説明

パナセア バイオテック リミテッドにより出願された特許

21 - 29 / 29


ニメスリドまたはその製薬学的に許容される塩、エステル、溶媒和物もしくは水和物を1種以上の製薬学的に許容される添加剤と共に含む低用量医薬製剤を提供する。本発明は、そのような製剤を調製する方法、およびそのような製剤を用いる治療方法も提供する。低用量組成物10はNSAID適応疾患、特に関節炎など、長期治療計画を必要とする該疾患の治療において有効であるようなバイオアベイラビリティを示すように設計される。この組成物は、長期治療を要する疾患の治療コストを低下させ、量産が容易であり、またニメスリド療法に伴い用量に関連して起こる副作用の軽減をもたらす。 (もっと読む)


少なくとも、好ましくはVernonia属植物種などの天然源に由来する活性物質を、単独でかまたは他の活性物質および場合によっては1種以上の添加剤と併せて含む体毛喪失予防および/または体毛成長促進のための新規な組成物を提供する。体毛成長促進物質を抽出し、かつそのような活性物質を含有する組成物を調製する方法も開示する。この新規な組成物は、好ましくは錠剤、カプセル剤、溶液剤もしくは懸濁剤、クリーム剤、ゲル剤、ローション剤または噴霧液剤といった経口または局所製剤の形態とされ、体毛疾病/疾患および/または他の関連疾患に対して、なかでもテストステロン誘発型アンドロゲン性脱毛症の管理において有用である。
(もっと読む)


有効成分として少なくとも1種の抗生物質、好ましくはアモキシシリン、もしくはその製薬学的に許容される塩、エステル、多形体、異性体、プロドラッグ、溶媒和物、水和物、またはその誘導体を単独でかまたは他の抗生物質と組み合わせて含み、さらにβ−ラクタム系抗生物質の放出を制御する少なくとも1種の放出調節剤、および場合によっては1種以上の他の製薬学的に許容される添加剤も含む新規な調節放出性医薬組成物が提供され、この製剤はin vitro溶出試験時またはin vivo試験時に約30分で約60%以下の抗生物質、8時間後に約70%以上の抗生物質を放出する。また、本発明の組成物は健康なヒトのグループで試験すると製剤の投与から少なくとも約0.5時間後に平均ピーク血漿中濃度(Cmax)をもたらす。本発明は、上記製剤を調製する方法、および上記製剤の使用方法も提供する。 (もっと読む)


少なくとも1種の難溶性活性剤、少なくとも1種の可溶化剤、酸可溶性ポリマーとpH依存性ポリマーとからなる放出速度制御用ポリマー系、および場合によって他の医薬的に許容可能な賦形剤を含む徐放性医薬組成物。本発明はさらに、上記組成物の製造方法および上記組成物の使用方法を記載する。徐放性組成物は、治療有効量の活性剤を長期間提供するのに有用である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ニメスリドの制御放出組成物を提供することを課題とする。この組成物は、関節炎のような慢性疾患の処置に非常に有用である一日一回の投薬形態に関連する。投薬形態は、1日に1回与えられる場合、再現可能なバイオアベイラビリティーを伴う、インビボでのニメスリドの延長放出を与える。さらに、このような投薬形態の放出は、胃腸系におけるpH変化によってもたらされない。
【解決手段】上記課題は、本発明に従う組成物を提供することによって達成された。この組成物は、ニメスリドの制御放出薬学的組成物を含み、この組成物は、活性薬物としてニメスリドを、微粉形態で、この組成物の5%〜95%w/w、1つ以上の放出持続材料を、この組成物の2%〜95%w/w、および薬学的賦形剤を、この組成物の0%〜90%w/w含む。 (もっと読む)


本発明は、抗癌性薬物、好ましくはパクリタキセルおよびドセタキセルなどのタキサン、その誘導体またはその類似体の新規で優れた組成物、そのような組成物を製造する方法および特定の粒径範囲内の粒子を分別する方法、ならびにそのような組成物で癌患者を処置する方法に係わり、前記組成物は化学療法誘発性副作用の軽減、特に化学療法誘発性脱毛の軽減を実現する。前記組成物中に遊離薬物は実質的に存在しない。 (もっと読む)


活性物質として少なくとも1種のシクロオキシゲナーゼ酵素阻害剤もしくはその製薬学的に許容される塩、エステル、プロドラッグ、溶媒和物、水和物、またはその誘導体を含み、シクロオキシゲナーゼ酵素阻害剤の放出制御のための、製薬学的に許容されるキャリアも共に含む調節放出性医薬製剤を提供する。この製剤は好ましくは、ラウリル硫酸ナトリウム2.0%含有の蒸留水を溶出媒体として用いる、本明細書に記載の溶出法(I)に従ってか、ラウリル硫酸ナトリウム2.0%含有のpH7.0リン酸緩衝液を溶出媒体として用いる、本明細書に記載の溶出法(II)に従ってか、またはラウリル硫酸ナトリウム1.0%含有の0.001N塩酸を溶出媒体として用いる、本明細書に記載の溶出法(III)に従って試験した場合に1時間で約60%以下のシクロオキシゲナーゼ酵素阻害剤を放出し、12時間後に約75%以上のシクロオキシゲナーゼ酵素阻害剤を放出する。本発明の医薬組成物はまた、健康なヒトのグループで試験すると好ましくは製剤の投与から少なくとも約1時間後に平均ピーク血漿中濃度(Cmax)をもたらす。本発明は、上記のような製剤組成物を調製する方法、ならびに上記のような製剤を用いる予防および/または治療方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、活性薬剤を徐放でき、より簡単に安いコストで製造できる放出特性改良組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、新規な放出特性改良医薬組成物で、少なくともひとつの活性薬剤またはその製薬学的に許容される塩、エステル、プロドラッグ、溶媒和物、水和物、若しくはその誘導体と、少なくとも2つの膨潤性でpH非依存性高分子を含み、該高分子の少なくとも1つが親水性である高分子系であって、該高分子系の分量が該組成物の約80%w/w未満である高分子系と、任意の他の製薬学的に許容される賦形剤とを含み、長時間にわたって活性薬剤を治療濃度で提供する医薬組成物に関する。また、本発明は、該組成物の製造方法および該組成物の使用方法について記載する。該組成物を適切な製剤形態へと製剤化することにより、長時間にわたって活性薬剤を治療効果のある濃度で提供できる。 (もっと読む)


少なくとも1種の活性物質もしくはその互変異性形態、類似体、異性体、多形体、溶媒和物、またはその塩を含む新規な徐放性医薬組成物。好ましくは抗ウイルス活性物質が供給される。前記組成物を調製する方法、および該組成物の使用方法も提供する。本発明の徐放性組成物は活性物質を長期間所望のように送達し得る。 (もっと読む)


21 - 29 / 29