シュルンベルジェ ホールディングス リミテッドにより出願された特許

1 - 10 / 51


【課題】正確なリアルタイム地層流体分析のためのシステムおよび技術を提供する。
【解決手段】流体アナライザーは、流体試料の物理的(光学的)性質を決定するように構成される第1の分析モード、例えば光アナライザーを含む。流体アナライザーは、また、流体試料の元素組成を決定するように構成される他の分析モード、例えばガスクロマトグラフを含む。データプロセッサは、分析の第1および第2のモードから得られる応答結果の流体試料の標的成分の量、例えば質量パーセントを決定するように構成される。有益には、少なくともほぼリアルタイムで結果が得られ、中間結果、例えば第1のアナライザーからの結果が組成アナライザーの調整の1つ以上に用いることができるとともに品質管理を実施することができる。 (もっと読む)


【課題】流体処理、特に、掘削坑環境内の流体サンプルの化学分析に関する技術を提供する。
【解決手段】本明細書に説明するのは、最初に表面に流体を移送する必要なくリザーバ流体のサンプルを特徴付けるのに使用可能な可変容積リザーバ(例えば、シリンジポンプ)ベースの処理及びシステムである。可変容積リザーバは、例えば、反応剤の格納、混合比の制御、使用済み薬剤の格納のうちの1つ又はそれよりも多くに使用される。処理及びシステムは、連続混合モード、流れ注入分析、及び滴定のような様々なモードで使用することができる。分光計のような流体質問器を使用して、混合物内の検体を示す混合物の物理特性の変化を検出することができる。少なくとも一部の実施形態では、検体溶液の濃度は、検出した物理特性から判断することができる。 (もっと読む)


【課題】無効負荷を駆動するためのシステム、方法及び装置の提供。
【解決手段】無効負荷を駆動するための例示的な装置は、無効負荷を有する回路内の無効構成要素と、第1のエネルギー状態に無効負荷を選択的に保持し、無効負荷が第1のエネルギー状態から第2のエネルギー状態に変化することを選択的に可能にするための、無効負荷を有する回路内の第1の切り替え要素と、第2のエネルギー状態に無効負荷を選択的に保持し、無効負荷が第2のエネルギー状態から第1のエネルギー状態に変化することを選択的に可能にするための、無効負荷を有する回路内の第2の切り替え要素と、無効負荷における電流を検知し、電流がしきい値を超えたときには、第1のエネルギー状態又は第2のエネルギー状態に無効負荷を保持するように第1の切り替え要素と第2の切り替え要素とを制御するコントローラとを含む。 (もっと読む)


【課題】光ファイバケーブル構造の表面を処理する。
【解決手段】光ファイバケーブル構造を処理するために、光ファイバケーブル構造の実質的に長さ全体を、インラインプラズマ処理システムに通す。光ファイバケーブル構造がインラインプラズマ処理システムを通って移動する際に、光ファイバケーブル構造の表面はプラズマに連続的に晒される。光ファイバケーブル構造の表面をプラズマに晒すことによって、光ファイバケーブル構造の表面のターゲット材料へ付着する能力が向上するように、光ファイバケーブル構造の表面の特性が変わる。 (もっと読む)


【課題】累層解析、特に、地下層の層境界を識別する方法及び装置を提供する。
【解決手段】地下層の層境界を識別する方法及び装置を説明する。地下層の層境界を識別する例示的な方法は、地下層のボアホール内に送信機から音響信号を発信する段階と、ダウンホールツールに結合され、かつ送信機から離間した受信機で音響信号を受信する段階とを含む。更に、例示的な方法は、ダウンホールツールがボアホール内で移動される時に受信機によって受信した音響信号に関連付けられたエネルギ値をログする段階と、地下層のインピーダンス変化に関連付けられたログされたエネルギ値の変化を識別して層境界を識別する段階とを含む。 (もっと読む)


ハイドロフォンの加速度相殺特性の測定のような、ハイドロフォンのパラメータを測定するために技術が設計される。この技術は、ハイドロフォンを操作する実際の条件を代表する条件下での、選択されたハイドロフォンの検査を含む。代表的な条件を用いることにより、ハイドロフォンの加速度相殺特性及び/又は他のパラメータがより正確に決定される。 (もっと読む)


困難な記録状況において、高品質の計測結果を得ることができる、坑井環境に音響計測のための装置が開示される。例示の装置は、本体上に配置された複数の送信機をともなった本体を有するダウンホールツールを含む。受信機は、本体上に送信機と離間して配置され、減衰器区分は、少なくとも一つの送信機と受信機との間に、本体に一体に形成されている。 (もっと読む)


【課題】地震信号検出で使用するように構成又は設計された感震センサを利用する方法及びシステムを提供すること。
【解決手段】地震信号検出で使用するためのシステムであって、ハウジングと、前記ハウジング内に装着された、磁場を発生させるための少なくとも1つの磁石と、
前記ハウジングに対して径方向に固定されるとともに前記ハウジングの軸方向に可動であるように構築及び配列された前記ハウジング内の可動コイルと、を含む少なくとも1つの電気浮上式感震センサと、前記感震センサに電気信号を供給するように構成又は設計された電気回路と、前記感震センサと通信するデジタル信号プロセッサと、前記プロセッサにより実行可能な命令セットと、を備え、前記命令セットは実行時に、前記感震センサに前記電気信号を印加することにより、前記可動コイルを重力に対して浮上させて、前記感震センサ内の前記磁場に対して中心位置にくるようにするシステム。 (もっと読む)


シンチレーション結晶とともに使用するための特定の組成のパッケージング材料を前処理する方法を開示する。このパッケージ材料は、反射材料、エラストマ、反射性フルオロカーボン重合体、(Al23、TiO2、BN、MgO、BaSO4、及びこれらの混合物で構成される群から選択された高反射率材料を含む反射性無機粉末などの)反射性無機粉末を含むポリマー又はエラストマ、又はシンチレータ結晶と化学的に適合するAg及びAlで構成される群から選択された高反射性金属ホイルを含むことができる。シンチレータ結晶は、NaI(Tl)、LaBr3:Ce、LaCl3:Ce、Laハライド、及びLa混合ハライドで構成される群から選択された結晶を含むことができる。この方法は、シンチレータパッケージング材料にパッケージ形態の状態で前処理を施すステップを含み、この処理は、シンチレータパッケージの提案される動作温度を上回る温度に加熱するステップ、及びパッケージング材料が最終形態になるまでパッケージング材料を圧力下で密閉空間内に配置するステップで構成される群から選択される。 (もっと読む)


【課題】シンチレータを封入するための保護シンチレータパッケージを提供する。
【解決手段】パッケージの少なくとも1つの構成要素が少なくとも部分的に粘弾性材料から形成される。保護パッケージは、弾性材料と粘弾性材料の双方からなり、1つの構成要素に双方が含まれていてもよく、異なる構成要素であってもよい。更に、このようなシンチレータパッケージだけでなく、検層ツールを用いる放射線検出器、および石油探査方法を提供する。 (もっと読む)


1 - 10 / 51