説明

レスメド・リミテッドにより出願された特許

101 - 110 / 192


【課題】患者の呼吸の流れを測定することなく、呼吸の圧力治療、検出する方法および装置を提供する。
【解決手段】呼吸圧力治療装置のコントローラすなわちプロセッサ312が、流れ発生器によって作られた流れに関連した圧力の大きさ302と、サーボ制御式ブロワモータの回転速度などの流れ発生器の周波数の大きさ304とに基づいて、患者の呼吸流れの推定値308を評価する。この推定値308は、呼吸に基づく流れセンサからのデータなしで作ることができる。周波数の大きさ304は流れ発生器の特性に基づいて予想された圧力へと変換することができ、測定された圧力302から減算されて、流れ推定値308が決定される。この流れ推定値308は、流れ発生器を用いる呼吸圧力治療装置の設備において、流れ推定の信号が検出されると、患者の呼気中に呼気圧力軽減装置をトリガするために、この流れ推定値308を使用することができる。 (もっと読む)


【課題】シール状態を維持し、クッションの顔側がフレーム側に対して動呼吸用マスクアッセンブリを提供する。
【解決手段】内壁、外壁およびチャネルフロアによって規定されたチャネル部を有するシェルであって、チャネルフロアはチャネル部からチャネルフロアに対向するシェルの表面へのアクセスを可能にするスロット部を有し、保持チャネルと、隣接する保持リップと、クッションとシェルとの間に密閉を提供し、クッションから伸びるシーリングタブとを備える顔接触用クッションと、クッションをシェルに固定し、クリップとフランジとを備えた保持リングがチャネル内に位置しているときにクリップ88の下側表面がシェルの一部分に噛み合うスロット部を通り抜けるべくクリップは構成されており、フランジは、保持リングから伸びクッションの保持チャネル内に受け止められるように構成されている、保持リングと、を備えている構成とする。 (もっと読む)


呼吸マスクと共に使用するためのクッションアセンブリ(700)が、第1の押込硬さを有するゲル(740)と第2の押込硬さを有するゲル(750)の組み合わせによって充填されたブラダ(715)を含む。
(もっと読む)


睡眠時呼吸障害の治療のために患者の気道の入口に陽圧で供給空気を送給するための患者インターフェースシステムが、プレナムの可撓性部分に連結される空気送給チューブ(16)と、重力下において自体の重量を支持するのに十分な剛性、および/またはチューブの移動およびチューブ牽引下において閉塞もしくは折曲しないのに十分な剛性を有する、ベント構造体と、患者インターフェース構造体(32)とを備える。患者インターフェース構造体(32)は、プレナムの頂部部分上に設けられたシール形成構造体と、プレナムの可撓性部分に連結されるシール位置決め/安定化構造体(36)とを備える。シール形成構造体は、チューブ牽引力から実質的に切り離される。睡眠時呼吸障害の治療のために患者の気道の入口に陽圧で供給空気を送給するための鼻枕。茎状部。自体の基部部分にて茎状部に連結される裁頭円錐台部分。患者の上唇に係合し、患者の上唇から離れるように茎状部を回転させるように構成される、裁頭円錐台部分の基部のばね構造体。睡眠時呼吸障害の治療のために患者の気道の入口に陽圧で供給空気を送給するための患者インターフェースシステム。可撓性基部部分、基部部分に連結されるシール形成構造体、および、可撓性基部部分に連結される側方コネクタ。シール形成構造体の基部と実質的に同一平面内において可撓性基部部分に連結される側方コネクタ。可撓性側壁プレナムは、供給空気を受けるように構成され、シール形成構造体の軸に対して実質的に平行な軸を有する開口部から構成される。患者の気道の入口に陽圧で供給空気を送給するように構成された患者インターフェース構造体上のチューブによって印加される力を切り離すための切離しアセンブリ。切離しアセンブリは、可撓性基部部分、シール形成構造体、ならびに、シール位置決め/安定化構造体の一部、回り継手エルボ、玉継手、回り継手シールリング、およびチューブの中の少なくとも1つから構成される。睡眠時呼吸障害の治療のために患者の気道の入口に陽圧で供給空気を送給するための患者インターフェースシステム用のシール位置決め/安定化構造体。可撓性成型ストラップは、剛性化部分から構成される。
(もっと読む)


【課題】患者インタフェースへの管の抗力の印加を減少させる、または、なくす、CPAP装置において使用するための伸縮自在管を提供する。
【解決手段】患者に呼吸可能ガスの加圧流を送出する呼吸装置において使用するための伸縮自在管は、約30mm以下の内径と、約500g/m以下の重量と、約2m以下の非伸張長さとを有する。伸縮自在管は、管に加えられる力に応答して約40%〜400%の範囲で伸張性のある部分を含み、伸張性部分は、管に加えられる力が無い状態で、管を管の非伸張長さに戻すように構成される。加圧された呼吸可能ガス流を送出する呼吸装置は、流れを発生する流れ発生器と、患者の気道に流れを送出する患者インタフェースとを含む。流れ発生器および患者インタフェースは、伸縮自在管によって連結される。加圧された呼吸可能ガス流を送出する方法は、伸縮自在管を使用して流れ発生器と患者インタフェースを連結するステップを含む。 (もっと読む)


【課題】マスクまたは導管から排気されるガスの雑音を低減すること。
【解決手段】マスクからの呼気ガスを大気に放出するために、マスクまたは関連導管に対してベント機構が設けられる。ベント機構は、排気ベント流を拡散して、空気噴射が少なくなるように構築され、それにより、患者および患者のベッドパートナの快適さが増加する。たとえば、ベント機構は、ベント流を拡散するように構築され、配置された1つまたは複数のグリルコンポーネントおよび/または媒体を含んでもよい。 (もっと読む)


【課題】 高い信頼性及び低い音響ノイズを有する送風機を提供すること。
【解決手段】 患者の持続的気道陽圧(CPAP)換気のための両端可変速度送風機は、協同して望ましい圧力及び流れの特性にガスを圧縮する、2つのインペラーをガス流路中に含む。更に、送風機は、吸気部及び排気部との間のガス流路と、モータと、インペラー・アセンブリとを備え、インペラー・アセンブリは、第1の軸の周囲を回転運動するモータに連絡されたシャフトと、軸に対して動かないように固定された第1及び第2のインペラーとを含む。従って、両端送風機は、狭い範囲のモータ速度にわたって速い圧力応答及び望ましい流れの特性を提供することができ、高い信頼性及び低い音響ノイズを得ることができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、改善されたマスクシステムを提供することである。
【解決手段】呼吸可能な気体を患者に送達する患者とのインターフェースは、使用時に患者の鼻の鼻腔をシールしてそれと連絡するように構築された1対の鼻プロングを含む鼻プロングアセンブリと、その鼻プロングアセンブリを患者の顔の所望の位置に維持するヘッドギアとを含む。ヘッドギアは、サイドストラップおよび各サイドストラップに設けられたリジダイザを含む。各リジダイザは、鼻プロングアセンブリの各端部と係合するように構成されたコネクタを備える第1の端部分と、コネクタの内側にカーブするチークサポートの形態の内側にカーブした突出部とを含む。チークサポートは、患者の頬の輪郭に従い、サイドストラップの各端部分を患者の頬に当たるように案内して安定したチークサポートをもたらすように適合される。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、脳卒中患者の呼吸障害の治療を管理するための装置を提供することである。
【解決手段】持続的気道陽圧法(CPAP)を実施している間に、患者の脳卒中の状態を評価し、且つ、患者の脳卒中を治療するための装置が開示されている。中枢性無呼吸発生と閉塞性無呼吸の発生、又は、患者の気道から患者に供給される圧力のパーセンタイルを定めることによって、脳卒中インジケーターが、患者が冒されている脳卒中の型と、患者の神経回復の程度と、についての情報を供給するために計算され、且つ、分析される。装置は、患者の状態の評価に基づいて患者に適切なCPAP治療の2つの形態の中から1つを識別するための特有のプロトコルを用いてプログラムすることができる。装置は、請求返済コードを識別し、且つ、脳卒中治療に対する患者の反応を探知するデータを生成する種々の治療形態の中から1つを選択し、且つ、推奨することができる。 (もっと読む)


【課題】使用するのが容易で、安価且つ快適な顔面マスク用の前額部支持体を提供する。
【解決手段】呼吸マスクは、マスクフレームと、マスクフレームに設けられ、前額部部材を含む前額部支持体と、前額部部材に連結されるように適合された少なくとも1つのストラップを含むヘッドギアと、を含む。前額部部材は、少なくとも1つのストラップが前額部部材の少なくとも一部分の周りをループするストラップループを形成し、使用時にヘッドギア部材と患者の前額部との間に1つまたは複数の層のストラップループを構成するのを可能にするように構成及び配置される1つまたは複数の穴を含む。 (もっと読む)


101 - 110 / 192