説明

株式会社オートネットワーク技術研究所により出願された特許

1,661 - 1,670 / 2,668


【課題】複数の設定種別に対する設定を少ない操作数にて行わせることができると共に、より操作性の良い操作装置を提供する。
【解決手段】
設定可能な複数の選択肢を夫々有する複数の設定種別について設定を行うことができる機器に対して、各設定種別の選択肢の選択による設定操作を受け付ける操作装置において、回転操作を受け付ける回転操作手段1の画像を表示するディスプレイ4に、複数の設定種別及び各設定種別の複数の選択肢を回転操作手段1の回転方向に沿って画像に関連付けて表示し、回転操作手段1の回転操作に応じて複数の選択肢のうち一の選択肢を選択表示して、確定スイッチ3の操作により選択表示された選択肢の選択を確定することにより、複数の設定種別に対する設定を少ない操作数にて行わせることができると共に、操作装置の操作性を向上することができる。 (もっと読む)


【課題】受信したメッセージのうちエラーメッセージを検出した場合は中継を停止するよう中継方式を切り替える。
【解決手段】ECU30が接続された複数のバス31と接続され、ECU間でのメッセージの送受信を中継する車載用の中継接続ユニット10であって、メッセージの中継方式をカットスルー方式とストア&フォワード方式を切り替える中継処理部11と、受信したメッセージからエラーメッセージを検出する受信エラーカウンタ部12を備え、中継処理部11は、ECUが周期的に送信するメッセージのうち最大送信周期のメッセージの1周期内で受信エラーカウンタ部でエラーメッセージを検出した場合をエラー周期とし、該エラー周期の連続回数を予め定めた上限閾値と比較するエラー監視部11aを備え、エラー周期の連続回数が上限閾値以上になるとメッセージの中継方式をカットスルー方式からストア&フォワード方式に切り替える。 (もっと読む)


【課題】スタッドまたは導体の直径が小さくても適切な溶接を行うことができるスタッドボルトおよび細線付き導体ならびにスタッド溶接方法を提供する。
【解決手段】スタッドボルト10は、ボルト部12と、ボルト部12に延出するスタッド部14と、スタッド部14に延出して溶接される細線16とを有する。スタッド部14の直径R2が3mm以下であり、細線16の直径R3が1mm以下である。細線16は、溶接によってスタッド部14に固着される。スタッド溶接するとき、細線16の直径R3は、好ましくは、0.2mm以下である。また、細線16の先端と溶接される相手部材の間のギャップを0.2〜2mmに設定して溶接サイクルを開始する。 (もっと読む)


【課題】車載バッテリがエンジンのスタータを始動させることができるか否かを正確に予測することが可能な始動性予測装置の提供。
【解決手段】計測した電圧値及び電流値に基づき、車載バッテリ1の電圧電流特性式を算出する算出手段15と、エンジンの始動装置10の電圧電流特性を記憶する記憶手段13と、車載バッテリの電圧電流特性式、及び始動装置10の電圧電流特性に基づき、エンジンが始動可能であるか否かを予測する予測手段14とを備える始動性予測装置。車載バッテリ1が充電中であるか否かを判定する手段15と、判定する手段15が充電中でないと判定したときに、車載バッテリ1をパルス放電させる放電手段4と、車載バッテリ1をパルス放電させる為の負荷5とを備え、放電手段4が車載バッテリ1をパルス放電させているときに、車載バッテリ1の電圧値及び電流値を計測する構成である。 (もっと読む)


【課題】エラーフレームを送信しているECUが存在し通信異常となっているバスを検出すると共に、該バスに接続されたメッセージフレームの送信周期が異常であるECUを特定する情報処理装置を提供する。
【解決手段】多重通信用のバス12を介して接続された複数の電子制御ユニット11を中継接続ユニット20を介して接続し、該中継接続ユニット20で前記電子制御ユニット11の通信を中継している車載用の多重通信装置10であって、中継接続ユニット20は通信異常の検出手段として、バス12を介して電子制御ユニットから受信するメッセージフレームmの数を、各メッセージフレームに付されたID(識別子)毎にカウントするカウンタ21bと、カウンタ21bでのカウント数を予め設定した単位時間あたりの基準値と比較してメッセージフレームが通信異常であると判定するカウンタ値チェック手段22bとを備えていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ドレン線の止水箇所をスリム化する。
【解決手段】シールド線先端の皮剥ぎ端からドレン線とコア線を外部に引き出し、前記ドレン線の前記皮剥ぎ端側にホットメルトチューブを被せると共に、先端側に非防水熱収縮チューブを被せ、さらに、少なくとも前記非防水熱収縮チューブの後端から前記ホットメルトチューブの後端にかけて防水熱収縮チューブを被せ、その後、加熱処理して、前記非防水熱収縮チューブと防水熱収縮チューブを加熱収縮すると共に、前記ホットメルトチューブを溶融させたホットメルトを前記ドレン線の素線間に浸透させて充填する。 (もっと読む)


【課題】車載バッテリがエンジンを始動させることができるか否かを正確に予測することが可能な始動性予測装置の提供。
【解決手段】計測した車載バッテリ1の電圧値及び電流値に基づき、車載バッテリ1の電圧電流特性を算出する手段15と、算出した電圧電流特性に基づき、エンジンが始動可能であるか否かを予測する予測手段14とを備える始動性予測装置。車載バッテリ1が充電中でないときに、車載バッテリ1の電圧値及び電流値を計測する。予測手段14は、予め定められたエンジンの始動時の始動電流値を、車載バッテリ1の電圧電流特性に適用したときの電圧値を算出する手段14と、算出した電圧値が第1電圧値より低いか否かを判定する判定手段14とを備え、第1電圧値より低いと判定したときに、エンジンが始動不能であると予測する構成である。 (もっと読む)


【課題】更なる小型化が可能なコネクタを提供すること。
【解決手段】筒状のメス型端子31と、このメス型端子31に挿入されて電気的接続が行われるオス型端子21を備えたコネクタ10において、オス型端子21がメス型端子31の筒状部31aの内壁に接圧される弾性接触部21bを備えているので、メス型端子を簡易な形状にすることができる。これにより、メス型端子の小型化が可能になり、その結果、コネクタ全体としての小型化が可能になる。 (もっと読む)


【課題】両端子金具間の摩耗を確実に防ぐことができるコネクタを提供する。
【解決手段】本発明のコネクタは互いに嵌合可能なコネクタF,Mを備え、雌コネクタFには、両コネクタF,Mの嵌合方向に貫通するキャビティ13を有する雌ハウジング10と、キャビティ13内に挿入された雌端子金具40と、雌端子金具40の後部に接続されたワイヤハーネスWとキャビティ13の内周面との間をシールするシール部材90と、雌端子金具40に設けられ、雄コネクタMに設けられた雄端子金具70と嵌合方向に突き当て可能な突当部44と、雌ハウジング10の後部にシール部材90を介して雌端子金具40を前方に付勢した状態で装着され、両コネクタF,Mの嵌合状態において雄端子金具70と突当部44とを当接状態に保持する保持部材100とを備える。 (もっと読む)


【課題】差動信号による伝送システムの1本の伝送線が断線しても、残りの伝送線を用いて信号の送受信を行う。
【解決手段】差動信号を伝送する車載用信号伝送システム10おいて、レシーバ20内の回路として、伝送回路21、中継回路22、2本の選択回路23、1本の受信回路24、アース回路25を備え、中継回路22と選択回路23間に介在させる選択スイッチ32と、伝送回路21に介在させる断線検知用の電圧レベル検知器30と、アース回路25に介在させ電圧レベル検知器30で断線が検知された時に閉じる開閉スイッチ31と、2本の伝送回路と中継回路との間に介在させ差動信号の電位差を求めて中継回路に出力する出力アンプ34と、1本の選択回路23に介設した電圧2倍増幅器33を備え、断線が検知された時に選択スイッチを電圧2倍増幅器を備えた増幅回路27と接続させる構成としている。 (もっと読む)


1,661 - 1,670 / 2,668