説明

新東ブレーター株式会社により出願された特許

1 - 10 / 27


【課題】電子回路基板に前もって形成された貫通孔あるいは止り穴に導電性金属粒子を効率よく付着堆積させて電極または配線となる導電体を確実に形成することができる電子回路基板の製造方法およびその方法で製造された電子回路基板を提供すること。
【解決手段】電子回路基板に形成された貫通孔または有底の止り穴にコールドスプレー法により導電性金属粒子を付着堆積させて電極または配線となる導電体を形成する方法。前記導電性金属粒子を温度が20〜400℃の圧力気体に混合してなる混合気体を前記貫通孔あるいは止り穴に噴射して前記導電性金属粒子を固相状態のまま塑性変形させて付着堆積させて充填する。 (もっと読む)


【課題】センサ部の少なくとも軸線方向の寸法の縮小化による装置の小型化を図るとともに、金属製品の様々な部位及び様々な形状の金属部品の検査を可能にすること。
【解決手段】渦電流による金属製品の内部検査装置は、直流定電圧が印加される、発振コイル6を有する発振回路4と、発振コイル6の発振電圧を整流して出力する整流回路5とを有するセンサユニット3を備え、整流回路5の出力電圧に基づいて金属製品100の内部を検査する。 (もっと読む)


【課題】使用するガスの種類に拘わらず加工面に弧状衝撃波の発生を抑制し、成膜用の粉末粒子が微紛(平均粒子径1〜50μm)であっても各種粒子堆積成膜法において適切に被膜形成ができる成膜用ノズル、および該成膜用ノズルを用いた被膜形成方法、ならびにその被膜を形成した部材を提供する。
【解決手段】成膜用ノズルの先端部に、粉末粒子と高圧ガスの混合気体を噴射する噴射口と、該噴射口の近傍に高圧ガスの一部のみを放出する開口部を設ける。 (もっと読む)


【課題】ノズル内部の噴射材による閉塞または損耗を低減し、かつ、噴射材の定量供給性を改善したエアロゾルデポジション法による微粉末堆積成膜装置およびその成膜方法ならびに成膜部材を提供する。
【解決手段】ノズルの入口部に続く円錐状の先端部以降からノズル出口部までの間に粉末供給口を設ける。 (もっと読む)


【課題】粉粒体を空気輸送するとき、その流量の変化を静電容量の変化として測定する粉粒体流量測定装置において、輸送気体温度の変化による静電容量の温度ドリフトも加味して、高精度な粉粒体流量の測定を可能とすること。
【解決手段】粉粒体を輸送する保護管と、測定電極を備えた電極配置管と、測定用電極からの出力を粉体流量表示器に出力する変換器回路(変換器)とを備えている静電容量式の粉粒体流量測定装置。環境温度センサーと輸送気体温度センサー31を備え、輸送気体温度センサー31を、保護管20の電極配置管10と重ならない部位に直接接合する。静電容量の変換器からの、流量/静電容量の出力検量線に基づく流量0を基準とした静電容量の出力を、環境温度と輸送気体温度との各温度センサー出力の差により補正演算して温度補正を行う温度補正回路を備えている。 (もっと読む)


【課題】 研磨時の研磨液の存在量が少なくても、研磨の継続が可能で、研磨力をアップさせて研磨時間を短縮させることのできる新規な構成のバレル研磨装置を提供すること。
【解決手段】 研磨槽に、ワークとメディアを、適宜、研磨液又は洗浄液とともに投入して、ワークとメディアの集合体であるマスを形成し、該マスを混合流動化させて研磨を行うバレル研磨装置。研磨槽22に対する液体供給装置14と流体排出装置18とを備えている。液体供給装置14は、研磨溶液又は洗浄液を選択的に、且つ、連続的に供給可能な構成である。流体排出装置18は、研磨液又は水が、マスMの混合流動化により形成されるワークとメディアの相互間隙間を置換移動(フロースルー)しながら連続的に排出可能な構成とされている。 (もっと読む)


【課題】硬脆材料からなる板状のワークに、アスペクト比が2.0以上の微細な孔または溝を容易に形成することができる構造を簡単にしたエアーブラスト装置、およびそのブラスト加工方法を提供すること。
【解決手段】研磨用噴射材を圧縮気体と混合して高速で衝突させて、孔あるいは溝を加工形成するエアーブラスト加工装置において、研磨用の噴射材を圧縮気体と混合して噴射するブラスト加工ノズル1の加工進行方向の前方に、噴射方向が前記ブラスト加工ノズル1の噴射方向と同一方向とした圧縮気体のみを噴射する圧縮気体ノズル2を設ける。 (もっと読む)


【課題】イオン溶出性が低く、かつチタン酸化物の析出を生じにくい、すなわち発電後も低い接触抵抗を有し、固体高分子型燃料電池のセパレーター用素材として最適なチタン材およびその製造方法ならびにそれを用いたセパレーターおよび燃料電池を提供すること。
【解決手段】チタン材の表面酸化物の厚みが5〜25nmの範囲にあり、該チタン材の酸化物層を含めた最外表面から100nmの深さの範囲での平均炭素濃度が0.02〜6at%であり、かつ平均窒素濃度が0.02〜6at%であり、酸化物中のフッ素濃度が7at%以下であることを特徴とする低接触抵抗かつ低イオン溶出性の固体高分子型燃料電池セパレーター用チタン材とその製造方法、該チタン材を用いたセパレーターおよび該セパレーターを用いた固体高分子型燃料電池である。 (もっと読む)


【課題】機械部品等の摺動面に形成する潤滑油の油溜まりを形成する加工工程と洗浄工程とからなるトータルの製造所要時間の短縮と、製造コストの削減ができた加工方法を提供する。
【解決手段】マスM中のワーク表面に凹凸を形成する第一研磨工程と、前記マスMの洗浄工程と、前記第一研磨工程で形成されたワーク表面の凹部の谷部を残し凸部の上端方部を研磨して平面部を形成する第二研磨工程、の各工程を固定槽2と回転盤4の摺接隙間3および回転盤4の回転中心部に形成した孔8が通じる通路6に開閉弁付きの排水管7を接続した流動バレル研磨装置により行う。 (もっと読む)


【課題】基材の表面に固相状態の金属粉末を圧力気体により高速で吹き付け、前記基材の表面に金属粉末の皮膜を高能率に形成する皮膜形成方法を提供すること。
【解決手段】基材および圧力気体のどちらか一方または双方の温度を373K乃至前記金属粉末の融点に加熱した状態にし、前記金属粉末を0.2MPa以上の圧力気体により基材の表面に衝突させて皮膜を形成する。 (もっと読む)


1 - 10 / 27