説明

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモにより出願された特許

5,791 - 5,800 / 5,876


小型スピーカにおいて電気−音響変換の歪を補償するために、オーディオ信号源とスピーカとの間に配置された予歪フィルタに信号が通される。スピーカの非線形歪を補償するために、ヴォルテラをベースとする予歪フィルタが一般に使用される。高い再生レベルにおいて、ヴォルテラの予めの逆状態では、知覚し得る質が改善されないことがある。ヴォルテラモデルの厳密な逆状態をベースとする適応予補償装置が提供される。この技術は、スピーカの入力と補償された出力との間の瞬時エラーを最小にするように予補償装置のパラメータを調整する。厳密な逆状態は、高い再生レベルにおいて、知覚し得るより高い質を生じさせる優れた性能を有する。 (もっと読む)




ゾーンベースのピアツーピア・ネットワークにおけるコンテンツ配信を改善するために本発明にしたがって、ピアツーピア・ネットワークのピアノードのために特有のピアグループを確立することが提案されている。それからピアツーピア・オーバーレイ・ネットワーク・トポロジーに関する知識と前記特有のピアグループ内で利用可能なコンテンツに関する知識とを使用して、前記特有のピアグループにおけるピアノードに関して、コンテンツ探索のためのプロアクティブ経路選択が実行され得る。そうでなくて、前記特有のピアグループ内でコンテンツが利用可能でなければ、前記特有のピアグループの外側にあるピアノードを介してコンテンツ探索および配信のためにリアクティブ経路選択が適用され得る。
(もっと読む)


知識ベースのコンテキストアウェアアプリケーションが、適切な情報交換により、環境状態解析から利益を得ることを可能にするために、動的なランタイム動作を有するコンテキストアウェアアプリケーションを支援する環境状態解析の方法を提案する。環境状態解析の基礎となるものは、複数の部分空間を含む1つの空間内の空間のグループとして環境を表現するコンテキスト空間である。この部分空間はさらに複数の部分空間を含む。本発明によれば、このような空間ベースの包含関係を用いて、ユーザ対話のための擬似自然言語を用いてコンテキスト取得中に入出力処理を実行することを提案する。
(もっと読む)



ウィーバを用いてベースシステムへとウィービングされるべきアスペクトを実行するアスペクトシステムを含むアスペクト指向プログラミング環境におけるベースシステム内の変化に適応する方法であって、前記ベースシステム内のある変化に応じて、前記ベースシステム内の前記変化の重要性を評価するステップと、前記評価により前記変化に重要性があると判明した場合、前記変化を補償するために適応動作を行うステップとを含む方法である。
(もっと読む)





5,791 - 5,800 / 5,876