説明

イェール ユニバーシティーにより出願された特許

1 - 10 / 38






【課題】初期段階または進行段階の卵巣癌を診断するために用いることのできる試験方法。
【解決手段】特許請求される発明は、癌を診断するか、または癌の診断を助ける方法を記載する。請求された方法は、癌の被験体と健康な被験体との区別に特に適合したバイオマーカーの同定に基づく。これらのバイオマーカーは本明細書中に記載の独自で新規なスクリーニング方法を用いて同定された。本明細書中で同定されたバイオマーカーは癌の予後診断とモニタリングに用いることもできる。本発明は、卵巣癌の診断、予後診断およびモニタリングのための、レプチン、プロラクチン、OPNおよびIGF−IIの使用を含む。 (もっと読む)







1 - 10 / 38