説明

株式会社トヨタIT開発センターにより出願された特許

1 - 10 / 232





【課題】探索のために最適化されていないデータソースに対して、全体の傾向を適切に取得することができるサンプリング装置を提供することを目的とする。
【解決手段】記憶装置に記録された複数のレコードの中から、ランダムにレコードをサンプリングするサンプリング装置であって、記録位置に対応する乱数を生成する乱数生成手段と、前記複数のレコードから、前記生成した乱数に対応する記録位置にデータを有するレコードを選択するレコード選択手段と、前記選択されたレコードのレコード長を取得するレコード長取得手段と、前記取得されたレコード長に基づいて算出した確率で、前記選択されたレコードをサンプルとして採用するサンプル決定手段と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)







【課題】車両の運転者に、車両周囲の障害物の存在を直感的に伝えることができる対象物接近通知システムを提供する。
【解決手段】自車両の周囲に存在する対象物を検出し、自車両に対する方向を決定する対象物検出手段と、運転者に対して前記決定された方向から到来する音を弱める弱音手段と、を有することを特徴とする。また、前記対象物検出手段が検出した対象物のうち、運転者に通知すべき対象物を決定する通知決定手段をさらに備えていることが好ましい。また、前記弱音手段は、運転者の頭部に対して左右後方に配置された二つ以上の弱音装置によって音を弱めるようにしても良く、前記弱音手段は、特定の方向より運転者の耳に到来する音を遮る位置に遮蔽体が移動することで音を弱めるようにしても良い。 (もっと読む)


1 - 10 / 232