説明

ゼネラル・エレクトリック・カンパニイにより出願された特許

1 - 10 / 6,332



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】燃焼排気ガス中の窒素酸化物NOxおよび一酸化炭素COの排出量を確実に低下させるとともに、火炎安定性を維持するシステムを提供する。
【解決手段】システム50は、燃焼器14と、空気分離ユニット12と、燃料流源54と、凝縮器16とを含む。燃焼器14は、酸素入力ポート42と、燃料流入力ポート44と、二酸化炭素入力ポート48と、排気出力ポート46とを含む。空気分離ユニット12は、燃焼器14の酸素入力ポート42を介して燃焼器14と流体連通している。燃料流源54は、燃料流入力ポート44を介して燃焼器14と流体連通しており、燃料源および水素源を含む。凝縮器16は、排気出力ポート46を介して燃焼器14から排気を受け入れ、かつ二酸化炭素入力ポート48を介して出力流を燃焼器14に戻すように配置される。方法は、酸化剤が存在する状態で燃焼器内で燃料流を燃焼して、排気ガスを発生させるステップを含む。 (もっと読む)


1 - 10 / 6,332