説明

キヤノン化成株式会社により出願された特許

71 - 80 / 640


【課題】本発明は、内外径の縦横比が小さく、内径の寸法が安定しており、セル分布が均一で、周方向の硬度ムラ、抵抗ムラの無い導電性ゴムローラーの製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の方法は、特定の未加硫ゴム組成物のチューブをマイクロ波加硫装置内で、ゴム押出し装置から連続して押出す押出し工程と、該未加硫ゴム組成物チューブを所定の速度で搬送中に、マイクロ波を照射する区域の長さが4m以下のマイクロ波照射装置を用い、発泡・加硫して成形する工程とを含む。発泡・加硫して成形された発泡ゴムチューブの内径は、該導電性ゴムローラーの長手方向全域で、該導電性芯材の外径寸法に対して20〜35%小さく、該発泡ゴムチューブを該導電性芯材に接着剤を使用せずに圧入する。 (もっと読む)


【課題】ポリウレタンフォームの表面層が、高温高湿下でも圧縮永久歪が小さく、低温低湿下でも低ヒステリシスロス率で、環境変動から受ける影響を緩和し安定した画像形成を行うことができるトナー供給ローラーを提供する。
【解決手段】ポリオールとポリイソシアネートとイオン導電性付与剤とを含有する組成物を発泡、硬化して得られるポリウレタンフォームからなる表面層を有するトナー供給ローラーである。ポリオールは、総不飽和度が0.050meq/g以下であり、且つ、質量平均分子量が4500以上、8000以下であるポリエーテルポリオールを全ポリオール100質量部に対して50質量部以上含有する。イオン導電性付与剤は、アニオン成分として(CF3SO22N基を含有する。 (もっと読む)


【課題】導電性弾性体層が低硬度であり耐圧縮永久歪性に優れかつ導電性弾性体層からのブリードによる汚染や導電性変化が抑制された電子写真装置用導電性ゴムローラを提供する。
【解決手段】芯金外周上に導電性弾性層と導電性機能層を有する電子写真装置用導電性ローラにおいて、該導電性弾性層がエチレン−プロピレン−ジエン共重合ゴム(A)100質量部に対して、液状エチレン−プロピレン共重合体(B)20〜100質量部、硫黄0.1〜4質量部、カーボンブラック10〜100質量部を含有するゴム組成物を加硫してなることを特徴とする。
(A)エチレン含量=60〜73モル%、Mw/Mn<4、135℃デカリン中での極限粘度[η]=2.7〜5.0dl/g、ヨウ素価=10〜40
(B)ジエン成分を含まず、エチレン含量=50〜78モル%、135℃デカリン中での極限粘度[η]=0.2〜0.4dl/g (もっと読む)


【課題】トナー供給ローラ用成形型の成形面に固着したウレタンやワックス系離型剤残渣を簡単に除去することができるトナー供給ローラ用成形型の洗浄方法を提供すること。
【解決手段】芯金を把持する部位を有する少なくとも1つの駒と該駒により封印される内部円形状を有するパイプ状の成形型からなり、該芯金外周にポリエーテルポリオールとイソシアネートを主成分として得られるウレタンフォーム層を形成してなるトナー供給ローラを製造するために該内部円筒状部分にワックス系離型剤を塗布して使用するトナー供給ローラ用成形型を洗浄する方法において、(1)40℃以上100℃以下の水(H2O)を用いて、少なくとも該成形型の内面を洗浄する工程と、(2)少なくとも該内面を風乾するエアーブロー工程と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、当接圧に影響を与える接着剤はみ出し量のバラツキを長手方向に渡り制御することで、従来よりも均一な当接圧とトナーの取込を実現でき、濃度ムラの無い画像を得ることができる現像剤量規制ブレードを提供することである。
【解決手段】本発明は、現像剤担持体に当接するブレード部材と該ブレード部材を支持する支持部材が接着部材により接着されている構成の現像剤量規制ブレードであって、該現像剤規制ブレードは、該支持部材端面の接着剤側に窪み空間を有し、該空間は該接着部材の余剰分を該端面より概略はみ出させない大きさを有することを特徴とする現像剤量規制ブレードである。 (もっと読む)


【課題】板状体のエッジ部の欠陥を検出することができる板状体の欠陥検出方法及び欠陥検出装置を提供することを目的とする。
【解決手段】欠陥検出方法は、板状体11の出射面12側から撮像して得られた画像をデジタル処理することで板状体11の欠陥を検出する。板状体11の出射面12に隣接している入射面13に、板状体11の内部を透過した透過光が入射面13から出射されるように光を照射し、透過光を結像させることにより板状体11の画像を得る。 (もっと読む)


【課題】発泡体ローラーの表面の開口穴の数のばらつきを検出することができる発泡体ローラーの表面の欠陥検出方法を提供する。
【解決手段】欠陥検出方法は、発泡体ローラー1の表面を撮像した画像をデジタル処理することで発泡体ローラー1の表面における開口穴の数のばらつきを検出する。画像を複数の領域に等分し、各領域内に映し出された開口穴の数をカウントし、各領域内における開口穴の数を比較することにより、発泡体ローラー1の表面における開口穴の数のばらつきが許容範囲内であるか否かを判別する。 (もっと読む)


【課題】本発明の電子写真装置用クリーニングブレードは、成型時の切断または感光体との摺擦によるエッジ部の欠損が少ないクリーニングブレードを提供する。
【解決手段】本発明は、ポリウレタンエラストマーからなる弾性ブレード部材を有する電子写真装置用クリーニングブレードであって、前記ポリウレタンエラストマーが、少なくとも下記(A)から(D)を含有することを特徴とする電子写真装置用クリーニングブレードである。
(A)ポリイソシアネート
(B)酸価が2.00mgKOH/g以下のポリエステルポリオール
(C)分子量200以下のポリオールからなる鎖延長剤
(D)ポリウレタン硬化用触媒 (もっと読む)


【課題】キャビティを形成する部材間の接触面への材料付着を低減でき、長期にわたりキャビティ内面の離型膜状態を維持できる弾性ローラの成形金型を提供する。
【解決手段】内面に離型膜を有するキャビティ5が形成された、弾性ローラの成形金型1において、中空の円筒状に形成されたパイプ金型2と、パイプ金型2の上端部を閉鎖するように設けられた上駒3と、上端部が開口した円筒状に形成され、パイプ金型2の下端部に設けられた下駒4とを有し、キャビティ5が、パイプ金型2と上駒3と下駒4とにより形成され、パイプ金型2の上端部内周面と上駒の外周面との間、およびパイプ金型の下端部外周面と下駒の上端部内周面との間には、それぞれ気密な接触面6a、6bが形成され、各接触面6a、6bに沿って各接触面6a、6bに隣接する領域には、キャビティ5に開口し、内面に離型膜を有する空間7a、7bが形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ゴム混練時のロール作業性に優れ、環境変化等による導電性ゴムローラの電気抵抗の変化が小さく均一かつ通電耐久性に優れ、また低硬度かつ発泡セルの表面凹凸が少ない導電性ゴムローラを提供する。
【解決手段】導電性芯材上にゴム層を有する導電性ゴムローラにおいて、該ゴム層が化学発泡され硬さがアスカーC硬度で25〜45度であり、該ゴム層のゴム成分がアリルグリシジルエーテル単位を3〜10モル%含むエピクロルヒドリン−アリルグリシジルエーテル共重合体10〜70質量部及びアリルグリシジルエーテル単位を3〜10モル%含むエピクロルヒドリン−エチレンオキサイド−アリルグリシジルエーテル3元共重合体30〜90質量部の混合物であり、該ゴム層が充填剤として少なくとも炭酸カルシウムを該ゴム成分100質量部に対し40〜100質量部かつ全充填剤量の70質量%以上含む導電性ゴムローラ。 (もっと読む)


71 - 80 / 640