株式会社アイエスアイにより出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】所望の為替レートでの支払いと、携帯する現金量の軽減とを可能にする共に、外国通貨の各紙幣や各硬貨の額をいちいち判断する手間から支払者を開放することができる電子マネー管理サーバ、電子マネー決済処理方法および現金払出処理方法を提供する。
【解決手段】この管理サーバ300は、ユーザBの電子マネーがユーザBのプリペイドカードのカード識別情報に紐付けて複数の電子マネー口座に記憶されており、口座データ格納部360は、各電子マネー口座にそれぞれ異なる通貨種類の電子マネーを記憶するものである。このように、複数の電子マネー口座にそれぞれ異なる通貨種類の電子マネーが保持されていることから、外国通貨での支払いを行う際に、支払う外国通貨に対応した電子マネー口座の電子マネーを使用することにより、為替変動の影響を受けることなく支払いを行うことが可能となる。 (もっと読む)


【課題】オンラインショッピングにおいて、個人情報の漏洩を心配せずに安心して利用でき、且つ1利用者が複数枚のカードを保持できる使い切り型バーチャルプリペイドカードシステムを提供する。
【解決手段】新規プリペイドカードを発行するための指示を受け付けるカード発行指示受付手段と、ユーザのIDに関連付けて新規プリペイドカードを発行するカード発行手段と、前記ユーザが1若しくは複数の既存のプリペイドカードを有する場合に、選択される1つのプリペイドカードの残高を前記新規プリペイドカードに合算させるか否かを選択させる合算指示受付手段と、前記合算指示があった場合に、プリペイドカードの残高と、発行金額とを確認するカード金額確認手段と、前記合算指示があった場合に、選択された1つの既存のプリペイドカードの残高と、前記新規プリペイドカードの発行金額とを合算する残高合算手段と、を有するプリペイドカードシステム。 (もっと読む)


【課題】本発明は、手間をかけずにセキュリティ性の高い決済を行うことを可能とする決済システムを提供することを課題とする。
【解決手段】利用者用携帯電話1は、利用者の識別に利用される情報をQRコードとして画面1a上に表示する。店用携帯電話2は、利用者用携帯電話1からQRコードを読み取るとともに、そのQRコード情報QDと店側記憶手段22に記憶してある店側守護情報A21をクレジット会社側サーバ3に送信し、かつ、クレジット会社側サーバ3から送信されてくる情報を受信して、その情報を画面2a上に表示する。クレジット会社側サーバ3は、受信したQRコード情報QDと店側守護情報A21を、会社側記憶手段32に記憶してある情報と比較して一致するか否かを判断し、一致している場合には、結果情報Rに併せて顔写真データFPを店用携帯電話2に送信する。 (もっと読む)


1 - 3 / 3