説明

三星電子株式会社により出願された特許

8,511 - 8,520 / 8,520


【目的】 オーディオステレオ信号であるL,R信号のバランスを自動に補正することによって最適のオーディオを聴取しようとするオーディオ信号のバランス補正回路に関するものである。
【構成】 既存の手動調節による最適のステレオ信号を聴取することができなかった問題点を改善しようとオーディオLチャンネル及びRチャンネルの平均値を検出して自動比較し、これにより反比例する出力を補正印加することによって自動的にL,R信号のバランスが調整される。本発明はステレオの音声信号を受信する装置の左・右のバランス調整回路に適用される。 (もっと読む)


【目的】受信端の複雑度を減少させながらも受信性能が向上できる自動周波数制御方法及び前記方法を遂行する装置を提供する。
【構成】等化器301から出力される2進データ列をチャネル特性値と通信システムの送信側の変調器の伝達関数とのコンボリューション値を利用して再変調しそこから基準位相を得てこれを受信位相と比べ位相エラー値を算出する。位相エラー値は周波数エラー値に変換された後再びアナログ形の制御電圧に変換され前記電圧制御発振器に印加されるようにする。このような方法を遂行するために自動周波数制御装置は等化器301、チャネル特性推定部302、再変調器303、位相比較器304、周波数エラー推定部305及びディジタルアナログコンバーター306等を含んで構成される。
【効果】これにより、受信側の受信性能を向上させる利点を有し、ディジタルに具現するのが可能であって単一チップで構成できる。 (もっと読む)



【目的】 その製造が容易となるように単純化された構造を有し、動作時の騒音を極力低下すること。
【構成】 バルブプレート20の凹部21に、その底面29が凹部21の底面から隆起されてバルブシート23と同一の高さをなすチャンネル部25を形成し、バルブリード30を、チャンネル部25に配置される基部32と、この基部32から延在しバルブシート23と接触する円形部33とにより構成するとともに、バルブスプリング31を、バルブリード30に圧接する折曲部分34とバルブリード30によって弾力的に変形可能な湾曲部分35とにより構成し、バルブプレート20の凹部21の両端部に、それぞれバルブスプリング31の両端部に係合するストッパ28の形成されたトラップ26,27を設けてバルブスプリング31を保持するように構成したもの。 (もっと読む)




【構成】 本発明は撮影場所と光学フィルタの値によって指定されたアドレスにデータを貯蔵し、データを出力する貯蔵過程と出力過程とを遂行してビデオカメラのホワイトバランスを制御する方法に関するもので、撮影場所と光学フィルタによってアドレスが指定され、ホワイトバランスの貯蔵過程と出力過程とを通る。
【効果】 光学フィルタが変換される場合にも再セッティングの必要なく正確に自動ホワイトバランスの制御が可能である。 (もっと読む)



【目的】 本発明は、自動バックバランス回路を備えたカメラ(カムコーダ,業務用カメラ,放送用カメラなど)に関し、特に逆光補正をするために絞りを調整したり、分離された映像信号中で増幅単位での増幅利得を調整しようとする場合に、周囲の色温度の変化を認識してホワイトバランスを調整することにより、色再現性の劣化する現像を防止するようにした自動ホワイトバランス誤動作防止回路を提供する。
【構成】 自動ホワイトバランス回路が備えられたカメラにおいて、逆光を補正する逆光補正手段と、前記逆光補正手段から出力される逆光補正電圧が基準値以上の場合に制御信号を出力して、ホワイトバランスの状態を保つ比較手段とを備えることを特徴とする。 (もっと読む)



8,511 - 8,520 / 8,520