説明

株式会社オートネットワーク技術研究所により出願された特許

2,621 - 2,630 / 2,668


【課題】配線効率を可及的に高めつつ、給電線や信号線等の破断や短絡の対策をする。
【解決手段】所定の位置に配置された各種モジュールに沿ってループ状の給電線23を配線する。配線効率を高め得、且つ給電線23の異常状態に応じて動的に切断部位を制御できる。ノードとなる全ての電源制御装置21a〜21dが対等に動作して給電線23上の異常部位の検出等を同レベルで行うことで、各電源制御装置21a〜21d内の動作負荷を低減でき、分散処理により安全性に優れた車内電源ネットワークシステムを提供できる。異常状態にないときには、給電線23のいずれか一の部位のみを遮断することで、耐ノイズ性を上げるとともに、環流電流を防ぐ。 (もっと読む)


【課題】車載ネットワークの通信方式等の変更やバージョンアップについて柔軟性を持たせ、各電装モジュール等の処理についての負荷を軽減する。
【解決手段】車載ネットワーク71の通信方式の制御を通信制御機能付きコネクタ装置69に委ね、電装モジュール63,65,67を通信方式以外のそれぞれ固有の処理に特化させる。各通信制御機能付きコネクタ装置69の書き換え可能な不揮発性記憶装置97に通信方式に係る制御プログラムを書換可能に格納し、通信方式の変更またはバージョンアップについて、各通信制御機能付きコネクタ装置69の不揮発性記憶装置97の制御プログラムのみを更新する。 (もっと読む)


【課題】 電力回路部から発生した熱の影響が制御回路に及ぶことを防止可能な電気接続箱を提供する。
【解決手段】 電気接続箱には、回路構成体10がケーシング20内に収容されており、この回路構成体10は、バスバー群11A,11B,11Cが配索されて電力回路が構成される電力回路部18と、電力回路部18と離間した位置に配されるとともに、制御用素子41を備えて制御回路を構成する制御回路基板40とを備え、電力回路部18と制御回路基板40との間には、ケーシング20内を区画する仕切り壁29が形成される。 (もっと読む)


【課題】 金属板材の接合強度をダイスの押圧力に基づいて正確に管理する。
【解決手段】 ダイス50と、ダイス50に押圧方向への駆動力を付与する油圧シリンダ60(駆動手段)との間に、ロードセル65(荷重計測手段)を介在させる。ダイス50を端子金具10に侵入させると、端子金具10のうちダイス50と対応する接合領域では、ダイス50からの押圧力に抗する反力が端子金具10及びバスバー20の接合領域11a,21a側からダイス50側に作用し、この反力がロードセル65で計測される。この接合領域11a,21aからの反力は、接合領域11a,21aにおける接合強度を示すものであるから、接合強度を正確に管理することができる。 (もっと読む)


【課題】先発の低優先度メッセージの存在によって、後発の高優先度メッセージの送信が遅延することを防ぐ。
【解決手段】通信線としてのCANバス11に出力するデータの生成のための電圧源として、従来の4V(第1の電圧レベル)系の第一電圧源13の他に、これよりも高圧の12V(第2の電圧レベル)系の第二電圧源15をも使用することとし、高優先度のデータを送信する場合には、高圧の12V系の第二電圧源15で生成したデータをCANバス11に出力し、それ以外の通常(低優先度)のデータを送信する場合には、4V系の第一電圧源13で生成したデータをCANバス11に出力する。 (もっと読む)


【課題】効果的に軽量化と強度確保が得られるワイヤーハーネス用プロテクタを提供すること。
【解決手段】ワイヤーハーネスが挿通される断面凹形状のプロテクタ本体2と該プロテクタ本体2とロック結合する蓋体3からなるワイヤーハーネス用プロテクタ1であって、前記プロテクタ本体2及び/又は前記蓋体3の外面において、その外面形状の峰6および谷7となる部位以外の平面部位には、溝等の肉抜き部4,5が設けられている。 (もっと読む)


【課題】止めネジを用いることなく、小型かつ簡易な構成で、レンズユニットの位置調節及び脱着を可能とすることができるとともに、光軸のずれも防止でき、組み立ても容易なレンズ固定構造を提供する。
【解決手段】このレンズ固定構造では、ナット体35をレンズホルダ部31又はレンズユニット33に外挿するとともに、レンズユニット33をレンズホルダ部31内の所望の挿入位置まで挿入し、ナット体35をレンズホルダ部31の雄ネジ部41に螺着させてねじ込んでゆくと、ナット体35の当接部45が、レンズホルダ部31の前面側端部31aの先端部に当接し、その前面側端部31aを径方向内方に押圧して撓ませ、これによって、その縮径された前面側端部31aによってレンズユニット33が締め付けられて固定される。 (もっと読む)


【課題】低屈折率のプリズムを使用して互いに反対二方向の画像を同時に撮像することができる車両周辺撮像装置を提供することにある。
【解決手段】自動車の左右両方向からの光をプリズムで同一方向に屈折させて、カメラに案内することにより、単一のカメラで前記両方向の画像を同時に撮像する。このプリズムは断面2等辺三角形状の三角柱状に形成され、その頂角δは、プリズムの屈折率nと、カメラの画角に応じて設定される。 (もっと読む)


【課題】電力損失を軽減してバッテリに対する充放電効率を向上する。
【解決手段】例えば、界磁コイル11に与える入力電圧を、従来の12Vに比べて大電圧の42Vを適用し、界磁電流Iの立ち上がり時の応答性が向上する。定常時には界磁電流IをPWM制御して適正な電流レベルに抑制する。界磁コイル11への入力電圧をオンオフするためのスイッチング部13としてHブリッジ回路を適用し、制御部15での制御により、界磁電流Iの立ち下がり時に界磁電流Iに対して逆方向の調整電流Ixを瞬間的に流す。立ち下がり時の応答性を立ち上がり時と同程度に向上する。車載発電装置による充電制御において電力損失を軽減でき、バッテリに対する充放電効率を向上できる。 (もっと読む)


【課題】 接合信頼性の向上を図る。
【解決手段】 導電路Aは、重ね合わせた端子金具30とバスバー40を、その板面と交差する方向にダイス70で押圧することで、表面側に凹部Bが形成されるように変形させつつ接合して製造されている。重ね合わせた端子金具30とバスバー40をダイス70で押圧して凹部Bが形成されるように変形させると、その押圧された接合領域33a,43aにおいては端子金具30の表面とバスバー40の表面が変形しつつ金属学的に結合されるので、端子金具30とバスバー40の表面同士を単に当てているものに比べて、接合信頼性が高い。 (もっと読む)


2,621 - 2,630 / 2,668