説明

ブリストル−マイヤーズ スクイブ カンパニーにより出願された特許

81 - 90 / 494


本願発明は、哺乳動物(とりわけヒト)の、何らかの原因、限定されないが例えば心血管事象による死のリスクを予防または低減するための方法に関し、該方法はジペプチジルペプチダーゼ4(DPP−IV)阻害剤を該哺乳動物またはヒトに投与することを含む。加えて、本願発明は哺乳動物(とりわけヒト)の致命的でない心筋梗塞および/または致命的でない脳卒中のリスクを予防または低減するための方法に関し、該方法はDPP−IV阻害剤を該哺乳動物またはヒトに投与することを含む。 (もっと読む)


【課題】門脈高血圧、エリトロポイエチンによる処置の二次的高血圧および低レニン高血圧等の高血圧や腎、糸球体および糸球体間質細胞機能に関連する障害及び内毒血症または内毒素性ショック並びに出血性ショックの処置抗虚血剤等の処置に用いる方法、および医薬組成物の提供。
【解決手段】アンギオテンシンおよびエンドセリン・レセプタ拮抗剤を兼ねた新規ビフェニルスルホンアミド化合物、並びに該化合物を高血圧や他の疾患などの症状の処置に用いる方法、および該化合物を含有する医薬組成物。 (もっと読む)


式(I):


(式中、R1、R2およびnは本明細書に記載されている)の一連の新規のα-(N-スルホンアミド)アセトアミド化合物を提供し、それはβ-アミロイドペプチド(β-AP)産生の阻害剤であり、アルツハイマー病および抗-アミロイド活性の影響を受ける他の症状の処置において有用である。
(もっと読む)


本発明は、治療上有効量の(2R)−2−[[(4−クロロフェニル)スルホニル][[2−フルオロ−4−(1,2,4−オキサジアゾール−3−イル)フェニル]メチル]アミノ]−5,5,5−トリフルオロペンタンアミドを投与することを特徴とする頭部外傷、外傷性脳損傷、および/またはボクサー認知症の治療方法を提供する。 (もっと読む)


化合物、該化合物を含有する医薬組成物、該化合物を用いる方法および該化合物を調製するための方法が開示される。より具体的には、本開示は、(i)γ−セクレターゼ酵素の機能;または(ii)β−アミロイドの産生のうちの一方または両方を阻害し得るアルファ−(N−ベンゼンスルホンアミド)シクロアルキル化合物に関する。かかる化合物は、アルツハイマー病およびその他の症状の治療に有用であり得る。代表的な化合物は、下記の式Iを有し、A、RおよびRが本明細書に記載されるものである。
(もっと読む)


本開示は新規重水素化アルファ−(N−スルホンアミド)アセトアミド化合物、それらの組成物、その製造工程、およびアルツハイマー病、頭部外傷、外傷性脳損傷、および/またはボクサー認知症および/または他のβアミロイドペプチドが関連する病態の治療方法を提供する。 (もっと読む)


本開示は、式Iの化合物(それらの塩を含む)、ならびに前記化合物を用いる組成物および方法を提供する。前記化合物は、C型肝炎ウイルス(HCV)に対して活性を有し、HCVによる感染を治療するのに有用であり得る。



(もっと読む)


本開示はC型肝炎ウイルス(HCV)の感染の治療のための化合物、組成物および方法に関連する。かかる化合物を含む医薬組成物およびHCV感染の治療におけるこれらの化合物の使用方法もまた、開示される。 (もっと読む)


【課題】新規なカリウムチャネル機能の阻害薬(特に電位ゲートK+チャネルのKv1サブファミリーの阻害薬、とりわけ超急速に活性化する遅延整流器のK+電流IKurにリンクしたKv1.5阻害薬)の開発。
【解決手段】本発明は、新規シクロアルキル化合物、該化合物を不整脈およびIKur−関連病態の予防や処置に用いる方法、並びに該化合物を含有する医薬組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は式(I):


の化合物、および該化合物を用いる組成物ならびに方法を包含する。化合物はC型肝炎ウィルス(HCV)に対する活性を有し、HCVに感染した患者の治療に有用である。
(もっと読む)


81 - 90 / 494