説明

積水メディカル株式会社により出願された特許

41 - 50 / 111


【課題】本発明は、ミドドリンの保存安定性及び経皮吸収性に優れ且つ貼付性が良好な貼付剤を提供する。
【解決手段】 本発明の貼付剤は、支持体の一面に膏体層が積層一体化されてなる貼付剤であって、上記膏体層は、アルキル基の炭素数が1〜12のアルキルアクリレート60〜98重量%及び1−ビニル−2−ピロリドン2〜40重量%を含有する単量体を共重合させてなる共重合体を含むアクリル系粘着剤60〜97重量%と、ミドドリン3〜40重量%とを含有しており、上記ミドドリンの一部が上記膏体層中に非溶解状態にて存在していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ヘモグロビン類を短時間で高精度に測定することができ、かつ、カラム寿命を向上させることのできるヘモグロビン分離用カラム充填剤を提供する。また、該ヘモグロビン分離用カラム充填剤を用いたヘモグロビンA1cの測定方法、並びに、該ヘモグロビン分離用カラム充填剤を用いたヘモグロビンA1c及び異常ヘモグロビン類の測定方法を提供する。更に、該ヘモグロビン分離用カラム充填剤の製造方法を提供する。
【解決手段】非架橋性の親水性アクリル系単量体及びポリグリシジルエーテル類を含有する単量体混合物を重合して得られる架橋重合体粒子と、前記架橋重合体粒子の表面に形成したカチオン交換基を有するアクリル系重合体層とからなるヘモグロビン分離用カラム充填剤。 (もっと読む)


【課題】ヘモグロビン類を短時間で高精度に測定することができ、かつ、カラム寿命を向上させることのできるヘモグロビン分離用カラム充填剤を提供する。また、該ヘモグロビン分離用カラム充填剤を用いたヘモグロビンA1cの測定方法、並びに、該ヘモグロビン分離用カラム充填剤を用いたヘモグロビンA1c及び異常ヘモグロビン類の測定方法を提供する。更に、該ヘモグロビン分離用カラム充填剤の製造方法を提供する。
【解決手段】水酸基を有する非架橋性アクリル系単量体を20〜70重量%、及び、架橋性アクリル系単量体を30〜80重量%含有するアクリル系単量体混合物を重合して得られる、平均細孔直径が2〜20nmである多孔性架橋重合体粒子の表面に、カチオン交換基を導入してなるヘモグロビン類分離用カラム充填剤。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】本発明は、粘着剤としてアクリル系粘着剤を含有する膏体層が支持体に対して優れた投錨性を有し、皮膚への貼着中に剥がれがない一方、皮膚からの剥離を容易に行え、皮膚刺激が少なく、伸縮性を必要とする部位に好適に用いることができる貼付剤を提供する。
【解決手段】 本発明の貼付剤は、不織布、織布又は編布からなる支持体の一面に膏体層が積層一体化されてなる貼付剤であって、上記膏体層は、酸性の消炎鎮痛作用薬物又はその塩0.1〜10重量%と、数平均分子量1万以下のポリエチレングリコール0.5〜20重量%と、炭素数が10以下の脂肪族ジカルボン酸と炭素数が3以下の脂肪族アルコールとのジエステル体5〜30重量%と、アクリル系粘着剤とを含有していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、粘着剤としてアクリル系粘着剤を含有する膏体層が支持体に対して優れた投錨性を有し、皮膚への貼着中に剥がれがない一方、皮膚からの剥離を容易に行え、皮膚刺激が少なく、伸縮性を必要とする部位に好適に用いることができる貼付剤を提供する。
【解決手段】 本発明の貼付剤は、支持体の一面に膏体層を積層一体化してなる貼付剤であって、サリチル酸エステルと、酢酸トコフェロールと、グリチルレチン酸と、ノニル酸ワニリルアミドと、所定のグリコールと、炭素数が10以下の脂肪族ジカルボン酸と炭素数が3以下の脂肪族アルコールとのジエステル体と、アクリル系粘着剤とを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、フェノチアジン系酸化発色剤含有水溶液の安定化方法、及び安定化されたフェノチアジン系酸化発色剤含有水溶液を提供することにある。
【解決手段】(A)フェノチアジン系酸化発色剤含有水溶液に、(B)界面活性剤、並びに(C)ジアミノシクロヘキサン−N,N,N’,N’−テトラ酢酸、ジエチレントリアミンペンタ酢酸、ビス(2−アミノエチル)エチレングリコール−N,N,N’,N’−テトラ酢酸及びそれらの塩から選ばれるキレート剤を含有させることを特徴とするフェノチアジン系酸化発色剤含有水溶液の安定化方法。 (もっと読む)


【課題】本発明は、粘着剤としてアクリル系粘着剤を含有する膏体層が支持体に対して優れた投錨性を有し、皮膚への貼着中に剥がれがない一方、皮膚からの剥離を容易に行え、皮膚刺激が少なく、伸縮性を必要とする部位に好適に用いることができる貼付剤を提供する。
【解決手段】 本発明の貼付剤は、不織布、織布又は編布からなる支持体の一面に膏体層が積層一体化されてなる貼付剤であって、上記膏体層は、酸性の消炎鎮痛作用薬物又はその塩と、酸化亜鉛と、数平均分子量1万以下のポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコールと、アクリル系粘着剤とを含有し、且つ、炭素数が10以下の脂肪族ジカルボン酸と炭素数が3以下の脂肪族アルコールとのジエステル体、及び/又は、流動パラフィンを所定量づつ含有していることを特徴とする。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

41 - 50 / 111