説明

株式会社NBCメッシュテックにより出願された特許

51 - 59 / 59


【課題】 有機EL素子の製造につき、大気中で容易に、陽極層表面に残存するレジストなどの汚染物質を除去し、かつ、陽極の仕事関数を増加させることが出来、さらには、大気中で洗浄,仕事関数増加,有機化合物層形成についての連続した処理を可能とすることで、工程の簡略化による製造コストの低減や生産効率の向上を実現する。
【解決手段】 少なくとも1層の陽極層2と、該陽極層2上に形成された少なくとも1層の有機化合物層3と、該有機化合物層3上に形成された少なくとも1層の陰極層4とを有する有機EL素子100であって、陽極層2表面をコロナ放電処理することによって、該陽極層表面の仕事関数を4.8eV〜6.0eVの範囲にする。 (もっと読む)


【課題】酸素溶解効率が高く、圧力損失が小さく、且つ、曝気停止中の汚水の逆流を防止することができる散気装置を提供する。
【解決手段】散気面に使用されるメッシュクロス1は、線径が10〜100μmのポリアリレート製のモノフィラメント糸を用いて、100〜1000メッシュで織り上げ、開口の寸法を5〜200μmとしたクロスにより構成される。好ましくは、メッシュクロスを二層により構成する。その場合、背面側に配置される第一層11は、線径が10〜100μmの糸を用いて、100〜1000メッシュで織り上げ、開口の寸法を5〜200μmとしたクロスにより構成される。その上に積層される第二層12は、第一層の繊維と単位断面積あたりの強度が同じ繊維からなり線径が30〜200μmの糸を用いて、10〜200メッシュで織り上げ、開口寸法を50〜800μmとしたクロスにより構成される。 (もっと読む)


【課題】 開口率を向上させることのできるスピーカーグリル用多孔シートの製造方法を提供する。
【解決手段】 複数の孔部を有するシート部材と、鞘部の融点が芯部の融点よりも低い芯鞘構造を有する樹脂製の線状部材で形成されたメッシュ部材とを重ねる第1の工程と、第1の工程後のシート部材及びメッシュ部材に対して、鞘部の融点以上で、かつ芯部の融点よりも低い温度で加熱処理を行う第2の工程と、第1の工程後のシート部材及びメッシュ部材に対して加圧処理を行う第3の工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】発色が難しい小孔が形成された樹脂シートへ、鮮明な画像を簡単に印刷でき、プライマー層などの後加工をしなくとも、耐水性・耐熱性に優れた画像付き樹脂シートの製造方法の提供。
【解決手段】多数の小孔が形成された樹脂シート1の両面を、各々昇華性染料にて画像の形成された一対の転写シート2で挟み、加圧しながら加熱して樹脂シート1の両面に、一対の転写シート2の画像を転写する画像付き樹脂シートの製造方法の提供。 (もっと読む)


本発明は、光触媒粒子を樹脂基体上に、その光触媒機能を損なうことなく、強固に、かつ、長期にわたって使用しても光触媒粒子の脱離や樹脂基体の劣化が発生し難い光触媒体を提供することを目的とする。光触媒粒子がシラン化合物を介して化学結合により基体上に結合してなる光触媒体で、前記シラン化合物を介して化学結合がグラフト重合で、また、前記グラフト重合が放射線グラフト重合であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 近赤外線を遮断する部微粒子が薄膜で、且つ、基体の風合いや光透過性を損なわずに、強固に安定に固定された近赤外線遮断効果に優れた近赤外線遮断用部材を提供する。
【解決手段】 近赤外線を遮断する微粒子が、樹脂からなる基体表面に固定されてなる近赤外線遮断材であって、微粒子の表面が不飽和結合を有するシランモノマーの薄膜が形成され、隣接した前記微粒子の表面に形成された不飽和結合を有するシランモノマーの一部と化学結合し、且つ、基体表面の樹脂と、微粒子の表面に形成された薄膜との一部が化学結合して、基体表面に前記微粒子が積層して化学結合してなる近赤外線遮断用部材であって、無機微粒子の表面に不飽和結合を有するシランモノマーの薄膜が形成され、基体表面の樹脂と微粒子表面に形成された薄膜との一部が化学結合して、樹脂表面と前記薄膜に存在する不飽和結合とを、グラフト重合により化学結合させる。 (もっと読む)


【課題】 電磁波遮蔽性を有する3次元の立体樹脂成型体の製造において、樹脂との一体成型加工が容易で充分な電磁波遮蔽性を有する電磁波遮蔽用編物シートおよびこの電磁波遮蔽用編物シートを用いた立体樹脂成型体を提供する。
【解決手段】 金属線と合繊糸を並列に並べて緯編で編んだ電磁波遮蔽用編物シートとすることにより、合繊糸の持つ弾性により、柔軟性に富み、また編物特有の網目の変形による高い伸縮性を有し、同時に電磁波遮蔽性を有する編物シートを得る。この編物シートの柔軟性および高い伸縮性により3次元の立体樹脂成型体の成型時に一体成型加工が極めて容易になり、複雑な形状の電磁波遮蔽性を有する3次元立体成型物を得ることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】 光が当たらない環境でも有害や有機ガスや部材表面に付着したウィルスやバクテリアなどの微生物を殺菌できる環境浄化用部材を提供することにある。
【解決手段】 天然放射性希有元素鉱物の微粒子が、少なくとも表面が樹脂からなる基体表面に固定されてなる環境浄化用部材であって、微粒子の表面に不飽和結合を有するシランモノマーの薄膜が形成され、基体表面の樹脂と微粒子表面に形成された薄膜との一部が化学結合して、基体表面に微粒子が化学結合されてなる環境浄化用部材無機微粒子が固定されてなる親水性を有する複合部材であって、無機微粒子の表面に不飽和結合を有するシランモノマーの薄膜が形成され、基体表面の樹脂と微粒子表面に形成された薄膜との一部が化学結合して、樹脂表面と薄膜に存在する不飽和結合とを、グラフト重合により化学結合させる。グラフト重合としては放射線グラフト重合を用いるのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 無機微粒子を樹脂基体上に固定してなる親水性を有する複合部材であって、表面の水に対する接触角が10°以下の超親水性を有し、且つ、耐久性と防曇効果に優れた親水性を有する複合部材を提供することにある。
【解決手段】 少なくとも表面が樹脂からなる基体に無機微粒子が固定されてなる親水性を有する複合部材であって、無機微粒子の表面に不飽和結合を有するシランモノマーの薄膜が形成され、基体表面の樹脂と微粒子表面に形成された薄膜との一部が化学結合して、樹脂表面と薄膜に存在する不飽和結合とを、グラフト重合により化学結合させる。グラフト重合としては放射線グラフト重合を用いるのが好ましい。 (もっと読む)


51 - 59 / 59