説明

株式会社藤商事により出願された特許

1 - 10 / 1,465



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】遊技盤の交換時に発射手段を廃棄する無駄を防止できるようにする。
【解決手段】遊技機本体に前面又は裏面から着脱自在に装着された遊技盤2と、遊技盤2の遊技領域7に遊技球を発射する発射手段53とを備え、遊技盤2は発射手段53の少なくとも主要部に対応する切り欠き部67を有し、発射手段53は遊技盤2の着脱時にその着脱側と反対側から切り欠き部67に対して相対的に出退自在である。遊技盤2は遊技機本体に対して前側から着脱自在であり、発射手段53はその裏側で遊技機本体に装着されている。 (もっと読む)


【課題】遊技球の衝突によってガイドレールの固定位置に生じる疲労を軽減し、長期間の使用によってもその固定位置で破損することのない弾球遊技機を提供する。
【解決手段】各種遊技部品が配置された遊技領域5aを前面側に備えた遊技盤5と、遊技領域5aに向けて遊技球を発射する発射手段6とを備え、遊技盤5は、ベース板21と、このベース板21の前側に遊技領域5aの周囲を取り囲むように配置されたガイドレール22とを備え、ガイドレール22の少なくとも一部分が、その長手方向に間隔を空けて配置された複数の固定位置27,27a,27bでレール固定具28によりベース板21に固定されている弾球遊技機で、遊技領域5a内で且つ固定位置27bの上方に入賞手段53bを配置したものである。 (もっと読む)


【課題】従来の前枠を省略し資材の無駄の解消及び構造の簡素化を図る。
【解決手段】遊技島に固定される外枠1と、この外枠1に遊技盤装着枠52を介して装着された遊技盤2と、遊技盤2の前側にその遊技領域7を視認可能に配置され且つ外枠1に開閉自在に枢着された開閉扉4とを備えている。外枠1は前側に開放する開口を有する筐体29により構成されている。筐体29は上下方向の中間に左右方向に架設された支持枠28を有し、この支持枠28の上側に遊技盤装着枠52が設けられている。遊技盤装着枠52は少なくとも遊技盤2の下側を受ける下受け部57と、左右両側を受ける側受け部58,59とを有する。 (もっと読む)


【課題】移送手段の起動時の負荷を軽減できるようにする。
【解決手段】回転式の移送手段87により上昇通路93の下側に遊技球を送り込みながら、前記上昇通路93を経て遊技球を移送する。前記上昇通路93の中間に、上昇通路93に出退自在に設けられ且つ突出時にその上側の遊技球を受けるストッパー155と、ストッパー155がその上側の遊技球を受け止めてから前記移送手段87が上昇方向に起動するまでに移送手段87を逆転させて、移送手段87側の遊技球と前記ストッパー155上の遊技球との間に所定の間隔を持たせるための制御手段とを備えている。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,465