説明

株式会社ナガオカにより出願された特許

1 - 5 / 5


【課題】軽量で取り扱い易く、また製造性や耐食性にも優れた合成樹脂製でありながら、管本体と継手との接合強度を高めて、強度面での信頼性も向上したスクリーン管を提供する。
【解決手段】このスクリーン管1は、合成樹脂製の管本体2と、合成樹脂製の雄継手3及び雌継手4とを備え、管本体2は、管周方向に間隔をあけながら、管軸方向に沿って配された複数本の直線ロッド10・・と、管軸方向に間隔をあけながら、複数本の直線ロッド10・・の外周に沿って螺旋巻回された通水スリット形成用の複数条の螺旋ワイヤー11・・とからなり、管本体2の両端を管径方向に沿って切断することによって露出した複数本の直線ロッド10・・及び複数条の螺旋ワイヤー11・・の切断面10a、11a・・を、雄継手3及び雌継手4の管径方向に沿った端面21a、31aに突き合わせながら熱融着している。 (もっと読む)


【課題】水流入を防止しつつ容易に集水トンネルを構築できるとともにトンネル構築後におけるセグメント通水部分の目詰まりが生じ難い集水セグメント及びこのセグメントを用いる集水トンネル構築方法を提供する。
【解決手段】地中に非開削工法により集水トンネルTを構築するための集水セグメント1。セグメント1は、基体11と、基体の通水スリット111sの目詰まり抑制のために基体外面側に配置された石粒層10と、石粒層10を基体11に固定するとともにセグメント1を通る基体11内側への通水を阻止するように石粒層10及び基体11に充填された水分解性樹脂15とを含む。この集水セグメント1を用いて非開削工法(例えばシールド工法)により集水トンネル前駆体T’を構築し、前駆体T’のセグメント1における水分解性樹脂15を水分解させて集水トンネルTを得る。 (もっと読む)


【課題】汚染水を従来より全体的に簡単、確実に曝気して揮発性有機化合物を揮発脱離させることができ、ランニングコストを低く抑えることができる汚染水曝気装置及びそれを用いたランニングコストを低く抑えることができる汚染水処理装置を提供する。
【解決手段】汚染水吸引吐出用ポンプ11と、ポンプ11からの汚染水W1を曝気しつつ気水混合水として放出する曝気ノズル41と、ノズル41からの気水混合水を受け入れ、それから放出される揮発性有機化合物(VOC)ガスを保持する気水分離室2とを含んでおり、気水分離室2は、ノズル41からの放出水を受け入れる水槽部22及びその上方のガス保持空間部23を含んでいる汚染水曝気装置10及び装置10にVOCガス除去装置5及び装置5へガス保持空間部23のガスを引き込み通過させるブロア6を組み合わせた汚染水処理装置A。 (もっと読む)


【課題】高分子凝集剤などの薬剤を使用することがなく、設備費とランニングコストとを大きく軽減することができる安価な汚水処理装置を提供する。また、高BODの汚水に対応することができ、分離排出された有機汚れの固形分を廃棄しても環境に対する悪影響が少ない汚水処理装置を提供する。
【解決手段】有機物で汚染された汚水2を貯留する汚水処理槽3と、この汚水処理槽3に貯留された汚水2の中に気泡2aを噴出させる気泡発生手段4と、汚水2の表面2eに浮上した気泡2aに随伴する有機汚れ2bを汚水2の表面2eから分離する気泡分離手段5とを備えた。 (もっと読む)


【課題】スクリーンの連結に溶接作業を不要とし、スクリーンの連結施工費用を大幅に抑えることができ、さらにスクリーン有効長の損失を抑えることができるスクリーン及びその連結構造を提供することを目的とする。
【解決手段】複数の棒状部材が互いに所定間隔を有して略円筒状をなすように円周方向に配列される棒状部材配列部と、前記棒状部材配列部の径方向外側にワイヤー部材が前記棒状部材の長手方向に所定間隔有するように巻回されて前記棒状部材に固定される円環状部とを備えたスクリーンにおいて、少なくとも一方の前記棒状部材配列部の長手方向端部には、棒状部材配列部の軸心を中心とするネジ溝構成部が棒状部材配列部の径方向内側に形成されていることを特徴とするスクリーン。 (もっと読む)


1 - 5 / 5