パーカーエンジニアリング株式会社により出願された特許

1 - 10 / 21


【課題】塗装ブースの保守性を向上させる塗料ミスト乾式回収方法及び塗料ミスト乾式回収装置を提供する。
【解決手段】粒状体や粉体を加振し流動化して所定方向へ搬送する振動コンベア6,16に粉体を供給し、塗料ミストを振動コンベア上の流動粉体に接触させて流動粉体に塗料ミストを捕捉させ、塗料ミストに粉体を付着させて粉体よりも大粒径の塗料スラッジとし、振動コンベアの一部を形成する篩18の上を塗料スラッジと塗料ミストに付着していない余剰粉体の混合物を通過させて余剰粉体を振動コンベアから除去し、振動コンベア上に残留した塗料スラッジを回収する。 (もっと読む)


【課題】 小寸法ワーク塗装用の塗装ブースであって、塗料ミスト排出用下降空気流が合理的に配設された塗装ブースを提供する。
【解決手段】 塗装ブースには、塗装ガンが差し向けられる塗装ブース側壁直上にのみ塗料ミスト排出用下降空気吹出口が配設され、前記側壁に沿ってのみ塗料ミスト排出用下降空気流が形成され、前記空気流は高速下降エアカーテンを形成する。 (もっと読む)


【課題】 水性塗料を含む塗装ブース循環水のみならず溶剤系塗料を含む塗装ブース循環水をも処理できる、微生物を利用した塗装ブース循環水の処理方法であって、溶剤系塗料を含む塗装ブース循環水を処理する際に、塗装ブース循環水に凝集剤(非粘着化剤)を別途添加する必要性を生じない、塗装ブース循環水の処理方法を提供する。
【解決手段】 塗料に含まれる有機物成分を分解する微生物であって、バイオサーファクタンントを生成する微生物を、塗装ブース循環水に添加する。 (もっと読む)


【課題】 濃縮装置と、脱水装置とを備える固形物微粒子懸濁液処理装置であって、従来技術に比べて小型化された固形物微粒子懸濁液処理装置を提供する。
【解決手段】 固形物微粒子懸濁液を濃縮する濃縮装置と、汚泥脱水装置と、濃縮装置の底部に沈殿した汚泥を汚泥脱水装置へ搬送する汚泥搬送装置とを備え、濃縮装置は中空糸濾過膜と逆洗装置とを有し、中空糸濾過膜は固形物微粒子懸濁液を吸引して濾過し、逆洗装置は中空糸濾過膜を逆洗して膜表面に付着したスケールを剥落させる。 (もっと読む)


【課題】 スラリー打ち込みポンプとしてエア駆動複式ダイアフラムポンプを備えるフィルタープレスにおいて、当該フィルタープレスの異常であるポンプの吸入弁の閉弁異常、吐出弁の開弁異常をいち早く検知する方法を提供する。
【解決手段】 スラリー打ち込みポンプとしてエア駆動複式ダイアフラムポンプを備えるフィルタープレスの異常検知方法であって、スラリーの込み時に1回の打ち込みに要する時間を逐次計測し、今回の打ち込み時間T1と直前の打ち込み時間T2との比T1/T2の自乗(T1/T2)が1未満の第1所定値以下であれば、ポンプの吸入弁が閉弁不良を起こしており、(T1/T2)が1を超える第2所定値以上であれば、ポンプの吐出弁が開弁不良を起こしていると判断する。 (もっと読む)


【課題】 スラリー打ち込みポンプとして往復動定吐出圧ポンプを備えるフィルタープレスにおいて、目詰まりや破れ等の濾布の異常をいち早く検知する方法を提供する。
【解決手段】 スラリー打ち込みポンプとして往復動定吐出圧ポンプを備えるフィルタープレスの濾布の異常検知方法であって、スラリー打ち込み開始から第1所定時間経過後の第2所定時間内のスラリー打ち込み回数を計測し、当該回数が第1所定値以下である場合に濾布が目詰まりしたと判断する。 (もっと読む)


【課題】 スラリー打ち込みポンプとして往復動定吐出圧ポンプを備えるフィルタープレスにおいて、当該フィルタープレスの異常である濾板からのスラリーの漏れをいち早く検知する方法を提供する。
【解決手段】 スラリー打ち込みポンプとして往復動定吐出圧ポンプを備えるフィルタープレスの異常検知方法であって、濾過作業毎にスラリーの高圧打ち込み開始直後の1回の打ち込みに要する時間を計測し、今回の濾過作業における高圧打ち込み開始直後の打ち込み時間T1と前回の濾過作業における高圧打ち込み開始直後の打ち込み時間T2との比T1/T2が1未満の所定値以下である場合に濾板からスラリーが漏れていると判断する。 (もっと読む)


【課題】 固形物微粒子懸濁液を濃縮する濃縮装置と、濃縮装置の底部に沈殿した汚泥を吸引して汚泥を加圧脱水する汚泥脱水装置とを備える固形物微粒子懸濁液処理装置であって、汚泥脱水装置の濾室内圧が上昇しても、濃縮装置の底部に沈殿した汚泥を汚泥脱水装置が吸引できる固形物微粒子懸濁液処理装置を提供する。
【解決手段】 固形物微粒子懸濁液処理装置は、固形物微粒子懸濁液を濃縮する濃縮装置と、濃縮装置の底部に沈殿した汚泥を流動化させる汚泥流動化装置と、流動化した汚泥を吸引して汚泥を加圧脱水する汚泥脱水装置とを備える。 (もっと読む)


【課題】 濾過膜を用いて、膜厚が数十nmの塗装下地処理被膜を生成する塗装下地処理の後の水洗水から塗装下地処理成分粒子と浮遊固形物とを分離し、塗装下地処理成分粒子を再利用する方法を提供する。
【解決手段】 限外濾過膜を用いて塗装下地処理後水洗水を濃縮液と透過液とに分離し、透過液を塗装下地処理液に再利用する。 (もっと読む)


【課題】 電着液から前処理液への熱の授受が行われないので、エネルギー効率が低いという従来の前処理電着塗装装置の問題を解決し、従来に比べて熱エネルギー効率が向上した前処理電着塗装装置を提供する。
【解決手段】 前処理電着塗装装置は、電着液から前処理液への余剰熱授受装置を備える。余剰熱授受装置が電着液から余剰熱を受け、前処理液に授けることにより、電着液は冷却されて適正温度に維持され、前処理液は加温されて適正温度に維持される。電着液から前処理液への熱の授受が行われるので、本発明に係る前処理電着塗装装置は従来に比べてエネルギー効率が高い。 (もっと読む)


1 - 10 / 21