説明

アバンテイス・フアルマ・エス・アーにより出願された特許

51 - 60 / 65


本発明は、置換インダゾール、それらを含有する組成物、それらの調製及びそれらの使用に関する。本発明は、特に、キナーゼ阻害活性を示し、特に腫瘍学において治療活性を有する、新規の特異的置換インダゾールに関する。

(もっと読む)


本発明は、真菌界の生物中でのコレステロールの生産に関する。より具体的には、本発明は、単純な炭素源からコレステロールを独立に産生する遺伝的に修飾された真菌類に関する。本発明は、標識されていないコレステロール及び標識されたコレステロールを生産するための本発明の真菌類の使用にも関する。 (もっと読む)


本発明は、置換基X、R1およびR2の定義が本明細書において示される、一般式(I)


の化合物、ならびにこれらの生理学的に許容できる塩、これら化合物の生成方法および薬剤としてのこれらの使用に関する。これら化合物は、キナーゼ阻害剤、特にキナーゼCDK2(サイクリン依存性キナーゼ2)の阻害剤である。
(もっと読む)


本発明は、新規化学的化合物、特に新規ベンゾチアゾール誘導体に関し、該化合物を含有する組成物に関し、及び医薬としてのこれらの使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、式(I)


の新規な製造物[式中、Rは水素であるかR2もしくはR3から選択され;R1は、CO−NR7R8、−NR7R8、カルボキシ、ヒドロキシル、アルコキシもしくはハロゲンによって置換されていても良いアルケニルもしくはアルキルであり;同一もしくは異なるR2およびR3は、アルキルもしくは−O−アルキルであり、または−CO−NR7R8、−NR7R8、アルコキシ、アルコキシ−NR7R8、カルボキシもしくはフェニルによって置換されていても良く;同一もしくは異なるR4、R5およびR6は、水素、ハロゲン、シアノ、アミノ、アルコキシもしくはアルキルであり;R4は、−CH=O、−CH=N−OHおよび−CH2NHOHでもあり;R7およびR8は特には、水素、アルキル、アルケニル、シクロアルキル、シクロアルケニル、ヘテロシクロアルキル、アリールおよびヘテロアリールであるか、またはR7およびR8が窒素原子とともに置換されていても良い複素環を形成している。]に関するものであり、前記製造物は薬剤として使用されるあらゆる種類の異性体および塩の形態で具体化される。
(もっと読む)


アッセイされるべき試料をヘパリナーゼの作用により脱重合化した後、必要な場合、得られた前記脱重合化物を還元した後、分析を高速液体クロマトグラフィーにより実施することを特徴とする、ヘパリン又は低分子量ヘパリンを分析するための方法。
(もっと読む)


本発明は、グリコセリン含量を減少させたヘパリン製品の調製方法を提供する。ヘパリン調製物中のグリコセリンの検出方法もまた提供する。
(もっと読む)


本発明は、オリゴ糖、該オリゴ糖の調製方法及び使用、並びに該オリゴ糖を含有する薬学的組成物に関する。とりわけ、本発明は、特に、転移形成を予防及び阻害するための、癌治療で使用できるオリゴ糖に関する。本発明のオリゴ糖は、例えば、初期の乳癌、肺癌、前立腺癌、結腸癌又は膵臓癌で使用できる。前記オリゴ糖は、皮下、経口又は静脈内の各投与が可能である。更に、前記オリゴ糖は、単独で、又は、例えば、ドセタキセル若しくはパクリタキセルなどの細胞障害剤などの他の抗癌剤とともに使用できる。 (もっと読む)


本発明は一般式(I)


の化合物、その生理学的に許容される塩、それらの化合物の調製法および医薬としての使用に関するものであり、式中、置換基A、B、D、E、RおよびRは本文中で詳細に説明する。本発明の化合物はキナーゼ阻害剤であり、特にキナーゼCDK2(サイクリン依存性キナーゼ2)の阻害剤である。
(もっと読む)


本発明は、第四アンモニウム塩を動的にコートした固定相を使用する高速液体クロマトグラフィーによってヘパリン、低分子量ヘパリン、超低分子量ヘパリン及びオリゴ糖を分析する方法を提供する。本発明の方法はサンプルを前処理なしに分析するため、または、部分解重合もしくは完全解重合させ場合によっては還元させたサンプルを分析するために使用し得る。糖の特異的検出が可能である。
(もっと読む)


51 - 60 / 65