説明

株式会社ユピテルにより出願された特許

31 - 40 / 238


【課題】電力消費の大きな表示画面を有しながらもその表示画面の電力消費を抑制し、必要な走行情報を常時表示させることができる自転車用表示装置及び自転車用表示装置用プログラムを提供すること。
【解決手段】サイクルコンピュータ10に第1の表示画面17と第2の表示画面18を設けるようにし、第1の表示画面17を画面が大きく電力消費の大きなカラー表示画面とする。一方、第2の表示画面18をモノクロの7セグ表示の小さな画面とする。走行中においては常時は第2の表示画面18を表示させ、第1の表示画面17を電力消費抑制モードとして消灯させるようにする。そして、必要に応じて第1の表示画面17をタッチして再点灯させる通常表示モードに復帰させるようにする。 (もっと読む)


【課題】任意の姿勢で車載機器を固定でき、簡単な構成で小型化を図ること
【解決手段】ダッシュボードに取り付ける台座21と、その台座の上面に回転可能に取り付けられ、車載機器を取り付けるための取付部材22と、その台座と取付部材を固定する操作ネジ23及び止めネジ24と、を備え、台座は、平板状の基板部21aの上面に設けた半球面部21bの頂点部分に開口部21cを設ける。取付部材は、帯板22aの下面に半球面部の符合する内形状を持つ球面受け部22bの頂点部分に貫通孔22fを設ける。操作ネジは、操作ハンドル部23aの下面に雄ネジ部を設ける。止めネジは、半球面部の内周面に符合する基部24aの上面に設けた軸部24bに雄ネジ部と符合する雌ネジ部24cを設ける。 (もっと読む)


【課題】 ゴルフをプレイするに際し有益な情報を提供すること
【解決手段】 グリーン上のカップ位置まで移動し、現在位置に基づきカップ位置のバッファメモリに登録する。旗アイコンI5の描画位置は、カップ位置として地点登録された実際の位置となる。この地点登録処理がされない場合には、旗アイコンI5は、二点鎖線で示すようにグリーン中央位置に描画される。カップ位置を登録後、実際にボールを打つ位置まで戻ると、制御部は、図示するように通常のグリーン中央までの残り距離表示領域R1の上に、カップ位置までの距離表示領域R5を描画するとともに、現在位置(自己アイコンI)からカップ位置までの距離を算出してその距離を表示する(図では“56”)。よって、ユーザは、カップまでの距離を確認することで、アプローチの際のクラブ種の選択に役立つ。 (もっと読む)


【課題】従来よりも使い勝手のよいレーダー探知機、ナビゲーション装置等の車載用電子機器を提供する。
【解決手段】 検索の開始位置から検索の終了位置にいたる経路を、記憶手段に記憶された経路検索のための道路位置情報と警告箇所に関する情報を含む地図情報に基づいて検索し、検索された経路の少なくとも一部を表示し、現在位置と前記記憶手段に記憶された警告箇所に関する情報とに基づいて警告を発する機能を持つ。警告箇所に関する情報として、警告箇所の位置情報とともに当該警告箇所の位置情報に対応づけて警告の種別を記憶し、検索された経路を通過する際に必要となる警告箇所を表示して、表示した警告箇所の表示態様を、交通監視ポイント種別指定部56の種別ボタン57a〜dのタッチによるユーザからの入力に基づき、警告の種別毎に一括して切り替える機能を備える。 (もっと読む)


【課題】コストのかからない簡素な構成で、実給油量の入力忘れがあるかどうかを、確認することができる
【解決手段】燃料補正画面30は、最上部に左右方向帯状のタイトルバー内にタイトル表示部31を備え、タイトルバーの下にメイン表示領域であるフォームを備える。フォーム内には、上部に車両選択部32を備え、車両選択部32の下の左側部分に前回給油日時表示部33、右側部分に今回給油日入力部34を備え、今回給油日入力部34の下に今回給油時刻選択部35を備える。今回給油時刻選択部35の右側には、上から下へ向かって順に、計算燃料表示部36、実給油量入力部37、給油登録ボタン38、給油情報確認ボタン39、閉じるボタン40を備える。 (もっと読む)


【課題】タッチセンサを備えた装置の取付位置の自由度が増すと共に、タッチセンサへの操作性が良好な入力装置を提供する。
【解決手段】複数のスイッチボタンを表示する表示部2と、その表示部2に重ねて配置されるタッチセンサと、それら表示部2とタッチセンサとを実装するケース1と、そのケース1の上下の向きを認識し、前記表示部2に表示する前記複数のスイッチボタンの表示状態を前記認識した上下の向きに合うように制御する制御部と、を備える。ケースをどの位置に向けても、スイッチボタンの表示レイアウトを一定にすることができる。 (もっと読む)


【課題】走行回数が増えて、記録した走行データが多くなっても、分析したい走行データを見付けるのが容易にかつ正しく行えるシステムを提供する
【解決手段】 車両の走行中に得られる車両の状態情報を記録したログ情報に基づいてデータ処理するシステムである。ログ情報の位置欄リスト中に、メモ欄を設けている。この一覧リスト中の「変更」ボタンがクリックされると、メモデータを登録するための入力ダイアログボックスを表示し、入力されたメモデータをログ情報に関連付けて登録するとともに、当該メモ欄に登録したメモデータを表示する。 (もっと読む)


【課題】目標物の存在位置等の情報をより適切・確実に伝えることができる目標物報知装置を提供する。
【解決手段】自車の位置を検出するGPS受信機と、目標物の位置情報を記憶するデータベースと、道路地図情報を記憶する地図データベースと、GPS受信機で検出された位置情報と、データベースに格納された目標物の位置情報とに基づき、表示対象の目標物を抽出するとともに、自車の周囲の地図データを抽出し、各アイコンを表示するメイン表示画面の下に、地図データに基づく地図画面を重ねて配置し、その地図画面上の各アイコンを表示する制御部を備えた。 (もっと読む)


【課題】実際の使用開始前並びに走行中に記録した車両の走行に関する情報が一定数量取得できない使用開始当初の期間であっても操作性を含め実際の使い勝手の確認を正しく行えるシステムを提供する
【解決手段】 車両の走行中に収集した車両の状態情報に対してデータ処理する通常モード実行部11aと、サンプルデータ記憶部12b-3に記憶された車両の状態情報のサンプルデータに基づいてデータ処理するお試しモード実行部11bを備える。お試しモード実行部は、起動時にサンプルデータを読み出して一時記憶手段であるお試しモード用データベース12b-1に登録し、その登録したデータに基づいてデモを行う。終了時には、そのデータベースに登録したデータは削除する。 (もっと読む)


【課題】ナビゲーション装置を設置する車両を減らし、携帯電話装置による常時通信が必要なく、後続車両に異常が発生した時の先頭車両への通知を迅速にかつ先頭車両の操縦者が気付きやすいようにする。
【解決手段】ツーリングに参加する先頭車両には、ツーリング参加全した他の車両から受信した軌跡データから全車両の各位置を表示するナビゲーション装置33と無線送受信装置を備え、最終車両6にはツーリング参加先頭と最終車両の位置を表示するナビゲーション装置53と緊急通知スイッチ64と無線送受信装置を備え、他の車両4にはナビゲーション装置を無くして緊急通知スイッチ44と無線送受信装置を設けたツーリング補助システム。 (もっと読む)


31 - 40 / 238