アーチ ケミカルズ,インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 10 / 19


【課題】本発明は、無粉塵性銅ピリチオン分散系に関するものである。
【解決手段】約20〜約99重量%の銅ピリチオン;界面活性剤、ポリマー樹脂、結合剤、およびこれらの組合せからなる群から選択された、約0.05〜約30重量%の粉塵抑制剤;と約0.05重量%〜約80重量%の分散媒(全重量%は分散系の総重量に基づく)との混合物を含む。 (もっと読む)


【課題】作業者が銅ピリチオンの塵に曝される危険を与えることなく、海洋ペイントのための汚染防止添加剤として適切に用いられる分散物を提供することである。
【解決手段】液体分散物中に分散した銅ピリチオンの小さな固体粒子を含む、塵を生じない銅ピリチオン分散物を含み、然も、前記固体粒子が約0.1〜約10μの範囲内の粒径、及び3μより小さいメジアン粒径を有する、組成物。 (もっと読む)


本発明は、間接的な食物接触用途のための安定で有効な消毒剤製剤に関する。該製剤は、(a)ビグアナイド、モノグアナイド及びこれらの組合せからなる群から選択される抗菌活性剤、(b)ジアルキルジメチルアンモニウム塩、及び(c)アルキルジメチルベンジルアンモニウム塩、アルキルジメチル(エチルベンジル)アンモニウム塩、アルコキシ化アルコール及びこれらの組合せからなる群から選択される化合物を含む。 (もっと読む)


【課題】ペレット状次亜塩素酸カルシウムを用いる場合に、炭酸カルシウムの堆積物を生成することに対処して、薬品供給装置の取付け部に装着された薬品貯蔵容器を提供する。
【解決手段】薬品貯蔵容器(74)は、主要部分が次亜塩素酸カルシウムから成る前記薬品と、前記薬品を収容し、また、開放下端と、閉鎖上端と、前記下端に隣接する雄ねじが切られた部位とを有し、相補形の雌ねじが切られた取付け部に螺合された成形プラスチック本体と、前記容器の開口を横断して延在し、少なくとも部分的に前記薬品を支承し、さらに、水体中央部の局部隆起に浸される中央部を有する多孔カバー(70)とを含む。 (もっと読む)


ジンクピリチオン、ジンクピリチオンに対する可溶化剤、フィルム形成剤及び揮発性溶媒を含む局所性組成物を利用する、爪の真菌感染症(爪真菌症)の治療用の製剤及び方法を開示する。製剤はラッカーの形態であることが好ましい。金属ピリチオン錯体を含有する組成物は、好ましくは、スポイト、スワブなどを用いて、患った爪の表面に適用できるマニキュア又はラッカーとして、感染した爪に局所適用される。治療は、数週間から数カ月或いは治癒がもたらされる又は感染の有意な減少が得られるまで継続する治療期間で、少なくとも一日に2回実施できる。 (もっと読む)


【課題】耐変色性のピリチオン含有水性コーティング組成物を提供する。
【解決手段】水性の抗菌性組成物において望ましくない変色を除去する方法であって、前記水性の抗菌性組成物は、ビニル、アルキド、エポキシ、アクリル、ポリエステル樹脂、およびそれらの組合せからなる群から選ばれた樹脂と、第二鉄イオン、第二銅イオン、およびそれらの組合せからなる群から選ばれた溶解金属イオンとを含有しており、且つ、単一ピリチオンを含有しており、前記単一ピリチオンは亜鉛ピリチオンであり、前記組成物を前記組成物中の前記溶解金属イオンの量に少なくとも等しいモル量の亜鉛イオンと接触させること、前記亜鉛イオンの前記量が前記組成物中の100ppm〜10,000ppmであることを特徴とする、前記方法。 (もっと読む)


薬品錠剤(40)を溶解するための薬品供給装置(10)は、ハウジング(11)と、薬品錠剤が供給装置を流れる液体によって溶解する時に、薬品錠剤を保持するためにハウジングに位置決めされる複数の傾斜の付いた台座(60)とを有している。ハウジング(11)は、薬品錠剤を保持するカートリッジ(50)を受容するようになったカップ(22)を有しており、このカップは、液体の入口と出口(31、24)を有している。カートリッジ(50)は、その下端にプレート(51)を有しており、台座(60)は、その内面に形成されている。各台座(60)は、鉛筆先端形状をしている。薬品錠剤(40)がカートリッジ(50)に取り付けられ、カートリッジがカップ(22)に取り付けられると、傾斜付き台座(60)は、薬品錠剤を支持し薬品錠剤の下側を液体に露出する。錠剤(40)は、台座(60)の高さに応じて液体中に浸され、錠剤の溶解速度は、台座の高さに対応している。
(もっと読む)


本発明は、(1)殺生物有効量の、ビグアナイドを含む第1の非酸化性殺生物剤と(2)殺生物有効量の、ジブロモニトリロプロピオンアミド(DBNPA)を含む第2の非酸化性殺生物剤とを含む、水再循環システムを処理するための組成物であって、前記組成物が実質的に酸化剤を含まない組成物に関する。本発明は、また、上記の組成物を用いて水再循環システムを処理するステップを含む、水再循環システム中の微生物の増殖を抑制する方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、少なくとも1種の水和又は無水の塩からなる被覆物で被覆された水処理組成物に関する。本発明は、また、(a)次亜塩素酸カルシウムからなる内部コア層;(b)内部コア層の上に位置する選択された塩の1又はそれ以上の中間層;及び(c)中間層の上に位置する選択された塩の1又はそれ以上の外層からなる水処理組成物に関する。
(もっと読む)


水和次亜塩素酸カルシウムと硫酸マグネシウム七水和物のブレンドから本質的に成る、区分5.1酸化剤でないタブレットであり、そのブレンドはブレンドの総重量に基づいて少なくとも約17重量%の水を含有し、水和次亜塩素酸カルシウムと硫酸マグネシウム七水和物の総重量に基づいて約0.1%乃至約10%の石灰を含有し、タブレットの平均溶解速度が一日当り150g未満であるタブレット。 (もっと読む)


1 - 10 / 19