説明

アリスタ ライフサイエンス株式会社により出願された特許

1 - 2 / 2


【課題】マルハナバチ類のコロニーを効率よく室内で増殖し、農作物の花粉媒介者として利用する。
【解決手段】マルハナバチ類の女王蜂に数頭の働き蜂をヘルパーとしてつけることにより、営巣成功率が高まり、第1ブルード働き蜂の羽化も早まる。 (もっと読む)


【課題】オゾン層破壊物質としてその使用が世界的に規制されている臭化メチルに代わる木材寄生線虫用くん蒸剤および木材くん蒸方法を提供すること。
【解決手段】液化炭酸ガスに溶解しているヨウ化メチルを使用する木材寄生線虫用くん蒸剤、または前記ヨウ化メチルとフッ化スルフリル、メチルイソチオシアナート、ホスフィン、酸化エチレン、硫化カルボニルおよびプロピレンオキサイドからなる群から選ばれる1種または2種以上の化合物を併用する木材寄生線虫用くん蒸剤、およびこれらのくん蒸剤を用いて木材寄生線虫を殺虫することを特徴とする木材くん蒸方法。 (もっと読む)


1 - 2 / 2