説明

シンジェンタ パーティシペーションズ アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

331 - 340 / 352


式(I)の化合物
(式中Zは、酸素原子;または硫黄原子であり;Z2は酸素原子;または硫黄原子であり;R1はアリールまたはヘテロアリール基であり、非置換であるか、または置換され;R2 は水素;または有機置換基であり;R3は水素;または有機置換基であり;R4は水素;または有機置換基であり;またはR3とR4は、一緒に、それらが結合している窒素原子と一緒になって、環を形成し、この環は非置換であるか、または置換され;R5は水素;または非置換であるか、または置換されたアルキル基であり;或いは一緒になってR8またはR6の原子であって、その原子を介してR6がR5を担持する式Iに示す炭素原子に直接連結している原子に結合した一価の置換基と一緒になって一つの追加の結合を形成し;R6とR7は、一緒に、それらが結合する原子を式Iに示す2つの炭素原子と一緒になって、ニ環系を形成し、該環系は、炭環系またはヘテロ環系であり、該環系は、式Iでみられる様式において、4つの置換基-N(R2)-C(=Z1)-R1、-C(=Z2)-N(R3)-R4、R5及びR8によって置換され、且つ該環式は任意に更に置換され;且つR8は水素;または非置換または置換されたアルキル基であり;或いは一緒になってR5またはR7の原子であって、その原子を介してR7がR8を担持する式Iに示す炭素原子に直接連結している原子に結合した一価の置換基と一緒になって、一つの追加の結合を形成する)、及び適宜それらの互変異性体であって、それぞれの場合に遊離形態または塩形態にあり、農薬活性成分として使用でき、且つそれ自体公知の方法で調製され得る。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物(式中、Het、A1、A2、A3、A4、D、W,T、Q、Y、X1、X2、R1、R2、R3、R4、k、及びmは本明細書中で規定されている)に関連し、且つ、適用可能な場合、それらの考えられるE/Z異性体、E/Z異性体混合物及び/又は互変異性体であって、遊離形態又は塩形態のものに関連し、それらの化合物及びE/Z異性体、E/Z異性体混合物及び/又は互変異性体の調製方法及び使用に関連し、活性成分がそれらの化合物、E/Z異性体、E/Z異性体混合物及び/又は互変異性体から選択された殺虫組成物であって、遊離形態又は農薬に使用可能な塩形態のものに関連し、それらの組成物の調製方法及び使用に関連し、それらの組成物で処理した植物繁殖物質に関連し、害虫を防除する方法に関連し、中間体に関連し、そして適用可能な場合、それらの化合物、E/Z異性体、E/Z異性体混合物及び/又は互変異性体を調製するための、それらの考えられるE/Z異性体、E/Z異性体混合物及び/又は互変異性体であって、遊離形態又は塩形態のものに関連し、そしてそれらの中間体及び、適用可能な場合、それらの考えられるE/Z異性体、E/Z異性体混合物及び/又は互変異性体の調製方法及び使用に関連する。
(もっと読む)


本発明は評価試験区形成装置を提供する。本発明による圃場に所定面積を有する評価試験区を形成するための評価試験区形成装置は、各端部に接合連通穴が形成され、接合連通穴を互いに整合させた状態で環状円形状を形成するように湾曲させることができる可撓性の隔離プレートと、整合させた接合連通穴を貫通して、隔離プレートの環状円の内外を互いに連通させると共に、隔離プレートの端部同士を密着させるための連通締め付け手段とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、新規の植物に、特に新規の好ましい味を有する果実を産生し得るメロン植物体に、そしてその種子に関する。本発明はさらに、本発明のメロン植物体の果実であって、有機酸含量、低pHおよび高糖含量を有する果実に関する。本発明はさらに、本明細書中に開示された植物体および果実の作製および使用方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、腐食抑制剤としてイオン性硝酸塩添加物を含む水含有殺虫剤濃縮物、及び該濃縮物から調製される殺虫組成物に関し、そして害虫を防除するための該組成物の使用に関する。 (もっと読む)


一般式(I)の化合物(ただしYは、単結合、C=O、C=S、S(O)m(ただしmは、0、1、2のいずれかである)のいずれかであり;Tで示した環は5員または6員の複素芳香族環であり、R1、R2、R3、R8、Raは、特定の有機基であり、pは、0、1、2、3、4、5、6のいずれかであり;p+qは、0、1、2、3、4、5、6のいずれかである)、またはその塩、またはそのN酸化物、またはこれらを含む組成物を利用して、昆虫、ダニ、線虫、陸貝を制御する方法。新規な化合物群も提供される。

(もっと読む)


本出願には、式(I)の化合物(式中、Yは、単結合、C=O、C=S又はS(O)mであり、mは、0、1又は2であり、R1、R2、R3、R4、R8及びRaは、規定の有機基であり、そしてpは0、1、2、3、4、5又は6であり、qは0、1、2、3、4、5又は6であり(pが2である場合には、qは2でない)、p+qは1、2、3、4、5又は6である)、又はそれらの塩若しくはN−オキシド、あるいは、それらを含む組成物の使用と、昆虫、ダニ、線虫又は軟体動物の抑制におけるそれらの使用とが、開示されている。また、本出願には、新規な化合物が開示されている。
(もっと読む)


一般式(I)の殺虫化合物(式中XはO、またはNR11であり(ただしR11は、水素、任意に置換されたアルキル、任意に置換されたアリール、任意に置換されたヘテロアリールのいずれかである);Yは、単結合、C=O、C=S、S(O)m(ただしmは、0、1、2のいずれかである)のいずれかであり;R1、R2、R3、R4、R8、Raは、特定の有機基であり、pは、0、1、2、3、4、5、6のいずれかであり;qは、0、1、2、3、4、5、6のいずれかであり、ただしp+qは、1、2、3、4、5、6のいずれかである)、またはその塩、またはそのN酸化物と;これらを含む組成物と、その組成物を利用して昆虫、ダニ、線虫、軟体動物を制御する方法。
(もっと読む)


置換基が請求項1において定義されるとおりである式(I)の化合物およびこれらの化合物の農薬的に許容される塩/N−オキシド/異性体/エナンチオマーは除草剤として使用するのに適している。
(もっと読む)


式(I){式中、Yが、単結合、C=O、C=S、又はS(O)m(ここで、mは、0、1、又は2である。)であり;R1、R2、R3、R4、R8、A1、A2、A3、A4、B1、B2、B3、及びB4が、指定の有機基である。}によって表される殺虫剤化合物、又はその塩若しくはN酸化物;それらを含む組成物、並びに昆虫、ダニ目、線虫類、又は軟体動物の防除へのそれらの使用。
(もっと読む)


331 - 340 / 352