説明

キヤノン化成株式会社により出願された特許

31 - 40 / 640


【課題】本発明は、高温高湿下での圧縮永久歪、及びトナー掻き取り性に優れたトナー供給ローラおよびその製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】芯金と、該芯金の周りにポリウレタンフォーム層とを有するトナー供給ローラであって、該ポリウレタンフォーム層の赤外吸収スペクトルは、ウレタン結合に起因する波数1720cm-1における吸光度をaとし、ウレア結合に起因する波数1650cm-1における吸光度bをとした場合、該ポリウレタンフォーム層の最表面から深さ450μm以内の表面側の深度部位において、a/b<1.0であり、かつ、ポリウレタンフォーム層の最表面から深さ450μmよりも深い該芯金側の深度部位において、a/b>1.0であることを特徴とするトナー供給ローラ。およびその製造方法。 (もっと読む)


【課題】導電性支持体上に少なくとも被覆層を有する電子写真用帯電ローラにおいて、該被覆層が連続して形成される際に、塗工液の経時変化があっても、得られるローラの抵抗値の変動が少ない、塗工工程の経時安定性が向上している帯電ローラを提供する。
【解決手段】被覆層が、バインダがポリオールとイソシアネートよりなるポリウレタン樹脂であり、該ポリウレタン樹脂バインダ100質量部に対して導電性微粒子1質量部以上80質量部以下を含み、該導電性微粒子100質量部に対してフタロシアニン化合物1質量部以上100質量部以下及びアクリル系高分子分散剤1質量部以上100質量部以下を含有し、かつ該導電性微粒子が体積平均分散粒子径20nm以上200nm以下のものとする。 (もっと読む)


【課題】バリの除去が容易であり、かつ、バリが所定の位置以外の位置に残留することのない成形金型を実現する。
【解決手段】円筒状の金型本体2と、金型本体2の両端の開口をそれぞれ閉塞してキャビティ5を形成すると共に、キャビティ5に配置された軸体4を保持する一対の駒1、3とを有するゴムローラ成形金型であって、一対の駒2、3のそれぞれは、金型本体2の開口の内側に挿入される嵌合部1a、3aと、嵌合部1a、3aの後端に連設され、金型本体2の開口の外側に配置されるフランジ部1b、3bとを有し、一方の駒1の側面には、嵌合部1aとフランジ部1bとに跨る液溜り部6と、液溜り部6をキャビティ5に連通させる溝7とが形成され、溝7と液溜り部6との間には垂直な段差8が設けられている。 (もっと読む)


【課題】ポリウレタンフォーム層の表面セルが安定して開口し、被圧接面への摺擦力(摩擦力)が小さい画像形成装置用ローラを製造できる画像形成装置用ローラの製造方法を提供する。
【解決手段】筒状金型に芯金を支持する下駒と上駒を有してなる成形金型を用いる、該芯金上にポリウレタンフォーム層を有する画像形成装置用ローラの製造方法において、該筒状金型には、内面に研削加工による加工筋を、該筒状金型の長手方向となす角度が80°以上90°未満であるように設け、かつ、該加工筋に沿ったRzJISを5.0μm未満とし、該筒状金型内面の長手方向のRzJISを8.0μm以上16.0μm未満とする。なお、本方法で製造される画像形成装置用ローラは、トナー供給ローラとして好適なものである。 (もっと読む)


【課題】本発明は、当接部を低摩擦化すると共に、当接部とブレード部材との接着力を向上することにより、より耐久性に優れた電子写真装置用ブレードを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、相手部材と当接する当接部を有するブレード部材と、該ブレード部材を保持する支持部材と、を有する電子写真装置用ブレードであって、前記当接部は前記ブレード部材とは異なる材料からなり、前記当接部の当接面は前記ブレード部材の表面よりも静摩擦係数が小さく、前記当接部の前記ブレード部材と接する接着面は、中心線平均粗さRaが0.5〜10.0μmであることを特徴とする電子写真装置用ブレードである。 (もっと読む)


【課題】硬化時間の速いポリウレタン組成物を用い高品質な電子写真装置用ブレード部材を連続的に成型する製造方法及び製造装置を提供する。
【解決手段】外周面に連続した成型用溝を形成した成型ドラムとエンドレスベルトを用いる電子写真装置用ブレード部材製造方法において、電子写真装置用ブレード部材が粘度が500〜3000mPa・sであるA)〜D)を含むポリウレタン組成物を硬化したポリウレタン樹脂であり、組成物の注入点は成型ドラムとエンドレスベルトが初めに接触する部分からエンドレスベルトの移動方向に対して上流側のエンドレスベルト上の成型用溝に対向する位置にある方法。A)ポリイソシアネートB)数平均分子量が1000〜4000のアジペート系ポリエステルポリオールC)分子量200以下の鎖延長剤D)イソシアヌレート化触媒20〜500ppm、ウレタン化触媒200〜1500ppm。 (もっと読む)


【課題】液状ゴム材料の飛散を抑制可能な定量装置を提供する。
【解決手段】定量装置10は、吐出口7aから下方に連続的に吐出された液状ゴム材料20を、吐出口7aの下方にある金型に定量する。また、定量装置10は、吐出口7aから金型への液状ゴム材料20の軌道内にある位置と、当該位置よりも下方にあり、液状ゴム材料20の軌道外にある位置と、の間を直進移動可能なロール1を有する。また、定量装置10は、ロール1を、液状ゴム材料20の軌道がロール1の表面と接する位置におけるロール1の表面の回転方向が重力方向とは反対方向になるように回転駆動させる駆動手段を有する。 (もっと読む)


【課題】製造条件のばらつきなどによって変動してしまう導電性弾性層および被覆層の抵抗によらず、導電性ローラ表面に残留電荷を軽減する機能を有し、かつ高品質な画像を得られる電子写真用導電性ローラおよびその製造方法を提供すること。
【解決手段】金属製の軸芯体と、該軸芯体の外周に少なくとも1層の導電性弾性層と、該少なくとも1層の導電性弾性層のうちの最も表面側の導電性弾性層より表面側に被覆層とを有する導電性ローラであって、該最も表面側の導電性弾性層の上に、界面活性剤のみからなる薄膜を有し、該薄膜上に、該被覆層を有することを特徴とする導電性ローラ。および導電性ローラの製造方法。 (もっと読む)


【課題】混合が容易で、物性が安定した脂肪族ポリウレア樹脂組成物および機械的強度、硬度が優れた脂肪族ポリウレア樹脂を提供する。
【解決手段】下記の(a)成分と(b)成分とからなる脂肪族ポリウレア樹脂組成物:
(a)1,6−ヘキサメチレンジイソシアネート骨格を末端に有するイソシアネート化合物と水添ビスフェノールAとの反応生成物(a−1)5〜80質量%と脂肪族プレポリマー(a−2)とを少なくとも含む脂肪族ポリイソシアネート、(b)少なくとも第2級脂肪族ジアミン(b−1)を含む脂肪族ポリアミン。前記樹脂組成物を硬化反応させて得られる、JIS D 硬度が50〜80であり、かつ引張強度が15Mpa以上である脂肪族ポリウレア樹脂。 (もっと読む)


【課題】複写機・レーザビームプリンタ等の電子写真プロセスに使用される、特にフルカラー用画像形成装置の中間転写ベルトの内側に用いられる、トナーの再転写や転写抜けなどの画像不良を低減できる転写ローラを提供する。
【解決手段】導電性軸体の外周上に少なくとも2層の導電性発泡ゴム層を有する転写ローラであって、最外層の発泡ゴム平均セル径が10μm以上100μm未満であり、内層の発泡ゴム平均セル径が100μm以上500μm以下であり、かつ、23℃/55RH%環境下におけるローラの抵抗値Rx[Ω]が、LogRxで5.6以上7.0以下であり、内層の抵抗値Ry[Ω]が、LogRyで5.0以上7.0以下であること。 (もっと読む)


31 - 40 / 640