説明

株式会社トヨタIT開発センターにより出願された特許

141 - 150 / 232


【課題】アドホックコグニティブ無線通信において、通信に用いるチャネルを適切に決定する。
【解決手段】送信ノードは接続確立時に自ノードが利用可能な全てのチャネルを利用して接続要求を送信し、受信ノードは自ノードが利用可能な全てのチャネルを利用して接続要求に対する応答を送信する。送信ノードは、接続要求に対する応答が得られたチャネルを使って、データの通信を行う。また、通信中に各チャネルが過去においてどれだけ利用可能であったかを示す安定度指数をチャネル毎に算出する。そして、データ送信時には、安定度指数が高いチャネルから優先的に利用する。 (もっと読む)


【課題】各家屋のホームセキュリティシステムが単独で動作する場合よりも、高いセキュリティを実現できる技術を提供する。
【解決手段】ホームセキュリティシステムと車両とセキュリティ管理システムとから構成される監視システムであり、セキュリティ管理システムは家屋に異常が発生した場合に、その家屋周辺を走行中の車両に対して画像の撮影及び送信を指示する。また、異常発生家屋で撮影された画像から不審者が特定できる場合には、周辺の車両や家屋から送信される画像から不審者の検出を行い、検出された場合には検出位置を中心としてその周辺の車両及び家屋に対して画像の撮影を指示することで、不審者の追跡を行うことも好適である。 (もっと読む)


【課題】路車間通信や車車間通信を行う車両が、無線局からの電波が受信できない場合に、受信できない理由を、その車両に乗車している人物に通知するための技術を提供する。
【解決手段】通信装置1は自車両2に備えられている。通信装置1は、通信部10、判断部11、及び、通知部12を備えており、通信部10は路側機3や他端末との間で無線通信を行う。通信部10が路側機3から発信されている電波を受信できない場合には、周囲の車両5に備えられている、無線通信装置6の受信状況を受信する。そして、判断部11が、その受信状況に基づいて、路側機3から発信されている電波がなぜ受信できないのかを判断し、通知部12が自車両2に乗車している人物4に通知する。 (もっと読む)


【課題】交通流シミュレーションにおいて、必要な精度を確保しつつ、処理効率を向上させる。
【解決手段】道路上を移動する移動体の各時刻における位置を管理し、所定タイムステップ後の各移動体の位置を算出する処理を繰り返すことによって、移動体の動きをシミュレーションする交通流シミュレーション方法であって、シミュレーション対象となる領域が複数の領域に分割されており、領域ごとに前記タイムステップの値が異ならせる。ここで、タイムステップ後に移動体がタイムステップの異なる領域に進入する場合には、進入した領域のタイムステップに合致する時刻およびその時の位置を算出して、シミュレーションを続けることが好適である。 (もっと読む)


【課題】自然渋滞であるのか突発的な渋滞であるのかを判断でき、リンクの途中で渋滞が発生した場合でも渋滞発生箇所を詳細に示すことができ、渋滞原因の推定及びその後の交通状態の予測を行うことができる交通情報提供システム1等を提供する。
【解決手段】渋滞度算出部33は、受信した収集情報に基づく区間における所定の渋滞度を算出し、当該区間と当該収集情報に基づく時間情報と算出した所定の渋滞度とを関連付けた現在の渋滞記録を渋滞度記録DB43に記録する。従前渋滞記録検索部34は現在の渋滞記録の区間と同一区間について渋滞記録DB43に記録された従前の渋滞記録を検索する。判断部35は現在の渋滞記録における所定の渋滞度と従前渋滞記録検索部34により検索された従前の渋滞記録における所定の渋滞度との比較に基づき、現在の渋滞記録の位置情報により示される位置における非自然渋滞(突発的渋滞)の発生の有無を判断する。 (もっと読む)


【課題】利用者に負担をかけることなく、利用者個人を識別して、その個人に適したサービス提供を行う。
【解決手段】車両の利用者を識別して、識別された利用者に応じて車載機器の制御を行う車載機器制御システムであって、所持者を特定する認証コードが格納され該認証コード送信する送信手段を備える認証カードキーと、車両内の座席に設置され、前記認証カードキーから送信される認証コードを受信する受信手段と、所持者の嗜好情報を記憶する登録者情報記憶手段と、前記受信手段によって受信した認証コードに基づいて利用者の識別を行い、利用者の嗜好に基づいて車載機器の制御を行う車載機器制御手段と、を有する。ここで、認証カードキーと前記受信手段とは、人体通信によって通信を行い、前記携帯デバイスを所持した利用者が前記座席に着席した状態で通信可能であることが好適である。 (もっと読む)


【課題】無線通信機能を有さない車両にも情報を伝達することのできる技術を提供する。
【解決手段】通信システムは、通信部10、検知部11、報知部12、及び、制御部13によって構成される。通信部10は、無線通信を行う機能であり、無線通信機能を有する車両から送信された情報を受信したり、外部に情報を送信したりする。検知部11は、所定の領域内において、無線通信機能を有さない車両を検出する機能である。報知部12は、音声や光を発する機能である。報知部12から音や光を発することで、無線通信機能を有さない車両に乗車する人物に合図を送る。制御部13は、報知部12を制御する機能である。具体的には、制御部13は、検知部11によって無線通信機能を有さない車両が検知されている場合において、車両に通知されるべき情報を通信部10で送信したり、車両に通知されるべき情報を通信部10で受信したりしたときに、無線通信機能を有さない車両に乗車する人物に合図を送るように報知部12を制御する。 (もっと読む)


【課題】プロセスマイグレーションが可能な分散処理システムにおいて、外部装置を利用するタスク(プロセス)を移送する際に、該タスクの動作を保証することのできる技術を提供する。
【解決手段】あるノード上で実行中のタスクを他のノードへ移送可能な分散処理システムにおいて、移送元のノードは、ネットワークを介して接続された外部装置を透過的に利用可能とするための仮想デバイスドライバを有しており、タスクを移送する際に、この仮想デバイスドライバも移送先のノードへ移送する。 (もっと読む)


【課題】1つのチューナーで複数のチャンネルの信号を同時に復調する技術を提供する。
【解決手段】無線信号受信機は広帯域RFフロントエンド部101とデジタルベースバンド部102を備える。広帯域RFフロントエンド部101は増幅器201、周波数変換器202、ADコンバータ203を備え、デジタルベースバンド部102は、周波数選択部204と復調部205を備える。広帯域RFフロントエンド部101は、複数の周波数帯域の信号を含むアナログ信号を受信し、当該アナログ信号をデジタル信号に変換して出力する。デジタルベースバンド部において、周波数選択部204は、ADコンバータ203から出力されたデジタル信号から所定の周波数帯域を選択し、復調部205は、当該選択された周波数帯域の信号を復調する。所定の周波数帯域は、予め定められた複数の周波数帯域のうちのいずれか1つであり、周波数選択部204は、時分割で多重動作することにより、選択する周波数帯域を切り替える。 (もっと読む)


【課題】移動体の位置情報の正当性を保証するためシステムを提供する。
【解決手段】位置認証システムは、複数の路側機11と位置情報管理センタ12を備えており、路側機11は、識別情報発信部15の機能により、当該路側機を識別するための識別情報を発信する。車両13は、近接する路側機11から受信した識別情報を自身の位置情報とともに移動体情報として位置情報管理センタ12に送信する。位置情報管理センタ13は、移動体情報受信部17の機能により車両13から移動体情報を受信する。また、位置情報管理センタ13は、記憶部16に複数の路側機の設置位置の情報を記憶している。そして、位置情報管理センタ13は、設置位置特定部18の機能により、上記近接する路側機11の設置位置を特定する。当該路側機の設置位置を特定したら、位置情報管理センタ12は、位置情報判定部19の機能により、位置情報が正当か否かを判定する。 (もっと読む)


141 - 150 / 232