説明

日本ピストンリング株式会社により出願された特許

131 - 137 / 137


【要 約】
【課 題】 被削性に優れた鉄基焼結合金で構成されてなるバルブシートを提案する。
【解決手段】 面積率で20%以上のパーライト相を含み、該パーライト相の硬さが300HV0.1以上である基地相組織と、質量%で、C:0.1〜2.0%と、Bi、Te、Se、Snのうちから選ばれた1種または2種以上を合計で0.001〜0.5%含有し、あるいはさらにCu:20%以下、および/または、Ni、Cr、Mo、W、V、Coのうちから選ばれた1種または2種以上を合計で15%以下含有する基地相組成とを有する。さらに基地相中に、被削性改善用粒子および/または硬質粒子を分散させてもよい。これにより、被削性が顕著に向上する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、オイルリングの強度を損なうことなく通油孔の面積を確保することが可能な内燃機関用オイルリングを提供することを主目的とするものである。
【解決手段】 上記目的を達成するために本発明は、円周方向両端部に向き合うように配置された2つの弧部と、上記弧部の幅よりも広い幅方向の距離を有するように配置された2つの平行直線部と、上記弧部と上記平行直線部とを結ぶ斜行部とを有する通油孔が形成された内燃機関用オイルリングであって、上記オイルリング本体の高さをh1、上記通油孔の2つの平行直線部間の距離をh2、上記弧部の曲率半径をR、上記弧部の中心角をθとしたとき、R/h1=0.05〜0.20、θ=90〜160°、2R<h2、かつ、h2/h1=0.15〜0.6であることを特徴とする内燃機関用オイルリングを提供する。 (もっと読む)


【課題】 耐摩耗性、耐スカッフィング性および相手材の摩耗を増加させない特性(相手攻撃性)に優れた皮膜が被覆された摺動部材(ピストンリング)を提供する。
【解決手段】 摺動部材(ピストンリング)の外周面3にBがCr−N合金に含有されてなるCr−B−N合金皮膜4を被覆することによって、上記課題を解決する。このCr−B−N合金皮膜が、物理的蒸着法、特にイオンプレーティング法、真空蒸着法またはスパッタリング法で形成されることが好ましく、B含有量が、0.05〜20重量%であることが好ましい。摺動部材の外周面3に設けられるCr−B−N合金皮膜4は、耐摩耗性、耐スカッフィング性および相手攻撃性に優れるので、摺動部材の摺動環境が過酷になっても、要求性能を満足させる摺動部材を提供できる。また、摺動部材の全周面又は少なくとも外周面3に窒化層5が設けられ、窒化層5上にCr−B−N合金皮膜4が被覆されていることが好ましい。 (もっと読む)


本発明は、異常摩耗およびそれに伴う強度の低下といった不都合が生じにくいコイルエキスパンダを煩雑な手間を要することなく製造可能なコイルエキスパンダ用線材を提供することを主目的とするものである。
本発明は、ピストンリングと、上記ピストンリングをその径方向外方に押圧付勢するコイルエキスパンダとを有する組合せピストンリングの上記コイルエキスパンダに用いられ、断面形状が矩形状のコイルエキスパンダ用線材であって、上記コイルエキスパンダ用線材を用いコイルエキスパンダを形成する際、コイルエキスパンダの外周面となる上記コイルエキスパンダ用線材の表面が、凸状の曲面状に形成されていることを特徴とするコイルエキスパンダ用線材を提供することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


カムロブとシャフトとの接合の際に割れが生じにくく、カムロブの設計の自由度が増したカムシャフトの製造方法を提供する。
カムロブ1の内周面13に残留圧縮応力付加処理を行った後、そのカムロブ1をシャフトに接合するカムシャフトの製造方法により、上記課題を解決する。このときのカムロブ1の内周面13の残留圧縮応力が、100MPa以上であることが好ましい。また、カムロブ1の外周面14にも、更に残留圧縮応力付加処理を行うことができる。こうした残留圧縮応力付加処理として、ショットピーニング処理、高周波焼入処理、バレル研磨処理、浸炭焼入処理又は浸炭窒化処理を行うことができる。 (もっと読む)


【課題】摺動部材の摺動面に、耐剥離性及び耐クラック性に優れた複層溶射皮膜を形成する方法を提供する。
【解決手段】摺動部材(10)の摺動面に耐摩耗層(3)となじみ層(4)からなる溶射皮膜(5)を形成する方法において、なじみ層(4)は、外周研磨、ブラスト等の機械加工が施されない下地の耐摩耗層(3)に溶射して形成する。 (もっと読む)


【目的】 組み立て後誤って分解してしまうおそれがなく、かつそのまま取り付けて使用することのできるダブルリンク式軸継手を実現する。
【構成】 2枚のエンドディスク1、3と、その中間にはさまれるセンターディスク2との3枚のディスクのそれぞれの2枚の面間に、一端を片側のディスクにピンで係止され、他端を他の側のディスクにピンで係止された互いに平行する2枚のリンク4a、4b、4c、4dを設けてなるダブルリンク式軸継手において、2枚のエンドディスク1、3のまたがる長さを有し、内径がエンドディスク1、3の外径よりもやや小さい円筒状の弾性スリーブ6をエンドディスク1、3の外周面間にわたって嵌装して構成する。 (もっと読む)


131 - 137 / 137