説明

東芝ITコントロールシステム株式会社により出願された特許

71 - 80 / 107










【課題】アーチファクトを減少させた断面像を撮影するTR方式のコンピュータ断層撮影装置を提供する。
【解決手段】放射線源10と、被検体を透過した放射線を検出する放射線検出器11と、放射線のファン面に沿って、放射線と交差する方向に複数回の直線移動するように放射線源及び被検体21を相対的に制御するとともに、各直線移動と次の直線移動との間に、回転の停止位置が互いに180°を成す位置からずれるように予め設定して同一方向にステップ回転するように放射線源10及び被検体21を相対的に制御する機構部12と、それぞれの直線移動の移動中に放射線を検出した放射線検出器11が出力する被検体21の透過データを入力し、該透過データから被検体の断面像を生成するデータ処理部15とを有する。 (もっと読む)


【課題】オフセットスキャンと通常スキャンが可能でありながら、再構成方法を同じ再構成法(1種)とすることが可能なコンピュータ断層撮影装置を提供すること。
【解決手段】X線源1と回転テーブル5とX線検出器3とを有し、多数の回転位置でそれぞれX線検出器で検出した透過データから断面像を得るコンピュータ断層撮影装置において、実測された透過データに対応する元のサイノグラム部分に対して、元のサイノグラム部分を回転中心に対して折り返した実測されていない部分を含む再計算部分を設定し、再計算部分の各点に、X線経路が逆向きの実測された透過データを割り当て、再計算部分と元のサイノグラム部分とを重複部分の重み付け加算を伴って合成して、回転中心に対して対称な拡張サイノグラムを発生し、拡張サイノグラムのデータから断面像を再構成する再構成部24を有する。 (もっと読む)


71 - 80 / 107