説明

古河AS株式会社により出願された特許

51 - 60 / 571


【課題】フラットケーブルを接続する際の絶縁を部品点数の増加なしに確実に行うことができる回転コネクタ用の接続具を提供する。
【解決手段】接続具は、回転コネクタ用のフレキシブルフラットケーブルと、モールド体21と、を備える。モールド体21は、フレキシブルフラットケーブルの導線と溶接される複数の細長いバスバー22がインサートモールドされて構成される。モールド体21において、隣り合うバスバー22とバスバー22との間に絶縁壁31が配置される。バスバー22において、当該バスバー22に前記導線が溶接される側の面を溶接側の面41と呼び、それと反対側を向く面を反溶接側の面42と呼ぶときに、絶縁壁31には、溶接側の面41の間から突出する凸部32と、反溶接側の面42の間から突出する突出部33と、が設けられる。凸部32及び突出部33は、バスバー22の長手方向に沿う向きに細長く形成されている。 (もっと読む)


【課題】ノイズ信号のレプリカ信号を生成して受信信号から除去することにより、対象物の情報を高精度に検出することが可能なパルスレーダ装置及びその制御方法を提供する。
【解決手段】パルスレーダ装置100では、高周波送信部110、高周波受信部120等を配置する高周波用基板103と、ベースバンド部130を配置する低周波用基板104との間を、多ピンのコネクタ105を用いて電気的に接続している。ディジタル信号処理部132は、コネクタ105において制御信号がベースバンド信号に与える干渉ノイズ信号や、搬送波が反射されてダウンコンバートされたセルフミキシングノイズからなる不要波のレプリカ信号を作成する。そして、対象物Tの検出時に得られる信号からレプリカ信号を除去する。本実施形態では、2回のレーダ動作でレプリカ信号を作成することができる。 (もっと読む)


【課題】シャント抵抗の本体と端子部材とを別体とした構成において、センシング精度を向上させた構成を提供する。
【解決手段】シャント抵抗器は、抵抗本体と、抵抗本体に対して電気的に接続する端子部材21と、を備える。端子部材21は、抵抗本体に接触する抵抗接続部23と、抵抗接続部23から延伸して設けられる回路接続部24と、を有する。回路接続部24は、スリット27が形成されることにより2分割されている。そして、前記スリット27は、抵抗接続部23の一部まで形成されている。このように、回路接続部24を2分割するスリット27を抵抗接続部23まで形成することにより、2本の回路接続端子22同士が根元部分で繋っていないので、当該回路接続端子22に流れる電流の経路がクロスしない。これにより、2本の回路接続端子22それぞれに流れる電流が安定するので、このシャント抵抗器を用いた電流検出のセンシング精度が向上する。 (もっと読む)


【課題】この発明は、形状及び構造が簡単でありながら、1つの部品にて、ワイヤハーネスを、自動車の車体パネルに対し確実かつ安定して取り付けることができるワイヤハーネス固定具の提供を目的とする。
【解決手段】ワイヤハーネス固定具1の外装保護部材2上に配置した3箇所のアンカー部3を、車体パネルPに形成した3箇所の孔部Paにそれぞれ差し込んで係止することにより、ワイヤハーネスAを車体パネルPに沿って取り付ける。なお、アンカー部3間の公差よりも孔部Pa間の公差が大きい場合、中央部のアンカー部3を外装保護部材2の長手方向Bに可動して、孔部Pa間の公差を吸収することにより、アンカー部3と孔部Paとの位置ずれを小さくすることができる。この結果、ワイヤハーネスAを、自動車の車体パネルPに対し確実かつ安定して取り付けることができる。 (もっと読む)


【課題】
電力を供給するための電線自体から高いインダクタンスを得ることができ、昇圧、高圧回路においてコイルを必要とせず、回路の小型化や省スペース化を図ることができる高インダクタンス電線を提供すること。
【解決手段】
電流を供給する薄い帯状の導体30を、大径の磁性コア20の外周に対してスパイラル状に該導体30が重ならないように巻きつけた高インダクタンス電線10により、電力輸送機能とインダクタの機能を同時に提供することにより、電気自動車等の昇圧回路においてコイル配置スペースを無くしまたは縮小することを可能とした。 (もっと読む)


【課題】送信用アンテナ及び受信用アンテナの放射特性がレドームを載置する金属製筺体の上端部から受ける影響を極力低減した広覆域レーダ装置を提供する。
【解決手段】広覆域レーダ装置100は、基板111と、基板111の相対する両端部に配置された送信用アンテナ112及び受信用アンテナ113と、基板111を載置する支持体114と、を有するアンテナユニット110と、アンテナユニット110を覆うレドーム120と、アンテナユニット110を収納する金属製筺体130と、を備えている。筺体130には、その上端にレドーム120を載置して固定するための溝部133が形成されている。溝部133の上端が、送信用アンテナ112及び受信用アンテナ113を配置した基板111の面より下側となるように形成されている。 (もっと読む)


【課題】部品点数を削減し低コストで実現可能な過電流保護回路を備えた電源供給装置および電源供給方法を提供する。
【解決手段】タイマ回路6は、比較回路5から出力される過電流信号Scを所定時間連続して受信した時、遮断信号Sを出力する。制御回路7は、タイマ回路6から出力される遮断信号Sを入力すると、チャージポンプ回路8への制御信号の出力を停止する。これにより、スイッチング素子1のゲート端子への電圧印加がなくなり、スイッチング素子1が遮断される。 (もっと読む)


【課題】信号線の配線が簡単で、単純な処理によって車両の状態を推定すること。
【解決手段】車両の状態を推定する車両状態推定装置10において、車両に搭載された二次電池1の電圧を検出する電圧センサ10gと、二次電池の充放電電流を検出する電流センサ10hと、電圧センサによって検出された二次電池の電圧が第1閾値未満であるとともに電圧の変動幅が第2閾値未満であり、電流センサによって検出された二次電池に流れる電流の変動幅が第3閾値未満である場合には、車両のエンジンが停止中であると判定し、それ以外の場合には動作中と判定する判定手段(CPU10a)と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】この発明は、温度変化が大きい環境下において使用した場合であっても、雌型端子と雄型端子との接触部分における微摺動摩耗の発生を防止することができる多極コネクタの提供を目的とする。
【解決手段】多極コネクタ1の多極雌コネクタ1Aと多極雄コネクタ1Bを対で嵌合して、多極雌コネクタ1A側に配置した雌型端子4Aaの接点部4Ac間に、多極雄コネクタ1B側に配置した雄型端子5Baの一端側接続部5Caを挟み込んで接続した際、雌型端子4Aaと雄型端子5Baの接触部分が多極雌コネクタ1Aの長手方向(X方向)に向くことになる。このため、合成樹脂製のコネクタハウジング2Aが熱の影響を受けて長手方向(X方向)に熱膨張により変位しても、雌型端子4Aaと雄型端子5Baとの接触部分が押し付けられる方向に接触圧が強く働くので、雌型端子4Aaと雄型端子5Baとの接触部分における微摺動摩耗の発生を防止することができる。 (もっと読む)


【課題】誤差の少ない角度変換テーブルを作成すること。
【解決手段】レーダ装置10の角度特性測定方法において、レーダ装置10から送信される信号を受信する受信アンテナ200と、受信アンテナ200によって受信した信号をレーダ装置10に向けて送信する送信アンテナ210を配置し、受信アンテナ200をレーダ装置10の正面方向に常に位置させるとともに、送信アンテナ210と正面方向との間の角度θが所定の範囲で変化するように、受信アンテナ200、送信アンテナ210、および、レーダ装置10の相対的な位置関係を調整し、角度θを変化させながらレーダ装置10から信号を送信し、受信アンテナ200で受信されて送信アンテナ210から送信された信号をレーダ装置10で受信して受信信号の変化を測定することで前記角度特性を測定する。 (もっと読む)


51 - 60 / 571