを含有しない制酸剤が求められている。
【解決手段】
平均粒子径が0.05〜5μmの一次粒子から構成され、形状が平均粒子径0.1〜10μmの粉体又は平均粒子径10〜500μmの粒体であり、比表面積が5〜60m/g、静的嵩比容積が1〜10ml/g、吸油量が0.5〜3.0ml/gである下式(I)
Al・xMgO・ySiO・mHO (I)
(式中、mは0≦m≦0.5の範囲の数を示す)で表される鱗片状のリン酸水素カルシウムは、一般のリン酸水素カルシウムよりも制酸持続時間が長く、制酸剤として好適である。 (もっと読む)


【課題】
視認運動機能障害を改善するための、すなわち、視覚による認知およびそれへの反応運動の質を改善し、健常な対象者の活動における正確さおよび注意力を高め、視認運動機能が低下した人の対応運動の速度および質の悪化を阻止し、特に健康な子供、若者、中年、および/または高齢者において、気分にも影響を及ぼす認知疲労を妨げるなど、それに関係する要因を改善するための、医薬品または栄養補助食品が求められている。
【解決手段】
キサントフィルを配合した組成物を摂取することによって、顕著な視認運動機能障害の改善・予防・回復効果を有することを見いだした。 (もっと読む)


【課題】
カルシトニン遺伝子関連ペプチド及びインスリン様成長因子−1の産生・放出の低下によって生じる、脱毛、禿、メタボリックシンドローム、生活習慣病、肥満、悪性腫瘍、骨粗鬆症、感染、インフルエンザ合併症、花粉症などの予防及び改善、治療、さらには育毛・養毛・発毛に関して有用であり、消化器官への刺激を伴わず、副作用のない組成物を提供する。
【解決手段】
アスタキサンチンを有効成分とし、カルシトニン遺伝子関連ペプチド及びインスリン様成長因子−1の産生・放出促進作用を有する組成物とする。その組成物を、脱毛、禿、メタボリックシンドローム、生活習慣病、肥満、悪性腫瘍、骨粗鬆症、感染、インフルエンザ合併症、花粉症などの予防及び改善、治療、さらには育毛・養毛・発毛に関して有用の、医薬品や飲食物などとする。 (もっと読む)


【課題】
天然由来の細胞選択的セレクティブPPARγモジュレーター(SPPARM)として、メタボリックシンドロームなどの予防、及びPPARγアゴニストの副作用である肥満を抑制するために有用な組成物を提供すること
【解決手段】
アスタキサンチン及び/又はそのエステルを有効成分とする、細胞選択的セレクティブPPARγモジュレーター(SPPARM)である。脂肪細胞においてPPARγアンタゴニストとして働き、脂肪蓄積を抑制する。糖尿病薬として用いられているPPARγアゴニストとの併用で、PPARγアゴニストの副作用である肥満を抑制する。 (もっと読む)


【課題】
生体内の脂肪酸をエネルギー源として、糖質よりも選択的に使用、かつ有効に使用し、それによって体内脂質の消費を促進して基礎代謝能力を高め、さらには有酸素運動を向上させる飲食物や医薬品などが求められている。
【解決手段】
キサントフィル、必要に応じてミトコンドリア脂肪酸取込活性向上物質及び/又は細胞脂肪酸取込活性向上物を摂取することによって、生体内の脂質からエネルギー代謝を促進し、脂肪の蓄積を抑制し、体脂肪の減少効果を高めることができる。 (もっと読む)


【課題】 安全で作用の大きな血管新生阻害剤、細胞増殖阻害剤、管腔形成阻害剤及びFGF阻害剤並びに食品或いは食品添加物を提供する。
【解決手段】 上記課題は、トコトリエノールを有効成分とする血管新生阻害剤、細胞増殖阻害剤、管腔形成阻害剤及びFGF阻害剤並びに食品或いは食品添加物によって解決される。これらの薬剤及び食品は血管新生により発症する血管新生依存性疾患の治療及び予防剤として有用である。 (もっと読む)


21 - 30 / 53