説明

東芝ITコントロールシステム株式会社により出願された特許

11 - 20 / 107




【課題】高容量のスタック型の電池であっても、電極板の位置ずれを検査できる電池検査装置を提供する。
【解決手段】層をなす複数の四角形の電極板を有する電池1の電極板の相互の位置ずれを検査する電池検査装置であって、対向配置されたX線管2とX線検出器5との間に電池1を位置決めし回転させる位置決め回転機構4と、電池1の複数の回転位置で電極板の角の部分を辺に対して傾斜した方向に透過したX線ビーム3をX線検出器5で検出した透過データを用いて断面像を作成し、その断面像より電極板の相互の位置ずれを検出して良否を判定するデータ処理部6とを有することを特徴とする電池検査装置。 (もっと読む)



【課題】上位層となる伝送路制御方式に依存しない汎用的な方式で初期化やその後の運用や一箇所故障からの復帰を行い、更に、復帰まで短時間に行う。
【解決手段】双方向に通信が可能な二つの通信ポートを備えた二つ以上の伝送局の内でいずれかの隣合う2つの伝送局が終端局となり、いずれかの伝送局が基点となり、それぞれが二つの通信ポートにより伝送路を介して相互をリング状に接続して伝送局相互間で交信を行えるように構成した二重リング・ネットワークにおいて、各伝送局は、隣接する伝送局からフレーム信号が受信されたかどうかを判定し、フレーム信号が受信されないときは、経路確認のための経路確認フレーム信号を隣接の伝送局に送信し、経路確認フレームが隣接の伝送局から返信がないときは、現在の終端局に代わって自局を終端局として設定して、リング状につながり更に先の伝送局へは送達しないようにする。 (もっと読む)




【課題】作業場所で作業を行う際に、作業者による作業内容の指示の表示と作業時間実績の報告を、省スペースにて簡易かつ効率よく実現する作業指示表示及び実績収集システムとその方法を提供する。
【解決手段】サーバ側システム1は、生産管理サーバ11と、電子ペーパサーバ12と、RFID管理サーバ13とからなり、さらに端末側システム2との通信を行なう無線アクセスポイント14と、RFIDリーダライタ15を備える。端末側システム2は、電子ペーパ21と、この電子ペーパ21に設けられた無線受信機22及びRFIDタグ23とから構成される。 (もっと読む)




11 - 20 / 107