説明

ブリストル−マイヤーズ スクイブ カンパニーにより出願された特許

41 - 50 / 494


本開示は、式Ia、Ib、IcまたはIdを含む式I:


の化合物(それらの塩を含む)および組成物ならびに本化合物を使用する使用方法に関する。本化合物は、ニコチン性α7受容体に対するリガンドであり、中枢神経系の種々の障害、特に情動障害および神経変性障害の処置に有用であり得る。
(もっと読む)


本開示は、塩を含む式I:


の化合物、ならびに本化合物を使用する組成物および使用方法に関する。本化合物は、ニコチン性α7受容体に対するリガンドであり、中枢神経系の種々の障害、特に情動障害および神経変性障害の処置に有用であり得る。
(もっと読む)


本開示は、塩を含む式I:


の化合物、および、本化合物を使用する組成物および方法を提供する。本化合物は、ニコチン性α7受容体に対するリガンドであり、中枢神経系の種々の障害、特に情動障害および神経変性障害の処置に有用であり得る。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物およびそれらの医薬的に許容される塩、ならびに該化合物を用いた組成物および方法を提供する。該化合物はC型肝炎ウイルス(HCV)に対する活性を有し、HCVに感染した患者の治療に有用でありうる。

(もっと読む)


本開示は、概して、HIVインテグラーゼを阻害し、ヒトDNAへのウィルスの組み込みを阻害する式(I)の新規化合物(その塩を含む)に関連する。この作用により、該化合物はHIV感染症およびAIDSの治療に有用となる。本発明はまた、HIVに感染した患者の治療のための医薬組成物および治療方法を包含する。
(もっと読む)


本発明は概して、抗ウイルス化合物に関するものであり、より具体的には、C型肝炎ウイルス(HCV)を阻害することができる化合物の組み合わせ、該化合物を含有する組成物、ならびに該組み合わせを用いたC型肝炎の処置方法に関する。 (もっと読む)


本願発明は概して、CGRP受容体アンタゴニストである、式Iの新規な化合物およびその医薬的に許容し得る塩に関する。本願発明はまた、片頭痛および他の頭痛、神経性血管拡張、神経性炎症、熱損傷、循環性ショック、更年期障害に関係する紅潮、呼吸器炎症性疾患(例えば、喘息)、および慢性閉塞性肺疾患(COPD)を含めた、CGRP関連障害の処置における、該化合物を使用する医薬組成物および方法にも関する。

(もっと読む)


本発明は、予想外のデュアルCCR−2およびCCR−5受容体活性を有する新規のアンタゴニスト:N−((1R,2S,5R)−5−(tert−ブチルアミノ)−2−((S)−3−(7−tert−ブチルピラゾロ[1,5−a][1,3,5]トリアジン−4−イルアミノ)−2−オキソピロリジン−1−イル)シクロヘキシル)アセトアミド:


またはその医薬的に許容される塩、溶媒和物もしくはプロドラッグを提供する。結晶形、代謝物、それを含む医薬組成物、ならびに炎症性疾患、アレルギー性疾患、自己免疫疾患、代謝性疾患、癌および/または循環器疾患の治療におけるその使用方法が開示される。本発明はまた、N−((1R,2S,5R)−5−(tert−ブチルアミノ)−2−((S)−3−(7−tert−ブチルピラゾロ[1,5−a][1,3,5]トリアジン−4−イルアミノ)−2−オキソピロリジン−1−イル)シクロヘキシル)アセトアミドを含む本明細書で提供される式(I)の化合物の製造方法を提供する。該工程の中間体として有用な化合物もまた、提供される。
(もっと読む)


本開示は、一般に、Gタンパク質共役受容体88を調節することができる化合物、かかる化合物を含む組成物およびGタンパク質共役受容体88の調節方法に関する。 (もっと読む)


本開示は、一般に、Gタンパク質共役受容体88を調節することができる化合物、かかる化合物を含む組成物およびGタンパク質共役受容体88の調節方法に関する。 (もっと読む)


41 - 50 / 494