説明

シンジェンタ パーティシペーションズ アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

121 - 130 / 352


本発明は、HPPD阻害除草剤と植物成長調節剤との混合物を用いて雑草を調節する方法に関する。本発明はまた、HPPD阻害除草剤と植物成長調節剤との混合物それ自体、及びそれを含む組成物に関する。 (もっと読む)


置換基が請求項1で定義される式(I)


の化合物は、殺菌剤としての使用に好適である。
(もっと読む)


下記式(I):
[式中、G1、G2及びG3は、G1及びG3が結合される2つの炭素原子と一緒に、非芳香族の4−又は5−員の環系を形成し;ここで
G1は、硫黄、SO、SO2、酸素、直接結合、NRa又はCR5aR5bであり;
G2は、硫黄、SO、SO2、酸素、直接結合、NRb又はCR5cR5dであり;
G3は、硫黄、SO、SO2、酸素、直接結合、NRc又はCR5eR5fであり;
但し、
a)1以下の基Gが直接結合であり得、
b)2以下のG基が酸素、硫黄、SO又はSO2であり、そして
c)2つのG基が酸素、SO、SO2及び/又は硫黄である場合、それらの2つの基は炭素原子により分離され;同じであっても又は異なっていても良いZ1及びZ2の個々は、酸素又は硫黄を表し;Dはフェニル又は5-又は6-員の複素芳香族環であり、そしてR1a、R1b、R5a、R5b、R5c、R5d、R5e、R5f、Ra、Rb、Rc、R2、R3及びR20は、特定される有機基である]で表される殺虫化合物;及び農業経済的に許容できるその塩/異性体/鏡像異性体/互変異体/N−酸化物。

(もっと読む)


置換基が請求項1に記載の意味を有する式(I)の化合物は、殺有害生物剤として有用である。
(もっと読む)


【課題】栽培植物の作物において雑草を選択的に防除するのに適した除草剤の組合せを含んで成る新規相乗的除草剤組成物を提供する。
【解決手段】常用の不活性製剤助剤に加えて、光学異性体のaRS,1′S(−)−N−(1′−メチル−2′−メトキシエチル)−N−クロロアセチル−2−エチル−6−メチルアニリンおよび(1S,aRS)−2−クロロ−N−(2,4−ジメチル−3−チエニル)−N−(2−メトキシ−1−メチルエチル)アセトアミドおよび相乗的有効量のイソキサフルトールを含んで成る除草剤組成物。 (もっと読む)


本発明は、式(I)で示される化合物の生産方法に関し、その式(I)中、R1はC6−C7アルキル又は基(A1)であり、その基(A1)の式中、R2、R3及びR4は、各々互いに独立に水素又はC1−C4アルキルである。その生産方法において、式(II)で示される化合物(その式(II)中、R1は、その式(I)において定義されたとおりであり、Xは、臭素又は塩素である。)は、塩基と、触媒量の少なくとも一つのパラジウム錯体化合物との存在下で尿素と反応し、そして、そのパラジウム錯体化合物は少なくとも一つのフェロセニル−ビホスフィン配位子を含む。
(もっと読む)


本発明は、R1、R2、R3、またはR4が請求項1において定義された通りである、式(I)で表される化合物、またはその塩もしくはN−オキシド、および特に植物における真菌感染の防除および/または予防のための方法におけるそれらの使用に関する。特許請求の範囲に記載された化合物は、イソチアゾールおよびピラゾール誘導体である。
(もっと読む)


【課題】リン除草剤に対する耐性のある有用な植物の栽培における雑草の抑制方法の提供。
【解決手段】通常の不活性配合助剤に加えて、リン除草剤(グルフォシネートあるいはグリフォセート)と、相乗効果を生ずる量の、ジカンバ、ピリデート、ジメテンアミドおよびそのS−鏡像異性体、メトラクロールおよびそのS−鏡像異性体、プロパクイザフォップ、アトラジン、テルブチラジンの化合物を含んでなる群から選ばれるさらなる除草剤の少なくとも1種とを含有する除草剤組成物で抑制することができる。 (もっと読む)


式(I)(式中、置換基は請求項1において定義された通りである)の化合物は、殺微生物剤としての使用のために適切である。

(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物を生成するための新規な方法に関する。Hal及びHal’は独立してCl及びFから選択され、R1はCl、F、及びHから選択される。
(もっと読む)


121 - 130 / 352