カストロール リミテッドにより出願された特許

1 - 8 / 8


【課題】2種のアルコキシシランの1種と組合せたアルキル多糖類表面活性剤の水性組成物の使用により金属表面上に形成する腐食を減少させる手段を提供する。
【解決手段】アルキル多糖類表面活性剤;γ−アミノプロピルトリエトキシシランおよびγ−グリシドキシプロピルトリメトキシシランよりなる群から選択されるアルコキシシラン;水;必要に応じ、アルコキシシランの加水分解のみからのアルコール;並びに必要に応じ、殺生物剤、消泡剤および接着促進剤よりなる群から選択される1種もしくはそれ以上の成分よりなる水性組成物とし、シランコーチングでの金属表面の被覆方法において使用する。 (もっと読む)


本発明はハイブリッド内燃機関を作動する方法に関し、以下を含む:ハイブリッド内燃機関に可燃性燃料を供給し;エンジンオイル合成物を前記内燃機関に補給し;エンジンの大端部コンロッド軸受シェルにおけるエンジンオイル合成物の油膜厚を少なくとも0.4μmに維持し;そこで、エンジンオイル合成物の温度が123℃より低く維持され、そして、エンジンオイル合成物は150℃および剪断率10−1で2.6cP(2.6ミリパスカル秒)未満の高温高剪断粘度を有し;最大で13重量%のNoack揮発度であり;その合成物は(A)少なくとも1つの合成ベースストック(basestock)であり、100℃で少なくとも2.0cSt(2.0mm/s)の動粘性率を有する基油と、(B)少なくとも1つの分散剤、少なくとも1つの洗浄剤、および少なくとも1つのリン含有耐摩耗剤をエンジンオイル合成物中にエンジンオイル合成物の0.01〜0.2重量%リンに相当するリン含有耐摩耗剤の総濃度を提供する量で含む添加剤パッケージとを含む。 (もっと読む)


少なくとも1つの燃料噴射バルブ、潤滑システムおよびそれぞれがコンピュータに操作できるように結合された少なくとも3つのCANbusネットワークノードを有する自動車において、エンジン潤滑油、燃料およびタイヤからなるグループから選ばれる少なくとも1つの自動車用消耗品の性能を決定する方法で、その方法は少なくとも1つの燃料噴射バルブを通して燃料をエンジンに供給しエンジン潤滑油でエンジンを潤滑しながら車を運転することからなり、そこで第1CANbusネットワークノードがコンピュータに少なくとも1つの燃料噴射バルブの開放時間に基づくエンジン燃料供給速度を示す信号を送り、1つまたはそれ以上の第2CANbusネットワークノードがエンジンのパワーアウトプットを示す1つまたはそれ以上の変数を示す信号をコンピュータに送り、1つまたはそれ以上の第3CANbusネットワークノードが車の運転条件を示す1つまたはそれ以上の信号をコンピュータに送り、コンピュータが1つまたはそれ以上の第2CANbusネットワークノードによってコンピュータに送られる1つまたはそれ以上の信号、1つまたはそれ以上の第3CANbusネットワークノードによってコンピュータに送られる1つまたはそれ以上の信号および予め決められたアルゴリズムを用いて運転条件に対して補正されたエンジンのパワーアウトプットを示す変数(補正パワーアウトプット)を計算し、コンピュータが補正パワーアウトプットおよびエンジン燃料供給速度を示す信号を伝送および/または記憶することを特徴とする方法。 (もっと読む)


フィルタを通る潤滑油の圧力が予定された背圧を超えるときに開くバイパスバルブをもつ潤滑油フィルタを有する、潤滑油をエンジン内に循環させながら1つまたはそれ以上の添加剤をエンジン潤滑油に加えるための装置および方法で、そこで装置はさらに予定された背圧でバイパスバルブが開いたとき、少なくとも幾分かの潤滑油を添加剤チャンバを通して流し1つまたはそれ以上の添加剤と接触させるようにバイパスバルブに作動できるよう連結された1つまたはそれ以上の添加剤を含む添加剤チャンバからなる。 (もっと読む)


作動液の耐火性を監視する方法は、作動液を使用する際に変化する作動液の性質を測定し;この測定値を作動液の耐火性に関連させ、更に必要に応じ修復作用を行って作動液の耐火性を改善することを含む。適する性質はたとえばポリメチルメタクリレートのようなポリマーミスト防止添加剤の分子量であり、耐火性は測定分子量が許容しうる数値未満に低下した際に適する溶剤におけるポリマーの濃縮物を作動液に添加することにより改善することができる。
(もっと読む)


(i)アルキル多糖類表面活性剤;(ii)γ−アミノプロピルトリエトキシシランおよびγ−グリシドキシプロピルトリメトキシシランよりなる群から選択されるアルコキシシラン;(iii)水;(iv)必要に応じ、アルコキシシランの加水分解のみからのアルコール;並びに(v)必要に応じ、殺生物剤、消泡剤および接着促進剤よりなる群から選択される1種もしくはそれ以上の成分よりなる水性組成物、およびシランコーチングでの金属表面の被覆方法におけるその使用につき開示し、前記方法は(A)金属表面を前記組成物に接触させてアルコキシシランを金属に沈着させ、更に(B)金属表面をそこに沈着されたアルコキシシランと共に乾燥させて、金属表面上に共有シロキサン結合の疎水性相互結合ネットワークからなるコーチングを生成させることを特徴とする。被覆された金属は腐食に対し耐性である。
(もっと読む)


蓋を備える容器(2)の閉鎖装置(1)であって、該蓋は使用において容器の開口部と密封可能に係合するよう構成され、該蓋は容器の開口部から蓋が解放されることを防止するために使用において開封帯を(4)介して容器に接続されるよう構成される易壊部(3)を備え、該易壊部は開封帯(4)を引っ張ることによって蓋から取り外し可能であり、これによって使用において、容器の開口部との密封可能な係合から蓋を解放させる容器用閉鎖装置。
(もっと読む)


キャップ(1)と、ロックリング(2)とからなり、前記キャップは、使用時に容器(5)の出口側首部(4)の開口(3)と封止可能に係合するよう適合され、さらに前記ロックリングは、使用時に容器の出口側首部を覆って取付けられ且つ第1と第2の位置の間で摺動可能にされており、その結果前記ロックリングは使用時に前記第1の位置にて前記キャップと係合し、それにより前記キャップが容器の開口から離脱するのを防止し、さらに前記第2の位置にて前記ロックリングは(a)前記キャップから離脱し、それにより前記キャップが出口側首部の開口から離脱するのを可能にし、さらに前記ロックリングは(b)前記容器の出口側首部の前記第2の位置にて係止される容器の密封装置。
(もっと読む)


1 - 8 / 8