説明

シンジェンタ パーティシペーションズ アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

101 - 110 / 352


本発明は、イミダゾリン誘導体、及び殺虫及び殺ダニ剤としてのその使用に関する。本発明はまた、当該イミダゾリン誘導体を含んでなる殺虫及び殺ダニ組成物、及び有害な虫及びダニを駆除及び防除するための当該誘導体及び/又は組成物を使用する方法に及ぶ。特に、本発明は、フェノキシ部分がニトロ基で置換されるフェノキシ−イミダゾリン誘導体に関する。有害な虫又はダニを駆除及び/又は防除する方法であって、式(I)の化合物、又はその塩もしくはN−オキシドを、前記有害生物、又は当該有害生物の生育場所、又は当該有害生物により攻撃を受け易い植物に施用することを含んでなる、方法。
(もっと読む)


本発明は、新規なイミダゾリン誘導体、並びに殺虫性、殺ダニ性、殺軟体動物性及び殺線虫性薬剤としてのその使用に関する。本発明はまた、上記イミダゾリン誘導体を含む、殺虫性、殺ダニ性、殺軟体動物性及び殺線虫性組成物、並びに昆虫、ダニ、軟体動物及び線虫害虫を防除及び抑制するための上記誘導体及び/又は組成物の使用方法に関する。式(I)の化合物;並びにその塩及びN−オキシド。
(もっと読む)


本発明は殺微生物活性、特に、殺真菌活性を有する活性成分としての式(I)(式中、R1 はハロゲン、 C1-C4アルキル又は C1-C4ハロアルキルであり、R2 は任意に置換されたアリール又はヘテロアリールであり、R3 はハロゲンであり、R4 は水素、 ハロゲン、 C1-C4アルキル、 C1-C4ハロアルキル、 C1-C4アルコキシ、 C1-C4ハロアルコキシ又はシアノであり、R5 はハロゲンであり、X はN 又はC(R)であり、そしてRは水素、ハロゲン、C1-C4アルキル、C1-C4ハロアルキル、C1-C4アルコキシ、C1-C4ハロアルコキシ又はシアノであり、ただし、X がC(R)である場合にはRは任意に置換されたアリールであることはない)の新規イミダゾール誘導体又はその農薬上使用可能な塩の形態に関する。

(もっと読む)


本発明は殺微生物活性、特に、殺真菌活性を有する活性成分としての式(I)(式中、R1 はハロゲン、C1-C4アルキル又は C1-C4ハロアルキルであり、
R2 は任意に置換されたアリール又はヘテロアリールであり、
R3 はハロゲンであり、
R4 は水素、ハロゲン、C1-C4アルキル、C1-C4ハロアルキル、ヒドロキシル、C1-C4アルコキシ、OR6、C1-C4ハロアルコキシ又はシアノであり、
R5 はハロゲンであり、
R6は水素、C3-C7シクロアルキル、C3-C10アルキルシクロアルキル、C1-C6ハロアルキル、C2-C6アルケニル、C2-C6ハロアルケニル、C3-C7シクロアルケニル、C2-C6アルキニル、C2-C6ハロアルキニル又はC2-C6アルキルオキシアルキルであり、
X はN 又はC(R)であり、そして
Rは水素、ハロゲン、C1-C4アルキル、C1-C4ハロアルキル、C1-C4アルコキシ、C1-C4ハロアルコキシ又はシアノであり、
ただし、X がC(R)である場合にはRは任意に置換されたアリールであることはない)の新規イミダゾール誘導体又はその農薬上使用可能な塩の形態に関する。

(もっと読む)


式(I)(式中、A1、A2、A3、A4、R1、R2、R3、及びR4は、請求項1に規定されるものであり;またはそれらの塩若しくはN−オキシドである)の化合物。さらに、本発明は、式(I)の化合物を調製するためのプロセス及び中間体、それらを含む殺昆虫用、殺ダニ用、殺線虫用、または殺軟体類用の組成物、並びに、昆虫、ダニ、線虫、または軟体類の害虫を駆除及び抑制するためにそれらを用いる方法に関する。
(もっと読む)


式Iの化合物


(置換基は請求項で定義されるものである)は、殺有害生物剤として有用である。
(もっと読む)


式(I)(式中、A1、A2、A3、A4、G1、G2、R1、R2、R3、R4、Q1、Y1、Y2、Y3及びY4が、請求項1で定義される通りである)の化合物、又はその塩もしくはN−オキシド。さらに、本発明は、式(I)の化合物を調製するための方法及び中間体、それらを含んでなる殺虫、殺ダニ、殺線虫又は殺軟体動物組成物、虫、ダニ、線虫又は軟体動物の有害生物を駆除及び防除するためのそれらを使用する方法に関する。
(もっと読む)


式(1)


の殺菌化合物(ただし置換基は請求項1に定義した通りである)。
(もっと読む)


式(I)の新規な芳香族化合物(式中、A1,A2,A3,A4,R1,R2,R5,G1,G2,Q1,Q2,Y1,Y2,Y3及びY4は、請求項1に規定される通りである)、又はその塩若しくはN−オキシド。さらに、本発明は、式(I)の化合物を調製するための方法、それらを含む殺虫性、殺ダニ性、殺線虫性又は殺軟体動物性組成物、並びに昆虫、ダニ、線虫又は軟体動物の害虫を防除及び制御するためにそれらを用いる方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、新規なイミダゾリン誘導体、及び殺虫、殺ダニ、殺軟体動物及び殺線虫剤としてのその使用に関する。本発明はまた、当該イミダゾリン誘導体を含んでなる殺虫、殺ダニ、殺軟体動物及び殺線虫剤組成物、及び虫、ダニ、軟体動物及び線虫有害生物を駆除及び防除するための当該誘導体及び/又は組成物の使用方法に関する。式(I)の化合物、及びその塩及びN−酸化物、ここでR1は、C1-10アルキルであり;R2は、塩素、臭素又はヨウ素であり;R3は、C2-5アルキル、C1-5ハロアルキル、C1-6ヒドロキシアルキル、C1-5アルコキシ−(C1-3)−アルキル、ジ−(C1-5アルコキシ)−(C1-3)−アルキル、C1-5アルキルチオ−(C1-3)−アルキル;C1-5アルキルスルフィニル−(C1-3)−アルキル;C2-5アルケニル、C1-5ハロアルケニル、C2-5アルキニル、C3-6シクロアルキル、C3-6シクロアルケニル、ヒドロキシ、C1-5アルコキシ、C1-5ハロアルコキシ、C1-5アルキルチオ、C1-5ハロアルキルチオ、ホルミル、シアノ、臭素、又はヨウ素であり;及びZは、水素、ヒドロキシ、ニトロ、シアノ、ローダノ、ホルミル、G−、G−S−、G−S−S−、G−A−、R78N−、R78N−S−、R78N−A−、G−O−A−、G−S−A−、(R10O)(R11O)P(X)−、(R10O)(R11S)P(X)−、(R10O)(R11)P(X)−、(R10S)(R11S)P(X)−、(R10O)(R1415N)P(X)−、(R11)(R1415N)P(X)−、(R1415N)(R1617N)P(X)−、G−N=CH−、N≡C−N=CH−であるか、又はZは、式(II)の基であり、ここで式(II)中、BはS−、S−S−、S(O)−、C(O)−、又は(CH2n−(nは1から6の整数)、及びR1、R2及びR3は上記適宜の通りである;及びGは、任意に置換されるC1-10アルキル、任意に置換されるC2-10アルケニル、任意に置換されるC2-10アルキニル、任意に置換されるC3-7シクロアルキル、任意に置換されるC3-7シクロアルケニル、任意に置換されるアリール、任意に置換されるヘテロアリール又は任意に置換されるヘテロシクリルであり;
Aは、S(O)、SO2又はC(S)である。
(もっと読む)


101 - 110 / 352