シンジェンタ リミテッドにより出願された特許

21 - 30 / 141


本発明は、除草剤としての使用に好適である、式(I)の化合物に関し、式中、Gは、水素、もしくは農業的に許容される金属、スルホニウム、アンモニウム、または潜在性基であり、Qは、O、NおよびSから選択される少なくとも1個のヘテロ原子を含有する、非置換もしくは置換C3−C8飽和もしくは単不飽和ヘテロシクリルであるか、あるいはQは、ヘテロアリールまたは置換ヘテロアリールであり、mは、1、2、または3であり、Hetは、任意で置換される単環式もしくは二環式芳香族複素環であり、前記化合物は、任意で、その農学的に許容される塩である。

(もっと読む)


本発明は、式(I)(式中、Rは、フルオロ、メトキシ、もしくはC1−4アルキルであり、RおよびRは、各々独立して、任意に置換されたC1−6アルキルもしくは任意に置換されたC2−6アルケニルであるか、またはRは、水素であり、Rは、任意に置換されたC5−8アルキルもしくは任意に置換されたC4−6アルケニルもしくは任意に置換されたベンジルであるか、またはRおよびRならびにそれらが共に結合される窒素原子は、一緒になって、任意に置換された5、6、7員環を形成し、該環は、O、N、およびSから選択される少なくとも1個のさらなるヘテロ原子を任意に含有する)のベンズアミド化合物を含む農薬組成物、溶媒としてのそれらのベンズアミド化合物の使用、式(I)のある種の新規化合物、およびそれらの新規化合物を調製するためのプロセスに関する。
(もっと読む)


式(I):


[式中、Rは、メチル、エチル、ビニル、エチニル、またはシクロプロピルであり、Rは、水素、C−Cアルキル、C−Cハロアルキル、C−Cシクロアルキル、C−Cアルコキシ、C−Cハロアルコキシ、ビニル、プロペニル、エチニル、プロピニル、ハロゲン、または随意に置換されたフェニルであり、Rは、メチル、エチル、ビニル、エチニル、またはメトキシであり、RおよびRは、水素であるか、または共に二重結合を形成し、Aは、非置換、またはC−Cアルキル、C−Cハロアルキル、C−Cアルコキシ、C−Cアルキルカルボニルオキシ、C2−C6アルケニル、=O、または=N−R10によって一度もしくは二度置換されたC−Cシクロアルキルであるか、あるいは、Aは、1つの(C−Cシクロアルキル)メトキシ、C−Cシクロアルキルオキシ、C−Cアルケニル−CH−オキシ、またはベンジルオキシ置換基によって、4位で、一度置換されたシクロヘキシルであるか、あるいは、Aは、デカヒドロ−1−ナフチルまたはデカヒドロ−2−ナフチルであるか、あるいは、Aは、随意に置換されたフェニルであり、かつGは、水素、または農学的に許容される金属、スルホニウム、アンモニウム、もしくは潜在性基である]で表わされる化合物は、除草剤としての使用に好適である。
(もっと読む)


置換基が請求項1に定義されるとおりである、式(I)の化合物は、除草剤としての使用に好適である。
(もっと読む)


本発明は、式中、 A1、A2、A3、A4、G、R1、R2、R3およびR4が、請求項1に記載されるか、またはその塩もしくはJV‐オキシドである、式(I)の化合物に関する。さらに、本発明は、式(I)の化合物を調製するためのプロセスおよび中間体、式(I)の化合物を含む殺虫性、殺ダニ性、殺線虫性、および殺軟体動物性の組成物、ならびに昆虫、ダニ、線虫、および軟体動物の害虫を駆除するための式(I)の化合物の使用方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、式(I)(式中、置換基は、請求項1において定義される通りである)の化合物を提供する。化合物は、除草活性4−フェニル−3,5−ピランジオン、4−フェニル−3,5−チオピランジオンおよび6−フェニルシクロヘキサン−1,3,5−トリオンの調製における好適な中間体である。
(もっと読む)




置換基が請求項1に定義される通りである、式(I)の化合物は、除草剤としての使用に好適である。
(もっと読む)


本発明は、殺菌剤の産生において有用な中間体である、3−ジフルオロメチル−1−メチル−1H−ピラゾール−4−カルボン酸の産生のプロセスにおける改善に関する。特に、本発明は、式IIIの化合物を処理するためのプロセスに関し、式中、Rは、C−Cアルキルであり、Rは、CF、CFH、またはCFHであり、a)式IIIの化合物を塩基と接触させるステップと、b)式IIIの化合物および塩基に分離するステップと、を含む。
(もっと読む)


式(I)RO[BO][AO]のバイオパフォーマンス増強アジュバントであって、ここでBOは、ブチレンオキシドであり;各AOは、独立して、プロピレンオキシドもしくはエチレンオキシドであり;nは、1〜12であり;mは、0〜20であり;Rは、必要に応じて置換されたC4−20アルキルもしくは必要に応じて置換されたC4−20アルケニルであり;Rは、水素もしくは必要に応じて置換されたC1−3アルキルである。 (もっと読む)


アベルメクチンおよび光防護剤から選択される殺虫剤(A)を含む組成物であって、該殺虫剤(A)粒子の平均直径は、0.1〜100μmであり、該組成物中の光防護剤の量は、殺虫剤(A)粒子に該薬剤を加えた全重量の20%を超えない、組成物、ならびに、農業におけるその使用。 (もっと読む)


21 - 30 / 141