説明

ザ バーナム インスティチュートにより出願された特許

1 - 8 / 8


【課題】癌の治療方法を提供する。
【解決手段】本発明は、癌細胞と、アポゴシポール、誘導体である化合物とを接触させることを含む哺乳類における癌の治療方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】特定の器官または組織にホーミングし得る分子を同定すること。
【解決手段】本発明は、種々の正常な器官または組織(肺、膵臓、皮膚、網膜、前立腺、卵巣、リンパ節、副腎、肝臓または腸を含む)に選択的にホーミングする分子を提供し、そして腫瘍を保有する器官または組織(膵臓腫瘍を有する膵臓または肺腫瘍を有する肺を含む)に選択的にホーミングする分子を提供する。本発明はまた、部分に連結した器官または組織ホーミング分子を含む結合体を提供する。このような機能基は、例えば、治療的薬剤または検出可能な薬剤であり得る。本発明はまた、肺内皮細胞に選択的にホーミングする、膜ジペプチダーゼ(MDP)−結合ホーミング分子を同定する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、限定されるものでないが、EphB1、EphB2、EphB3、EphB4、EphB5およびEphB6を含むEphB受容体ファミリーのメンバーと選択的に結合するペプチドに基づく化合物を提供する。特に、本発明はEphB受容体と選択的に結合する多量体ペプチドを提供する。本発明はまた、EphB受容体結合化合物および製薬上許容される担体または賦形剤を含んでなる医薬組成物を含む組成物も提供する。EphB受容体ファミリーのメンバーと選択的にまたは特異的に結合する化合物を同定する方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】癌の予後を高い正確性をもって、簡便、迅速的かつ安価に検知する方法及びキットを提供すること。
【解決手段】生体から採取した検体に存在するコア2 β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼを検出し、その検出結果と前記生体の癌の予後とを関連づけるステップを少なくとも含む、癌の予後の検知方法。「コア2 β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ」は、「コア2 β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ−I」であることが好ましい。また、ここにいう「生体」は、ヒトの生体であることが好ましく、「検体」は生体組織であることが好ましい。 (もっと読む)


Eph受容体に結合する新規薬剤を記載する。これらの薬剤を使用してEph受容体の活性を調節し、アポトーシスを活性化し、および治療剤を送達する方法も記載する。また、Eph受容体に選択的に結合できる薬剤のスクリーニング方法も記載する。 (もっと読む)


胃潰瘍を引き起こす細菌を含む細菌の増殖を阻害するのに有用な組成物を提供する。さらに、そのような組成物を製造できるトランスジェニック生体を提供する。また、この組成物を使用してヒトを含む個体の胃潰瘍を治療又は予防する方法を提供する。 (もっと読む)


転移制御するタンパク質であるメタドヘリン及びメタドヘリンのバリアントが記載される。上記メタドヘリン及びメタドヘリンのバリアントをコードするDNA配列、並びに生産方法が記載される。メタドヘリン、メタドヘリンへ結合する抗体等の結合作用物質、及びsiRNA等の発現調節作用物質の適用を包含する療法が記載される。所望の物質を特定の肺組織へ送達するためのメタドヘリン又はメタドヘリンバリアントの使用が記載される。メタドヘリンの存在に基づいて転移性細胞を診断する方法が記載される。
(もっと読む)


本発明は、癌細胞と、アポゴシポール、誘導体である化合物とを接触させることを含む哺乳類における癌の治療方法を提供する。 (もっと読む)


1 - 8 / 8