説明

日立エンジニアリング株式会社により出願された特許

51 - 60 / 134










【課題】トンネル排水設備監視制御について、近年発生しやすくなっている突発的な集中豪雨に対しても排水ポンプの運転を必要最小限に抑えつつ、排水槽からの必要な排水を確実に行うことを可能とする。
【解決手段】排水を貯留する排水槽5、排水ポンプP、および排水ポンプを制御するポンプ制御盤7を備えたトンネルの排水設備1を遠隔的に監視制御するについて、トンネル排水設備監視制御システムに水位設定手段10を設け、排水ポンプに運転開始させる排水槽の水位である運転水位を水位設定手段によりポンプ制御盤に所定の時間周期で設定する。 (もっと読む)



51 - 60 / 134