説明

チバ ホールディング インコーポレーテッドにより出願された特許

51 - 60 / 530


【課題】光学的記録媒体の製造方法において有用な新規溶剤組成物を提供する。
【解決手段】すべて溶液の重量を基準にして、スペクトル領域300〜800nmにおいて固相吸収帯極大を有する染料0.1〜20重量%、式(I)


(式中、R〜Rは、H、CH、またはCであるが、ただし、R〜R中の炭素原子の総数が、0、1、または2であるという条件がある)の化合物0.5〜99.9重量%、および場合により1種以上の他の成分0〜99.4重量%を含む新規液体組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】高い相溶性のヒドロキシフェニルトリアジン紫外線吸収剤の提供
【解決手段】本発明は、高相溶性のヒドロキシフェニルトリアジン紫外線吸収剤に関し、かつ、特に紫外線の有害な影響から、温室中の植物を保護するため、及び包装された食料品、飲料、薬剤、化粧品、個人ケア用品、シャンプー等を保護するための用途に関する。これら材料が保存される容器もしくはフィルム中に配合された場合、ある種の高い相溶性トリス−アリール−s−トリアジンは特にこの目的に対して効果的であるという事が発見された。 (もっと読む)


【課題】光重合反応に優れた開始剤の提供。
【解決手段】式Iで表されるオキシムエステル化合物


(式中、R1はアルケニル基、ヘテロアリールアルキル基、アルコキシカルボニルアルキル基、フェノキシカルボニルアルキル基、ヘテロアリールオキシカルボニルアルキル基、ヘテロアリールチオアルキル基、アミノ基またはアミノアルキル基または−N(R4)(OR5)基で置換されたアルキル基を表し;R2はアルキル基を表し;R4及びR5はそれぞれ独立して水素原子またはアルキルカルボニル基を表し;Arは所望により置換されたナフチル基、チエニル基またはフリル基を表す。)。 (もっと読む)


【課題】ハロゲン非含有の難燃剤組成物及び難燃性ポリアミド組成物
の提供。
【解決手段】本発明は、熱可塑性組成物、特にガラス繊維強化ポリアミド組成物中に使用するための、ハロゲン非含有の難燃剤組成物に関し、前記難燃剤組成物は、10ないし90質量%の、式(I)及び/または式(II)で表されるホスフィネート化合物及び/またはそのポリマー、及び90ないし10質量%の、式(III)で表され、かつ1,3,5−トリアジン化合物の含有量がリン原子1モル当たり1,3,5−トリアジン1.1モル以上である1,3,5−トリアジン化合物のポリ燐酸塩、及び0ないし30質量%のオレフィンコポリマーを含む。ガラス繊維強化ポリアミド組成物中に難燃剤として使用した場合、ハロゲン非含有の難燃剤組成物は、アンダーライター実験室のUL94試験に従ったV−0等級の組み合わせ及び良好な機械的性質を生じた。よって本発明はまた、ポリアミド組成物中の難燃剤としてのこの難燃剤組成物の使用、及び前記難燃剤組成物を含む難燃性ポリアミド組成物にも関する。本発明はまた、前記難燃性ポリアミド組成物を含む成形品及び、電気及び電子用途の分野におけるそれらの使用にも関する。 (もっと読む)


【課題】PVC重合の連鎖停止の方法の提供
【解決手段】本発明は、安定性の遊離ニトロキシルラジカルとフェノール系抗酸化剤の存在下の塩化ビニル重合又は共重合の連鎖停止のための方法及び組成物に関する。本発明の他の対象は、塩化ビニル重合又は共重合のための連鎖停止混合物としての安定性の遊離ニトロキシルラジカルとフェノール系抗酸化剤の使用である。本発明の他の局面は、塩化ビニル重合のための連鎖停止剤としてのより高い立体障害性のニトロキシルラジカルの使用である。 (もっと読む)


【課題】工業的に有利な、3−アルキル−7,7,9,9−テトラメチル−1,3,8−トリアザスピロ〔4,5〕デカン誘導体の製造方法の提供。
【解決手段】7,7,9,9−テトラメチル−1,3,8−トリアザスピロ〔4,5〕デカン誘導体又はその塩を、不活性溶媒中、4級アンモニウム塩及び塩基の存在下、アルキル化剤と反応させる、一般式


(式中、R1は水素原子、オキシル基(−O・)等を示し、R2はC6〜C18アルキル基である。)で表される3−アルキル−7,7,9,9−テトラメチル−1,3,8−トリアザスピロ〔4,5〕デカン誘導体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】多重金属腐食防止剤を提供すること。
【解決手段】本発明の対象は、
a)潤滑油;
b)トリアゾール金属不活性化剤;
c)ホウ酸エステル;及び、所望により
d)リン酸アミン
を含む潤滑油組成物である。
本発明は、潤滑油の寿命の間の銅、鉛、鉄及び亜鉛を腐食から保護し得るエンジン潤滑油の作成を可能にする。 (もっと読む)


【課題】ポリシロキサンブロックコポリマーの提供。
【解決手段】本発明はポリシロキサンブロックとポリカチオン性ブロックとを含む新規の両親媒性ブロックコポリマーを包含する。該ポリカチオン性ブロックはジアリルジアルキルアンモニウム誘導体から形成される。前記形成されたブロックコポリマーは特に髪及び皮膚のようなケラチン基質のトリーティング又はコンディショニングに有用である。 (もっと読む)


カチオン性染料を提供すること
【課題】
【解決手段】
式(1)
【化1】


(式中、
Dはアントラキノン基、アクリジン基、アゾ基、アゾメチン基、ヒドラゾメチン基、ベンゾジフラノン基、クマリン基、ジケトピロロピロール基、ジオキサジン(dioxaxine)基、ジフェニルメタン基、ホルマザン基、インディゴイド基、インドフェノール基、ナフタルイミド基、ナフタキノン基、ニトロアリール基、メロシアニン基、メチン基、オキサジン基、ぺリノン基、ぺリレン基、ピレンキノン基、フタロシアニン基、フェナジン基、キノンイミン基、キナクリドン基、キノフタロン基、スチルベン基、スチリル基、トリフェニルメタン基、キサンテン基、
チアジン染料及びチオキサンテン染料を表し;
Qは1種以上の−O−、−S−、−N=、−N(R)−、SO、−(CHCH−O)1−5−、−(CHCHCH−O)1−5−、−C(O)−、−C(O)−炭素原子数1ないし12のアルケニレン基、−C(O)O−、−OCO−、
【化2】


−CON(R)−、−C(NR−、 −(R)NC(O)−、 −CSR−又は、所望により置換された、飽和又は不飽和の、縮合したか又は縮合していない、芳香族であるか又は非芳香族(ヘテロ)環の、所望により少なくとも1種のヘテロ原子を含む2価の基によって中断され得、及び/又は片方又は両方の末端を終端され得る、炭素原子数1ないし30のアルキレン基、炭素原子数2ないし12のアルケニレン基、炭素原子数5ないし10のアリーレン基、炭素原子数5ないし10のシクロアルキレン基、又は炭素原子数1ないし10のアルキレン(炭素原子数5ないし10のアリーレン)基;−O−;−S−;−N(R)−;SO;−(CHCH−O)1−5−;−C(O)−;−C(O)−炭素原子数1ないし12のアルケニレン基;−C(O)O−、−OCO−;
【化3】


;−CON(R)−;−C(NR−;−(R)NC(O)−;−CSR−;所望により炭素原子数1ないし30のアルキル基、炭素原子数1ないし30のアルコキシ基、炭素原子数2ないし12のアルケニル基、炭素原子数5ないし10のアリール基、炭素原子数5ないし10のシクロアルキル基、炭素原子数1ないし10のアルキル(炭素原子数5ないし10のアリーレン)基、ヒドロキシ基又はDによって置換された、飽和又は不飽和の、縮合したか又は縮合していない、芳香族又は非芳香族の、所望により少なくとも1種のヘテロ原子を含む2価の基を表し;
及びRは互いに独立して水素原子であるか;又は非置換であるか又は置換された、直鎖又は分枝鎖の、単環式又は多環式の、中断されたか又は中断されていない炭素原子数1ないし14のアルキル基;炭素原子数1ないし14のヒドロキシアルキル基;炭素原子数1ないし14のアミノアルキル基;炭素原子数2ないし14のアルケニル基;炭素原子数6ないし10のアリール基;炭素原子数6ないし10のアリール−炭素原子数1ないし10のアルキル基;又は炭素原子数5ないし10のアルキル(炭素原子数5ないし10アリール)基を表す)
で表される染料を開示する。 (もっと読む)


【課題】可湿性ポリエステルファイバー及びフィラメント
【解決手段】
本発明は、ポリエステルファイバーまたはフィラメントに、それらから製造された織布又は不織布に、そして得られる製品に可湿性を付与する方法を目的とする。本方法は、ポリエステルと、フェニルアルキル−オキシ−アルキル金属スルホネート、アルキル−オキシ−アルキル金属スルホネート、ポリエチレンオキシ−アルキル−金属スルホネート、アルキル−ポリエチレン−オキシ−アルキルスルホネート及びアルキル−1,2−ジスルホネート金属スルホネートからなる群から選択される一種以上の添加剤を含む混合物を、複数本のファイバー又はフィラメント状に溶融押出しすること、並びに該ファイバー又はフィラメントを冷却することを含む。 (もっと読む)


51 - 60 / 530