株式会社NBCメッシュテックにより出願された特許

1 - 10 / 59


【課題】エンベロープの有無に関係なく、また、粒径が小さくても抗ウイルス効果を持つ無機微粒子(抗ウイルス剤)同士が凝集することなく効率良く作用し、抗ウイルス剤と基材との密着性も高いウイルス不活化シートを提供する。
【解決手段】
ウイルス不活化シート100は、シート本体10と、シート本体10にて保持される抗ウイルス剤1とを備える。抗ウイルス剤1は、樹脂からなる母粒子に、一価の銅化合物微粒子および/またはヨウ化物微粒子からなる子粒子が埋め込まれて形成される。 (もっと読む)


【課題】効率よく排ガスを処理し、長期間安定してCOを供給する装置を提供することを目的とする。
【解決手段】処理対象のガスが流れる流路と、前記流路内に配置される、第1の電極と第2の電極と誘電体とを少なくとも備え、前記第1の電極と前記第2の電極の間に電圧を印加して放電を発生させることによりプラズマを発生させるプラズマ発生部と、前記処理対象のガスの反応を促進する触媒であって、前記流路内において前記プラズマ発生部によって発生したプラズマが存在する位置に配置され、無機材料上に固定された金粒子を含む触媒を有する触媒部と、を備えることを特徴とする燃焼排ガス処理ユニット。 (もっと読む)


【課題】エンベロープの有無に関係なく捕集したウイルスを速やかに不活化し、さらに抗ウイルス性を高く維持することの出来る浮遊ウイルス除去ユニットを提供するものである。
【解決手段】ガスに含まれるウイルスを除去するウイルス除去ユニットであって、少なくとも第1の電極と第2の電極と誘電体とを備え、前記第1の電極と前記第2の電極の間に電圧を印加して放電を発生させることによりプラズマを発生させるプラズマ発生部と、前記プラズマ発生部によって発生したプラズマが存在する空間内に配置される、抗ウイルス性を有する粒子を含むウイルス不活化部と、を備えることを特徴とするウイルス除去ユニット。 (もっと読む)


【課題】エンベロープの有無に関係なく、また、脂質やタンパク質の存在下でも付着したウイルスを不活化できる抗ウイルス剤およびそれを用いた部材を提供する。
【解決手段】抗ウイルス剤10は、少なくとも表面が無機材料からなる無機微粒子2と、無機微粒子2表面に固着した金微粒子1と、からなる。 (もっと読む)


【課題】エンベロープの有無に関係なく、また、脂質やタンパク質の存在下でも付着したウイルスを不活化できる抗ウイルス性を有する部材を提供する。
【解決手段】抗ウイルス性を有する部材100は、付着したウイルスを不活化できる部材であって、少なくとも表面の一部が無機材料からなる基体1と、基体1の無機材料部分に固着した金微粒子2と、を含む。 (もっと読む)


【課題】繊維表面等に付着したウイルスを不活化することができ、さらには、繊維に加えられる機械的摩擦に対して抗ウイルス剤が剥離しにくく抗ウイルス効果が持続する、抗ウイルス性を有する繊維を提供する。
【解決手段】抗ウイルス性を有する繊維は、高分子材料によって形成され、付着したウイルスを不活化できる繊維であって、前記繊維中に抗ウイルス剤を含有し、前記抗ウイルス剤を含む高分子材料を紡糸した後、さらに加熱延伸して形成される繊維であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】エンベロープの有無に関係なくウイルスを不活化でき、再分散性に優れ、また人体にも安全性の高い抗ウイルス剤を提供する。
【解決手段】樹脂からなる母粒子に、該母粒子の粒径よりも小さい粒径の子粒子が、該母粒子に埋め込まれて形成される抗ウイルス剤であって、該子粒子はウイルス不活化能を有する一価の銅化合物微粒子および/またはヨウ化物微粒子からなることを特徴とする抗ウイルス剤。 (もっと読む)


【課題】アレルゲンを確実に吸着するアレルゲン吸着性物質を提供する。
【解決手段】アレルゲン吸着性物質は、シランモノマーが表面に結合した無機酸化物微粒子を有効成分として含むことを特徴とする。また、アレルゲン吸着性を有する繊維構造体は、繊維が互いに交絡して形成される繊維構造体本体と、前記繊維構造体本体に保持される、シランモノマーが表面に結合した無機酸化物粒子と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐候性、耐久性に優れた難燃性を有する難燃性部材を提供する。
【解決手段】繊維構造体からなる基材と、ラジカル重合性樹脂とラジカル重合性難燃剤とを含み、前記基材に固定される難燃性樹脂組成物であって、前記ラジカル重合性難燃剤が前記ラジカル重合性樹脂に化学結合している難燃性樹脂組成物と、を備えることを特徴とする (もっと読む)


【課題】振動膜と緩衝部材との摩擦による自己帯電特性を有することにより、高電圧印加装置を必要としない、新たな静電型スピーカを提供することにある。
【解決手段】静電型スピーカは、薄膜状部材からなる振動膜と、前記振動膜に対向して配置される導電性の音響透過性を有する平面電極と、前記振動膜と前記平面電極との間に配置され、前記振動膜とは帯電列上において離れた材料で形成される緩衝部材と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 59