説明

ピエール、ファーブル、メディカマンにより出願された特許

41 - 50 / 73


本発明は、ビンフルニンおよびトラスツズマブを含んでなる組み合わせの使用を含んでなる、癌の治療方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、歯の表面上または歯肉上皮組織上でのデンタルバイオフィルムの形成および蓄積を予防および/または低減することを目的とする口腔衛生組成物の製造のための、少なくとも1つのフッ素塩と組み合わせた水性ブドウ種子抽出物の使用に関する。 (もっと読む)


少なくとも1種の活性物質を含有する水溶性担体を含んでなる、活性物質の経口投与のための速崩壊性単層膜であって、ポリビニルアルコールとポリエチレングリコールのコポリマー(PVA−PEG)から形成される親水性膜形成剤、活性物質および親水性ゲル化剤のポリマー混合物を含んでなることを特徴とする膜。 (もっと読む)


本発明は、メキタジンの製造のための合成中間体として有用である式(I)の1−アザ−ビシクロ[2.2.2]オクタ−2−エン−3−イルメチルアセテートに関する。

(もっと読む)


本発明は、1または2当量の薬学上許容される無機酸または有機酸 [酸]1または2を用いて得られる無水結晶ビンフルニン塩(ここで、[酸]は、水溶性結晶塩群の場合には臭化水素酸、硫酸、乳酸およびフマル酸を表し、比較的不溶性の結晶塩群の場合にはp−トルエンスルホン酸、安息香酸、マンデル酸およびp−ヒドロキシ安息香酸を表す)に関する。

(もっと読む)


本発明は、局所および/または経口形路により尿失禁を治療または予防する特性を有する薬剤の製造のための、10−[(3R)−1−アザビシクロ[2.2.2]オクト−3−イルメチル]−10H−フェノチアジンならびにその薬学上許容される塩に使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、室温で安定している、半合成ビンカアルカロイド誘導体からなる医薬組成物であって、該誘導体が少なくとも1種の炭水化物の存在下で得られる凍結乾燥製品の形態で存在する医薬組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、イン・ビトロおよび/またはイン・ビボにおいて腫瘍細胞の増殖を阻害可能な新規な単離された抗体(この抗体は機能的スクリーニングによって得られたものである)、またはその誘導化合物もしくは機能的フラグメントに関する。より詳しくは、本発明は、JAM−Aタンパク質に特異的な6F4抗体、ならびに癌処置のためのその使用に関する。このような抗体からなる医薬組成物も含まれる。 (もっと読む)


本発明は、海馬型健忘症候群を特徴とする非認知症軽度認知機能障害の治療に用いる薬物の製造のための、唯一の有効成分としての、遊離型の、あるいは塩の形態またはエステルの形態、さらにその水和物および溶媒和物の形態の、ジメチルアミノエタノール(DMAE)の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つの抗腫瘍化合物に耐性のある腫瘍の表面で特異的に発現され、該耐性腫瘍の耐性に関連する可能性がある腫瘍抗原に対する抗体またはその機能的フラグメントの1つを、in vitroにおいて感作させ、作製するための、少なくとも1つの抗腫瘍化合物に耐性のある腫瘍に由来する粉砕ホモジネートおよび/または懸濁液および/または細胞溶解液の使用に関する。より詳しくは、本発明は、抗体1A6、1A9、2E11、3C11および3G7など、この方法を適用することによって得られる抗体、ならびに癌治療のためのそれらの使用を対象とする。 (もっと読む)


41 - 50 / 73