説明

大王製紙株式会社により出願された特許

21 - 30 / 2,041


【課題】非使用状態で過冷却状態の所定の溶液と結晶化開始部とを保持する構造を簡略化して、製造効率の低下やコストアップを抑制する。
【解決手段】目用温熱具100であって、相転移により発熱する過冷却状態の所定の溶液Lが収容された本体部1の第1及び第2包装部材1A、1Bのうち、一方の包装部材の内面に、第1及び第2包装部材が貼り合わされる部分における一部分の第1収容部11と反対側に隣り合うように、所定の溶液と接することで当該所定の溶液の結晶化を開始させる結晶化開始部Pが付着され、第1及び第2包装部材が貼り合わされた部分における一部分は、当該温熱具の非使用状態にて第1収容部と結晶化開始部とを仕切るとともに、使用の際に第1収容部側や結晶化開始部側のうちの少なくとも一方から加えられる圧力により剥がされて当該第1収容部の内側と結晶化開始部の存する空間とを連通させる。 (もっと読む)


【課題】パイル束の周囲に大きな皺が寄り、素材が不必要に厚くなる、皺により形成される空隙が表裏方向の液の透過性を低下させる、パイル束から繊維端が突出して肌触りがチクチクする等の問題を解決する。
【解決手段】上記課題は、表裏に貫通する繊維突出孔82が間隔を空けて多数形成された基層81と、この基層81の一方側に配された繊維集合体層83と、繊維集合体層83における繊維突出孔82と対応する部分が、基層81の一方側から繊維突出孔82を介して他方側に突出されて形成された、基層81の他方側に突出するパイル束84と、を備え、繊維集合体層83は、基層81に沿って所定方向に連続する連続繊維の束からなり、かつ少なくともパイル束84を構成する連続繊維相互が接合されていない、ことを特徴とする吸収性物品用シート状素材80により解決される。 (もっと読む)


【課題】どの程度の量まで吸収したかが分かるインジケータを備えた使い捨ておむつを提供する。
【解決手段】上記課題は、排泄液の吸収の際、排泄液の吸収量が所定量に達するまでは、一次顕色剤含有部に接触して一次顕色剤81aを取り込んだ後に一次インジケータ80aに接触して一次インジケータ80aを発色させるものの、排泄液が内部液不透過性シート59Aにより遮られて二次吸収体56B側に供給されず、排泄液の吸収量が所定量を超えると、排泄液が一次吸収体56Aに吸収されずに内部液不透過性シート59Aの両側を回り込んで二次吸収体56B側に至り、二次顕色剤含有部に接触して二次顕色剤81bを取り込んだ後に二次インジケータ80bに接触して二次インジケータ80bを発色させるように構成することにより解決される。 (もっと読む)


【課題】着用される部位に対するフィット性を向上させた温熱具を提供する。
【解決手段】着用者Hの着用された部位に温熱を付与する目用温熱具100であって、当該装置の本体部1に、相転移により発熱する過冷却状態の所定の溶液Lが収容され、所定の溶液には、当該所定の溶液が結晶化された状態での柔らかさを調整する調整剤が所定量添加されてなる。 (もっと読む)


【課題】簡単にシート取り付け・交換ができる掃除具を提供する。
【解決手段】清掃用シートが装着される掃除具は、ヘッド部1と、ヘッド部に連結された柄2と、ヘッド部に着脱自在に固定され、清掃用シートを取り付けるためのシート取付部20ととを備えており、シート取付部20に清掃用シートが装着される。シート取付部20は、ヘッド部1と平面視における外形が同一の略矩形形状であり、上面には、短手方向の中央に長手方向に沿った凹部21が設けられ、当該凹部21を挟んで短手方向の両側には長手方向に沿って第2対向面としての突部24、25がそれぞれ設けられている。凹部21は、長手方向及び短手方向に平行な上面部21aと、上面部21aの短手方向の両端部の各々と突部24、25とに連続して、上面部21aと直交する二つの側面部21bとを備え、第2嵌合部として、凸部3に嵌合される。 (もっと読む)


【課題】発色効率を高めるとともに高温多湿下における誤発色を防止する。
【解決手段】上記課題は、液不透過性シート11に、ロイコ染料を発色剤とした無色透明のインジケータ80を、上方から来る排泄液と接触するように設けるとともに、包装シート58におけるインジケータ80と少なくとも一部が重なる部分に、インジケータ80を発色させるための顕色剤81を含有してなり、顕色剤81が排泄液に溶けて排泄液とともにインジケータ80に接触し、インジケータ80が発色するように構成し、少なくとも、包装シート58における顕色剤81の塗布部分及び液不透過性シート11におけるインジケータ80を有する部分には、包装シート58及び液不透過性シート11を貼り合わせるためのホットメルト接着剤が塗布されていない、ことにより解決される。 (もっと読む)


【課題】開封時に開封しやすく、且つ使用済み吸収性物品の廃棄時に粘着剤層による止着が良好な封止テープとする。
【解決手段】封止テープ4は、使用済みの吸収性物品を廃棄する際に、包装シート3で包んで固定するための第3粘着剤層6aを有し、中間部を折り畳むことにより包装シート3の外面から外方側に起立する開封用摘み部7を形成するとともに、前記開封用摘み部7より封止テープ4の先端側に連続して廃棄用摘み部8を形成し、開封用摘み部7の折り畳み部分のうち一方側の内面が第3粘着剤層6aとされ、他方側の内面が第3粘着剤層6aに対し剥離可能に接着された構造とする。個装吸収性物品1の開封時には、前記開封用摘み部7を摘んで該封止テープ4を引き上げることにより開封可能とされるとともに、使用済み吸収性物品の廃棄時には、前記廃棄用摘み部8を摘んで先端側に引っ張ることにより前記粘着剤層6aが露出可能とされている。 (もっと読む)


【課題】吸収性物品の逆戻りを防止する。
【解決手段】使い捨ておむつにおいて、トップシート11と、物品の使用面側において、物品の両側部に前後方向に沿って設けられ、幅方向内側が着用時に着用者側に起立する縦方向立体ギャザー24とを有し、前記トップシートは、前後方向に沿って複数枚の単位シートから構成され、単位シート相互の隣接端部が重なり状態で配置され、前記重なり状態上側の単位シートの前後方向端部が着用時に着用者側に起立するように伸縮部材が設けられた横方向立体ギャザーが構成され、前記縦方向立体ギャザーで覆われた領域及び横方向立体ギャザーで覆われた領域の少なくとも一方の領域が、対応する立体ギャザーを構成するシート並びに覆われていない前記単位シートより、排泄液に関し易透過性である吸収性物品を提供する。 (もっと読む)


【課題】収容物を取り出すための取出口を蓋う再粘着可能な蓋シールに未開封顕示機能を付加する。
【解決手段】蓋シール3は、開閉部31に隣接し袋体に付着した隣接部(両側隣接部34,35、両角隣接部)と、開閉部と隣接部との境界に形成された易引裂き部(ミシン目線34a,35a)とを有し、隣接部を袋体に付着したままにして開閉部を袋体から剥離することに伴って、易引裂き部において蓋シールの素材が切断されて開封される。蓋シールの開閉部と隣接部との境界の易引裂き部が切断されていないことによって未開封が顕示される。 (もっと読む)


【課題】パイル束を有するトップシートにおける逆戻りを防止する。
【解決手段】上記課題は、表裏に貫通する繊維突出孔82が間隔を空けて多数形成された基層81と、この基層81の裏側に配された繊維集合体層83と、繊維集合体層83における繊維突出孔82と対応する部分が、基層81の裏側から繊維突出孔82を介して表側に突出されて形成された、基層81の表側に突出するパイル束84とを備え、パイル束84の親水度をHAとし、基層81の親水度をHBとし、繊維集合体層83における基層81の一方側に位置する部分の親水度をHCとしたとき、HA<HB<HCの関係を満足するように構成されている、トップシート30により解決される。 (もっと読む)


21 - 30 / 2,041