説明

シンジェンタ パーティシペーションズ アクチェンゲゼルシャフトにより出願された特許

61 - 70 / 352


本発明は芝生に顕著な損傷を引き起こすことなく、芝生における雑草を制御するための方法、及び同様のことのための組成物に関する。 (もっと読む)


活性成分としてスピロヘテロ環式ピロリジンジオン化合物を含む除草剤組成物。 (もっと読む)


本発明は、9−ジクロロメチレン−1,2,3,4−テトラヒドロ−1,4−メタノ−ナフタレン−5−イルアミンの調製物のための新規な方法に関し、a)ラジカル開始剤の存在下、シクロペンタジエンをCXCl3(ここでXはクロロ又はブロモである)と反応させて式IIの化合物とするステップか、aa)金属触媒の存在下、シクロペンタジエンをCXCl3(ここでXはクロロである)と反応させて式IIの化合物(ここでXはクロロである)とするステップ、b)適切な溶媒の存在下、式IIの化合物を塩基と反応させて、式IIIの化合物とするステップ、c)1,2−デヒドロ−6−ニトロベンゼンの存在下、式IIIの化合物を、式IVの化合物に変換するステップ、及びd)金属触媒の存在下、式IVの化合物を水素化するステップ、を含んでなる。

(もっと読む)


本発明は、HPPD阻害剤の除草上有効量、及びセーフナーを含んでなる組成物を使用して、芝草に対して顕著な障害を生じることなく、芝生における雑草を防除するための方法に関する。 (もっと読む)


農業における使用のために好適である組み合わせであって、(I):式(X)の化合物、並びに、(II):以下の(A)〜(G):(A)特定の殺真菌剤;(B)特定の殺昆虫剤、及び/又は殺線虫剤;(C)植物病原性細菌であるエルウィニア アミロボラ(Erwinia amylovora)によって産生される特定のタンパク質;(D)特定の生物株;(E)特定のイソフラボン;(F)植物生長調節物質;並びに(G)植物活性化剤、ここで式(I)の化合物が:


である、のいずれか1つから各々独立して選択される、1又は2以上の薬剤、を含む、前記組み合わせ。
(もっと読む)


本発明は、サトウダイコンの抽薹及び開花制御の分野、特にFT遺伝子のベータ・ブルガリス(Beta vulgaris)ホモログであるBvFT1とBvFT2の発現を改変することにより、サトウダイコンの抽薹耐性を操作するための方法、並びに核酸分子、キメラ構築物、及びベクターに関する。特に本発明は、抽薹耐性の表現型を有するサトウダイコン植物を提供する。
(もっと読む)


A1、A2、A3、A4、A5、A6、G1、L、R1、R2、R3、R4、Y1、Y2及びY3が請求項1に定義した通りの式(I)の化合物;又はそれらの塩もしくはN-オキシド。更に、本発明は、式(I)の化合物を調製するための方法及び中間体、式(I)の化合物を含む殺虫、殺ダニ、殺軟体動物及び殺線虫組成物、並びに昆虫、ダニ、軟体動物及び線虫害虫を駆逐及び防除するために式(I)の化合物を使用する方法に関する。
式1

(もっと読む)


植物への損害の防除又は予防方法であって、上記植物又はその周辺領域に(I)アバメクチン、及び(II)シフルメトフェンを含む組み合わせをどんな所望の順序でも又は同時に施用することを含む方法。 (もっと読む)


式(I)(式中、A1、A2、A3、A4、A1’、A2’、A3’、A4’、A5’、A6’、G1、R1、R2、R3、R4、R5a及びR5bは請求項1において定義された通りである)の化合物;又はその塩又はN−酸化物。さらに、本発明は、式(I)又は(I’)の化合物を調製するための方法及び中間体、式(I)又は式(I’)の化合物を含む、殺虫、殺ダニ、殺線虫及び殺軟体類性組成物、及び昆虫、ダニ、線虫及び軟体類害虫を攻撃し、そして制御するためへの式(I)又は(I’)の化合物の使用方法に関する。

(もっと読む)


本発明は、ポリマー化学薬品群の作物薬害軽減剤としての新規使用、及び有用植物の作物上のジアフェンチウロンを含んで成る殺虫組成物の植物毒性を低め、そして/又は防ぐためへのそれらの使用に関する。従って、本発明は、ジアフェンチウロン及び作物薬害軽減剤を含んで成る新規殺虫組成物、及び有用植物の作物における昆虫を制御するためへのそのような組成物の使用を包含する。さらに、本発明は、ジアフェンチウロン及び作物薬害軽減剤の組合せパッケージにも拡張する。 (もっと読む)


61 - 70 / 352