説明

シンジェンタ リミテッドにより出願された特許

71 - 80 / 141


式Iの化合物 CH3CH(OH)CC=O)NR12{ここでR1及びR2はそれぞれ独立に水素;又はC1-6アルキル、C2-6アルケニル又はC3-6シクロアルキルであり、そのそれぞれはフェニル、ヒドロキシ、C1-5アルコキシ、モルフォリニル及びNR34から独立に選択される3までの置換基により任意に置換され、ここでR3及びR4はそれぞれ独立にC1-3アルキル;又はC1-3アルキルから独立に選択される3までの置換基により任意に置換されるフェニルである;又はR1及びR2はそれらが結合される窒素原子と共にモルフォリニル、ピロリジニル、ピペリジニル又はアゼパニル環を形成し、そのそれぞれはC1-3アルキルから独立に選択される3までの置換基により任意に置換される}及びトリネクセパクエチル、マンジプロパミド、アバメクチン及びエマメクチンから成る群から選択される少なくとも1の農薬を含む組成物、ここで上記溶媒がN‐(B‐ヒドロキシエチル)‐ラクトアミドであるとき上記農薬はアバメクチン又はエマメクチンではない。上記組成物はエマルジョン濃縮物でありうる又はエマルジョン濃縮物で構成されうる。 (もっと読む)


置換基が請求項1に規定されるとおりである式(I)の化合物は除草剤としての使用に適切である。

(もっと読む)


本発明は、HPPD阻害除草剤と植物成長調節剤との混合物を用いて雑草を調節する方法に関する。本発明はまた、HPPD阻害除草剤と植物成長調節剤との混合物それ自体、及びそれを含む組成物に関する。 (もっと読む)


置換基が請求項1に記載の、除草剤としての使用に適する式(I)の化合物。
(もっと読む)


トリネキサパックエチル及び少なくとも1つのHPPD阻害性除草剤を含む除草用組成物を用いた、雑草、特にイヌエビ、巨大フォックステイル、大型メヒシバ、オオクサキビ、オヒシバ及び/又はナルコビエの成長を防除するための方法に関する。また、特に芝草へのこの組成物の使用に関する。 (もっと読む)


除草剤としての使用に適切な二環式ジオン化合物及びその誘導体。式(I)。

(もっと読む)


置換基が請求項1に記載の意味を有する式(I)の化合物は、殺有害生物剤として有用である。
(もっと読む)


本発明は、物理的に安定な油分散体に関する。また、低極性有機系とともに使用することを目的とするベントンを活性化する方法に関する。また、前記活性化されたベントンを含む物理的に安定な油分散体に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物を生成するための新規な方法に関する。Hal及びHal’は独立してCl及びFから選択され、R1はCl、F、及びHから選択される。
(もっと読む)


本発明は、式I(式中、Hal及びHal’は、独立して、Cl又はFであり、そしてR1は、H、Cl又はFである)の化合物を製造するための新規な方法に関する。
(もっと読む)


71 - 80 / 141