アルコン,インコーポレイテッドにより出願された特許

51 - 60 / 102


本発明は、緑内障を治療するための組成物および方法、緑内障を診断するための方法、ならびに緑内障の治療で有用となり得る薬剤を同定するための方法を提供する。より具体的には、本発明は、血清アミロイドAの発現を調節する薬剤の使用について記載する。1つの態様では、本発明は、血清アミロイドAタンパク質(SAA)をコードする遺伝子と、またはその遺伝子のプロモーター配列と相互作用する薬剤を含む治療有効量の組成物を、それを必要とする患者に投与することにより、緑内障を治療するための方法を提供する。薬剤とSAAをコードする遺伝子と、またはそのプロモーター配列との相互作用は、患者の緑内障状態が治療されるようにSAAの発現を調節する。好ましい実施形態では、薬剤は、タンパク質、ペプチド、ペプチド模倣物、低分子または核酸となる。
(もっと読む)


改良された光透過特徴を有する眼科デバイス材料が開示される。この材料は、特定のUV吸収剤および青色光吸収発色段の組み合わせを含む。具体的には、重合可能な黄色色素と組み合わせて特定のベンゾトリアゾールUV吸収剤を用いることにより、IOLの光吸収特徴は、青−紫カットオフを提供するように改変され得(400nm〜430nm範囲において〜1%T)、そして500nm〜400nmの青色光を減衰する透過性を提供し得る。 (もっと読む)


カルボン酸非ステロイド系抗炎症剤のアミド誘導体の局所用組成物が開示される。本発明の組成物は、眼に局所投与されると、ミトコンドリアの膨潤を引き起こす可能性が低下する。本発明はまた、眼の炎症性障害を処置する必要のある哺乳動物において眼の炎症性障害を処置する方法に関する。本発明の1つの実施形態において、抗炎症有効量のカルボン酸NSAIDのアミド誘導体と、ミトコンドリアの膨潤およびシトクロームcの放出を弱めるか、または防げるために効果的な量の亜硫酸塩と、眼に受容され得るビヒクルとを含む組成物が、哺乳動物の眼に局所投与される。 (もっと読む)


IOPを低下させるおよび/または神経保護をもたらすための組成物および方法を開示する。該組成物および方法は、詳細には、IOPを低下させおよび/または神経保護をもたらすためにJun N末端キナーゼ(JNK)の阻害剤の使用を対象とするものである。本発明の一局面において、このJNK阻害剤は、SP600125、または本明細書に記載のいくつかの化合物から選択される。本発明は、Jun N末端キナーゼ(JNKi)の阻害が、ヒト小柱網(TM)細胞株によるトランスホーミング増殖因子β2(TGFβ2)誘導のフィブロネクチン発現を相当に減少させることの発見に基づく。
(もっと読む)


本発明は、リン脂質小胞中にカプセル化または可溶化された治療的有効量の活性化合物を含む眼新生血管形成を治療するための有効な眼科医薬組成物の開発に関する。本発明により、例えば、眼新生血管形成を治療するための眼科用組成物であって、0.01%〜8%の量の少なくとも1種の貧水溶性活性薬剤を含み、該活性薬剤は、リン脂質小胞中に可溶化されている、組成物が提供される。本発明により、眼新生血管形成の治療のための組成物であって、リン脂質小胞中にカプセル化された0.1〜3%の多標的受容体チロシンキナーゼ(RTK)阻害剤を含み、患者の眼中に硝子体内注射するために製剤化された、組成物もまた提供される。 (もっと読む)


濾過胞手術の部位で酢酸アネコルタブを投与することによる、高眼圧調節の方法が開示される。本発明は、緑内障の濾過手術間または濾過手術に続いて、結膜下の空間およびテノン嚢下の空間に血管新生抑制剤(例えば、血管新生抑制コルチゼン)を投与することにより緑内障を処置する方法を包含する。一つの好ましい実施形態において、本発明は、強膜フラップに瘢痕がつくられることを予防し、そして前房とテノン嚢下/結膜下の空間との間に手術により創られた小孔が瘻孔形成手術後、開口したまま残ることを可能にし、それによって、緑内障により上昇したIOPをもつ患者において眼内圧(IOP)を低下させる方法を提供する。本発明の方法は、ブレブ濾過手術を受けている患者へ、必要とする治療上有効な量の血管新生抑制剤を含む組成物を投与する工程を包含する。
(もっと読む)


本発明は、眼新生血管形成および増大した血管透過性に起因する疾患を治療または予防するための、抗血管新生および/または抗血管漏出性を有する貧水溶性薬剤を治療的有効量でならびに共溶媒を適当な量で含む有効な硝子体内用医薬組成物の開発に関する。本発明の組成物は、眼新生血管形成を治療するための硝子体内注射のための眼科用組成物であって、i)0.001%〜30%の量の活性薬剤、およびii)200〜2500の分子量を有するポリエチレングリコール共溶媒を含む、眼科用組成物。
(もっと読む)


有効量のALK5受容体活性の選択的モジュレーターを含む、緑内障の治療および眼内圧のコントロールに有用な眼科用医薬組成物を開示する。ALK5受容体活性の選択的モジュレーターを含む医薬組成物を治療上有効な量、患者の罹患眼に適用することを含む、緑内障を治療し、眼内圧をコントロールする方法も開示する。緑内障の治療および眼内圧のコントロールのためのALK5受容体活性の選択的モジュレーターをスクリーニングするインビトロでの方法もまた提供する。
(もっと読む)


(i)原発性開放隅角緑内障(POAG)、(ii)他の形態の緑内障、または(iii)グルココルチコイド治療と関連する高眼圧をコントロールするための方法および組成物が開示される。本方法は、眼球の前方セグメントに対する局所注入による血管新生抑制剤、および他のIOP降下剤の投与を含む。もっとも好ましいIOP降下剤は、血管新生抑制性ステロイド、特に酢酸アネコルタブであり、もっとも好ましい投与ルートは、前強膜近傍注入またはインプラントである。本発明の一部は、酢酸アネコルタブの前強膜近傍への注入が、1から数ヶ月の長期に亘って眼内圧のコントロールを可能とするという発見に基づく。この結果は、前強膜近傍投与ルートによって酢酸アネコルタブの線維柱網に対するアクセスが促進されるためと考えられる。
(もっと読む)


【課題】糖質コルチコイド単独の処方物もしくは酢酸アネコルタブと組合わせた糖質コルチコイド処方物を提供すること。
【解決手段】糖質コルチコイド単独の処方物もしくは酢酸アネコルタブと組合わせた糖質コルチコイド処方物は、病的な眼の新脈管形成および関連する水腫を予防および処置するために有用である。病的な眼の新脈管形成およびあらゆる関連する水腫のための効果的な薬理学的治療は、患者への実質的な効力を提供し、それにより、侵襲性手術手順も損傷を与えるレーザー手順も回避する。病的な眼の新脈管形成および水腫の効果的な処置は、患者の生活の質および社会における生産性を改善する。また、失明に対する援助および健康管理の提供に関連する社会的経費は、劇的に減少され得る。 (もっと読む)


51 - 60 / 102