説明

イーライド,インク.により出願された特許

1 - 10 / 10







【課題】ナビゲーション・システム衛星用のエフェメリスを含んだ航法メッセージを復調することが可能な完全自律型の衛星航法受信機を提供する。
【解決手段】特定の衛星ビークルに作用する加速度の力モデルを含み、受信機専用である。各SV(衛星ビークル)のエフェメリスについての単一の観測は、その対応する力モデルに各SVの軌道位置を積分することによって、今後の何日かを入力され伝搬される。それぞれのSVからの航法メッセージを直ちに得て復調することができない場合、完全自律型の衛星航法受信機は、その後、代替物として使用することができる拡張エフェメリス予測が利用可能となる。 (もっと読む)



【課題】 GPS受信機用リアルタイムクロック
【解決手段】 ナビゲーション衛星受信機は、GPSシステムの高精度の時間ベースに対してスレーブとなることができるリアルタイムクロックを備える。そういう時に、補正量及び動作温度が観測される。後でリアルタイムクロックがGPSの時間ベースのスレーブになれなくなると、周波数エラーに最も影響するのは動作温度であると想定している。受信機のパワーダウン時でも、リアルタイムクロックは通電状態に保たれる。自走周波数は温度補正される。次回受信機をパワーアップすると、他の受信機の初期化処理に使用できるように一日の誤差が1ミリ秒以下の精度の時刻を即時に得ることができる。 (もっと読む)



【課題】ZカウントのスキップおよびGPS受信機の正確な時刻。
【解決手段】航法衛星受信機は高感度の電波周波数フロントエンドおよびクライアントCPUと関連付けられた航法プロセッサを含んで構成される。クライアントCPUは、航法プロセッサとシリアル通信するオペレーティングシステムを走行させる。クライアントCPUはネットワークサーバから航法データシステム送信を取得して、高感度環境で直接衛星信号が弱すぎて直接に復調できないときそれを供給することができる。ウォッチタイプの水晶を有する低電力低周波数の発振器およびカウンタをリアルタイムクロックとして使用して、受信機が休眠状態にあるときには時間の不確定性を50ミリ秒未満に抑える。受信機が再び目覚めたときに時間の不確定性および位置の不確定性が一定の最大値に満たなければ、必要なのは最低数の衛星だけで、各衛星ごとの仮のzカウントを計算しなくていい。 (もっと読む)


1 - 10 / 10