説明

株式会社ゼンリンデータコムにより出願された特許

11 - 20 / 231


【課題】ユーザに対してユーザが目的とする情報を適切に提供できるようにする。
【解決手段】情報収集提供手段11は、予め設定した属性情報を有する仮想的な参加者をSNSに参加させる。次に、情報収集提供手段11は、当該仮想的な参加者を通じて、友人になるための条件として予め決められた条件(友人条件)に合致した当該SNSの他の参加者からの個人情報を収集する。情報収集提供手段11は、収集した個人情報を、仮想的な参加者の予め設定した属性情報別の個人属性情報テーブル12A、12B、12C、…に蓄積する。 (もっと読む)


【課題】撮影画像に関する情報を、ユーザが把握しやすい形で提示することのできる地図表示装置及び地図表示方法を提供する。
【解決手段】
画像に対応する位置情報と、該画像の対象物の位置情報とを含む画像情報を受信する画像取得部401と、受信した画像情報に基づき、画像に対応する位置及び該画像の対象物の位置を地図上に示す地図表示制御部407dとを備える。 (もっと読む)


【課題】利用者に対する情報提供技術において、利用者の利便性を向上する。
【解決手段】表示部に情報を表示する情報表示システムは、地表上の複数の所定領域を特定する領域特定情報を記憶する領域特定情報記憶手段と、領域特定情報により特定される各所定領域の特徴を表す領域特徴情報を各所定領域にそれぞれ関連付けて記憶する領域特徴情報記憶手段と、地表上の特定位置を表す特定位置情報を取得する特定位置取得手段と、領域特徴情報が記述された所定の図形である特徴情報図形を表示部に表示する特徴情報図形表示手段と、を備え、特徴情報図形表示手段は、各特徴情報図形に記述された領域特徴情報が関連付けられた所定領域と特定位置との位置関係が認識可能な態様で、複数の特徴情報図形を表示する。 (もっと読む)


【課題】利用者に対する情報提供技術において、利用者の利便性を向上する。
【解決手段】表示部に情報を表示する情報表示システムは、地表上の複数の所定領域を特定する領域特定情報を記憶する領域特定情報記憶手段と、領域特定情報により特定される各所定領域の特徴を表す領域特徴情報を各所定領域にそれぞれ関連付けて記憶する領域特徴情報記憶手段と、地表上の特定位置を表す特定位置情報を取得する特定位置取得手段と、領域特徴情報が記述された所定の図形である特徴情報図形を表示部に表示する特徴情報図形表示手段と、を備え、特徴情報図形表示手段は、各特徴情報図形に記述された領域特徴情報が関連付けられた所定領域と特定位置との位置関係が認識可能な態様で、複数の特徴情報図形を表示する。 (もっと読む)


【課題】経路探索時の案内情報表示における、利用者の利便性の向上。
【解決手段】地図300は、出発地SP、目的地EPを含む地図である。経路RT1は、第1の経路データにより表される第1の経路を表す。案内情報提供装置は、経路探索装置から送信された経路情報に含まれる候補注目地域322、324および325を注目地域として選択し、案内情報提供装置の画面に経路データにより表される経路とともに注目地域を案内する案内情報を表示する。候補注目地域は、経路RT1から所定の距離(例えば、5km)離れた位置までの範囲(候補注目地域特定範囲)を表す。こうすれば、利用者は、第1の経路上に存在しない注目地域へ立ち寄る等、出発地から目的地までの移動時の行動を種々選択できることになり、利用者の利便性を向上できる。 (もっと読む)


【課題】流動人口を特定できる流動人口特定システムを提供する。
【解決手段】流動人口特定システムは、携帯端末から送信される測位点と測位時刻とを対応付けて格納する手段と、測位点と測位時刻を、測位点が属するメッシュ領域に対応付けた基礎メッシュデータを生成する手段と、各メッシュ領域において測位日数、測位回数及び滞在時間のうちの少なくとも2つを行動拠点パラメータとして算出し、メッシュ領域と対応付けたメッシュデータを生成する手段と、メッシュ領域をグループ化したメッシュグループ毎に行動拠点パラメータを計算する手段と、行動拠点パラメータに基づいて行動拠点メッシュグループを特定する手段と、メッシュデータに基づいて選択メッシュ領域における選択期間の滞在者数を求める手段と、選択メッシュ領域が行動拠点メッシュグループに含まれる拠点ユーザ数を求める手段と、選択メッシュ領域について滞在者数と拠点ユーザ数とから流動ユーザ数を求める手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】アプリケーション間の連携の結果、好適に情報を取得することのできる情報処理装置及び制御方法を提供する。
【解決手段】第1のアプリケーション500と、第1のアプリケーション500から起動可能な第2のアプリケーション600とを実行可能な携帯端末であって、第1のアプリケーション500は、施設情報を取得する施設情報取得部505と、施設情報に応じた画像を表示する画像表示制御部509dと、画像に付与された画像識別子をパラメータと渡して第2のアプリケーション600を起動させる第2アプリ起動部511とを備え、第2のアプリケーション600は、第1のアプリケーション500から渡された画像識別子を元に、解像度の高い画像を取得する画像取得部601と、画像を表示する画像表示制御部607bとを備える。 (もっと読む)


【課題】実店舗において商品を購入しようとする購入者が、納得のゆく価格で希望商品を購入することができるように価格交渉を支援する価格比較支援システムを提供する。
【解決手段】価格比較支援サーバと通信端末とからなるシステムである。通信端末は、使用者の指示操作に応じて、少なくとも販売店での交渉結果の価格を含む音声情報および/または画像情報からなる価格交渉情報を取得して、商品の識別情報を取得するための情報または商品の識別情報と共に、通信ネットワークを通じて価格比較支援サーバに送出する。価格比較支援サーバは、通信端末から送られてくる価格交渉情報を価格交渉情報格納部に格納する。価格比較支援サーバは、通信端末からの商品価格の問い合わせ要求に対して、価格交渉情報格納部から、要求された商品の価格交渉情報を抽出して、通信端末に回答情報として送出し、通信端末のユーザの、店舗における価格交渉の利用に供する。 (もっと読む)


【課題】画像データに対して適切なコメント情報を付加して手軽に投稿できるようにする。
【解決手段】操作入力部142等を通じて、被写体の種類に応じて画像データに付加する情報を特定するための条件設定を受け付ける。被写体種別判別部112がアップロード対象の画像データが形成する画像の被写体の種類を判別して特定する。特定された被写体の種類について、操作入力部142等を通じて予め受け付けられた(設定された)条件設定に応じて、必要情報収集部113とコメント生成部114とが協働して、当該画像データに付すべきコメント情報を生成する。投稿処理部116は、生成されたコメント情報をアップロード対象の当該画像データに対して付加して所定のサイトにアップロードする。 (もっと読む)


【課題】複雑な処理を行ったり、ユーザの負荷を大きくしたりすることなく、どのようなeラーニングにおいても学習効果を十分に上げられるようにする。
【解決手段】学習情報提供処理部111が端末装置に学習情報を提供する。学習中においては、端末装置からの学習者の状態を示す状態情報に基づいて、集中度検出処理部112が学習者の集中度を検出し、学習者の集中度が低下したことを検知すると、叱咤激励処理部114が叱咤激励情報を形成し、端末装置に送信する。また、学習者の集中度の変化状況に応じて、学習進行制御処理部115が、学習情報の提供のペースと内容の一方あるいは両方を制御する。 (もっと読む)


11 - 20 / 231