説明

ザ、リージェンツ、オブ、ザ、ユニバーシティ、オブ、カリフォルニアにより出願された特許

1 - 10 / 31




無機ナノ複合材料の一実施形態は、ナノ粒子相と、マトリックス相とを含む。ナノ粒子相は、反復構造に配列されたナノ粒子を含む。一実施形態において、ナノ粒子は、球形または擬球形を有しており、ヒドラジンと非混和性である。別の実施形態において、ナノ粒子は球形も擬球形も有さない。マトリックス相はナノ粒子相のナノ粒子間に存在する。本発明の無機ナノ複合材料を製造する方法の一実施形態は、基材上にナノ粒子超格子を形成することを含む。ナノ粒子超格子はナノ粒子を含有する。各ナノ粒子はそのナノ粒子の表面に付着した有機配位子を有する。有機配位子はナノ粒子超格子内において隣接するナノ粒子同士を分離する。方法はまた無機前駆体を含有する溶液を形成することも含む。ナノ粒子超格子は、無機前駆体が有機配位子と置き換わるのに十分な時間にわたって溶液中に配置される。
(もっと読む)







【課題】無機半導体‐ナノ結晶を高配合量で半導体ポリマーに分散させた薄膜の製造方法を提供する。
【解決手段】この製造方法は、界面活性剤被覆半導体‐ナノ結晶を溶媒で少くとも1回洗浄し、洗浄された半導体‐ナノ結晶および半導体ポリマーを二元溶媒混合物に共溶解させ、該混合物を沈着させることを含んでなる。別な態様では、2以上のアスペクト比を有する半導体‐ナノ結晶を半導体複合ポリマーに分散させてポリマー・ナノ結晶が5wt%以上でポリマーに埋め込まれるようにその複合材の薄膜を沈着させることからなる。 (もっと読む)


対象の耳鳴を完全にまたは部分的に抑制する耳鳴抑制音を対象に知覚させる、ヒトまたは動物の対象の耳鳴を治療するための方法および装置。この方法の幾つかの実施形態において、対象は耳鳴と同じように感知する音を選択し、次いでその音(または対象が知覚した耳鳴に対して補完的な類似音)は、耳鳴抑制音として使用される。他の実施形態において、耳鳴抑制は、相当数の対象者の耳鳴を抑制するために事前に決定された音であってもよい。
(もっと読む)


1 - 10 / 31