説明

イーライド,インク.により出願された特許

1 - 10 / 10


【課題】車両における全地球測位システム受信機および推測航法の密結合の組合せを無線ネットワーク・サーバによって行い、実用的なロードマップ補正フィードバックを実現する。
【解決手段】ロードマップ・フィードバックは、車両レンジおよび方向を演算するために、車両のCANbusネットワーク上の車輪速度トランスデューサのデータを収集する密結合GPSおよび推測航法システムにおいて使用される。ネットワーク・サーバによって提供される道路セグメント情報は、補正可能なフィードバックを導出することができるように、現在の航法解にテンプレートされた制約をデータベースに提供する。推測航法は、GPS信号伝送がトンネル、駐車場および他の一般的な状況で失われるときに生じる航法解のギャップを埋める。ロードマップの適合は、長い推測航法単独の動作の期間に蓄積されるドリフトを制御する。 (もっと読む)


【課題】車両における全地球測位システム(GPS)および推測航法(DR)の密結合の組合せのためのロード・マップ補正フィードバックを提供する。
【解決手段】ロード・マップ補正フィードバック補正付密結合GPSおよび推定車両航法は、車両ネットワーク上の車輪速度トランスデューサのデータを収集し、車両レンジおよび針路を演算する。現在の航法解に合うような道路セグメントのデータベースは、DVDディスク内のロードマップで提供される。推測航法は、GPS信号伝送がトンネル、駐車場および他の一般的な状況で失われるときに生じる航法解におけるギャップを埋める。ロードマップフィッティング制御は、推測航法のみが長時間作動した際に蓄積されるドリフトを制御する。 (もっと読む)


【課題】特定の地表位置から視認可能な静止衛星型衛星航法増補システム(SBAS)の情報を提供される航法受信機が、それらから視認可能なSBAS衛星の擬似乱数(PRN)信号をインテリジェントに探索、捕捉、および追跡することができるようにする。
【解決手段】人工衛星航法システム支援サーバは、クライアント位置の表示を含むクライアントの要求に応答するように構成されている。人工衛星航法システム支援サーバは、正確な位置がサーバ要求に含まれる場合には、どの特定のSBASシステムが要求中のクライアントから観測可能であるかを演算する。この場合には、その応答を、人工衛星航法システム支援サーバは、よりコンパクトな応答メッセージに対する関連情報に制限する。 (もっと読む)


【課題】長期コンパクト衛星モデルの構築方法の提供。
【解決手段】ネットワーク利用可能な拡張エフェメリス航法システムは、軌道上のGPS衛星からエフェメリス、クロック、およびアルマナック情報を収集することができ、その情報を少なくとも1週間有効で有用な拡張エフェメリス予測を構築するために使用するネットワーク・サーバを備えている。モバイル・クライアントは、そこから可視可能な軌道上のGPS衛星を探索および追跡するための拡張エフェメリス予測を要求し使用することができる。その改良は、衛星位置およびクロックのコンパクト・モデル構築およびデータベース・ユニットによって特徴づけられ、それは、モバイル・クライアントからの拡張エフェメリス予測の要求に応じて最初に送られるコンパクトな短期衛星モデルを構築し、また、少なくとも連続する7日間のうちの1日の固有部分をそれぞれ表わす幾つかの連続する長期衛星モデルを構築する。 (もっと読む)


【課題】密結合GPSおよび推測航法システムは、車両ネットワーク上の車輪速度トランスデューサのデータを収集し、車両範囲および方向を演算する。
【解決手段】推測航法は、GPS信号伝送がトンネル、駐車場および他の一般的な状況で失われるときに生じる航法解におけるギャップを埋める。車輪半径の連続的なキャリブレーションおよび速度効果に対する補正は、GPS fixから演算され、それは、GPS信号受信の長い休止期間中の推測航法性能および精度を改善する。GPS信号が回復されるとき、本推測航法解は、周囲を探索するGPS受信器のための高品位な開始点を提供する。 (もっと読む)


【課題】ナビゲーション・システム衛星用のエフェメリスを含んだ航法メッセージを復調することが可能な完全自律型の衛星航法受信機を提供する。
【解決手段】特定の衛星ビークルに作用する加速度の力モデルを含み、受信機専用である。各SV(衛星ビークル)のエフェメリスについての単一の観測は、その対応する力モデルに各SVの軌道位置を積分することによって、今後の何日かを入力され伝搬される。それぞれのSVからの航法メッセージを直ちに得て復調することができない場合、完全自律型の衛星航法受信機は、その後、代替物として使用することができる拡張エフェメリス予測が利用可能となる。 (もっと読む)


【課題】 ノンプリアンブルフレーム同期
【解決手段】 ナビゲーション衛星受信機は、ネットワークでアクセス可能な基準局を利用してパターンマッチング用のナビゲーションデータサブフレームをネットワーククライアントで保持する。もしくは、バイトあたりの通信コストが高価な場合にはサーバがパターンマッチングを実行する。保持されたナビゲーションデータには30秒置きに軌道暦情報が、そして12.5分置きに完全な衛星暦情報が繰り返されている。これにより、クライアントは受信したデータがナビゲーションデータシーケンスの中のどこにあるか即時に認識することができるので、TLMワードのプリアンブルを待たなくていい。従って、初期定点化時間を高速にする際、貴重な数秒の節約になる。 (もっと読む)


【課題】 GPS受信機用リアルタイムクロック
【解決手段】 ナビゲーション衛星受信機は、GPSシステムの高精度の時間ベースに対してスレーブとなることができるリアルタイムクロックを備える。そういう時に、補正量及び動作温度が観測される。後でリアルタイムクロックがGPSの時間ベースのスレーブになれなくなると、周波数エラーに最も影響するのは動作温度であると想定している。受信機のパワーダウン時でも、リアルタイムクロックは通電状態に保たれる。自走周波数は温度補正される。次回受信機をパワーアップすると、他の受信機の初期化処理に使用できるように一日の誤差が1ミリ秒以下の精度の時刻を即時に得ることができる。 (もっと読む)


【課題】電源遮断時の混成GPS受信機/携帯電話に対する正確な時刻の保持。
【解決手段】混成航法衛星受信機/携帯電話は水晶振動子を2個だけ使用する。約27MHzでマスタクロックを動作し、数ミリワットの電力を消費するものが一つである。もう一方の振動子は数マイクロワットしか消費せず、約32KHzでバッテリー電力により連続動作する。電源「遮断」の間、第2の振動子である低周波振動子のみが稼動し続ける。電源「再起動」時に、リアルタイムクロック・カウンタに問い合わせてGPSシステム時刻の推定値が再生されかつGPS−DSPに供給されるようにしてその初期化を早める。マスタクロックはGPS較正され、携帯電話部及びホストCPU用のNCOを駆動するために正確なクロックが使用される。 (もっと読む)


【課題】ZカウントのスキップおよびGPS受信機の正確な時刻。
【解決手段】航法衛星受信機は高感度の電波周波数フロントエンドおよびクライアントCPUと関連付けられた航法プロセッサを含んで構成される。クライアントCPUは、航法プロセッサとシリアル通信するオペレーティングシステムを走行させる。クライアントCPUはネットワークサーバから航法データシステム送信を取得して、高感度環境で直接衛星信号が弱すぎて直接に復調できないときそれを供給することができる。ウォッチタイプの水晶を有する低電力低周波数の発振器およびカウンタをリアルタイムクロックとして使用して、受信機が休眠状態にあるときには時間の不確定性を50ミリ秒未満に抑える。受信機が再び目覚めたときに時間の不確定性および位置の不確定性が一定の最大値に満たなければ、必要なのは最低数の衛星だけで、各衛星ごとの仮のzカウントを計算しなくていい。 (もっと読む)


1 - 10 / 10